女子はやっぱり見た目も大事 なるべくかわいく写真に映る方法♡

イベントの集合写真で愕然とした経験はありませんか?私、こんなに顔ぽっちゃりだっけ?あれ?こんなに老けてたっけ?この時に限って目を瞑ってる!!等、折角の記念の集合写真がカワイく無ければテンション下がっちゃいますよね・・・そんな事にならない為にも、いざという時写真にカワイく映る方法をマスターしておきましょう。ちょっとした心がけでアッと驚く違いに♡是非マスターして下さい。

王道の小顔ポーズ「両手はさみ」



笑ってほっぺが膨らんでも両手ではさんでしまえば顔の形のコンプレックスも消えて

更に小顔効果も期待できるので、女性に人気のあるポーズです。


有効年齢は30代前半まで。

それ以降の年齢ではカワイイけれど、残念な人になってしまいます。


両手を添えた二の腕にも注意!

正面からの写真ではない場合、このポーズが仇となってしまう事も。

割と取り入れやすい技です。


髪型はなるべくダウンスタイル



今日は写真を撮るぞ!!という日には、フェイスラインに下ろした髪が自然に掛かるようにスタイリング。

このひと手間が後から功を奏するのです。


小顔効果もあって下ろした髪の分量を調整するだけで、顔色を明るくしたり肌面積を調節する事ができます。

是非ハレの日では無い場合はなるべくダウンスタイルがおススメです。


自分のチャームポイントや映りが良い角度を覚えておいて♡



キレイな目がチャームポイントの人、笑ったときの歯並びが自慢の人、皆さんそれぞれ自信のあるパーツや角度があるはずです。

普段から写真をセルフ撮りして、カワイく映る向きやポーズを研究してみて下さい。


目をキレイに映すにはカメラのレンズを見過ぎない、レンズの少し上を見て目の奥に力を入れて目をやや見開きます。

顎をやや引いて、髪の毛が自然に掛かったり頬に影ができる角度を作って小顔効果を狙います。


この時、顎を上にしてしまうと威圧的に見えてしまう他、顔が大きく見えてしまいます。

二重顎に見えない程度に顎を引き、歯に自信のある方は美しい歯並びを見せて、頬にかかる髪をシェーディング効果の素材にして自然に見えるポーズを日頃から練習しておきましょう。


カワイく映る為には小道具を利用!



自分の顔より大きいものを手に持って写真を撮影すると対象物より顔が小さいので、自然と小顔効果が出ます。

モデルや女性タレントが大きなぬいぐるみと一緒に映ったり、華奢に見せる為に大きな椅子に座ったりするのはその為です。


その効果を利用して、なるべく自分より大きな体格の人の隣に立ったり、自分の顔より大きなものが隣に来るようにセッティングすれば写真写りは断然良くなります♡

大き目の風船などは簡単に用意できるアイテムなのでおススメですよ♪



いかがでしたか?

すぐに使える、写真映りを良くするコツをお伝えしました。

ちょっとしたコツで見違えるような写真映りに♪

これで写真ももう怖くない♡

関連記事

Writer : LEON さん
海とワインを愛する主婦 趣味はドライブ 悩みはシミそばかすなどの肌トラブルやアレルギー

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

--