器が狭い!彼女が仕事で成功したことを彼が素直に喜べない理由って?

彼よりも年収が低かったとき、彼はいつも笑顔だった。 当時は「俺が守ってあげるから」が口癖。 しかし、彼女が出世を果たすと、気難しい表情に。 同じ歩幅を歩いていたはずなのに、彼女だけが先に行ってしまった現実を受け入れられずにいるのでしょう。 今回は、彼女が仕事で成功したことを彼が素直に喜べない理由をご紹介します。

自分が上に立てないと悔しい


ZephyrMedia/Shutterstock.com

彼よりも出世をすると、避けられてしまう…。

それはきっと、自分が上に立てなくなってしまったから。


年収に限らず、生活レベルまで二人の間に差ができると、いろいろな場面で話がかみ合わなくなってきてしまいます。自分としては彼に配慮しているつもりでも、彼としては細々とした場面で傷ついているのでしょう。

彼のプライドをある程度保つためには、極力年収が高い素振りをしないことです。


バリキャリ女子の場合、つい「たまには私が払うよ」と言ってしまいたくなりますが、それは彼のプライドを傷つけている状態。

そこは一度、彼にまとめて支払わせておいて、後からそっと自分の分だけを渡せば、二人の関係にそこまで影響が出ないはず。


自分に自信がない


Peter Bernik/Shutterstock.com

たとえば、こんな二人がいたとしましょう。

彼は平均年収300万円、彼女は500万円。

彼は転職を希望しているけれど思うように動けず、一方彼女は着実にステップアップしている状態。

いくら今まで長い月日を過ごしてきても、彼の方に自信がなければ、きっとそのうち彼女の速いスピードが疲れてしまいます。

常に仕事モードではなく、彼との時間はちょっとだけスイッチをオフ気味にして、彼との一時を楽しみましょう♡


彼が側にいると、どうしてもキャリア志向の強い女性にとっては「足かせ」のように感じてしまいますが、彼が自信を持てずにいるなら、小さなことでもたくさん褒めて、そしてにっこりと笑いながら「ありがとう」と伝えてあげて♡


彼女が遠い存在になってしまった


Africa Studio/Shutterstock.com

彼と一緒にいても、彼は楽しそうではない…。

おそらく本当は、彼女の成功を誰よりも喜んであげたいと思っているはずです。


しかし、世間からも一目置かれたり、社会的地位を確立したりと、あっという間に出世の階段を上られてしまうと、自分だけが置いてけぼりに思えてくるのでしょう。

とはいえ、キャリア志向の考えを今さら変えることはできません。

いくら彼のためとはいえ、曲げられない…。


彼女が遠い存在に思えてくると、男性側は今の自分のレベルに合った人を探そうとします。

それは、もっと楽に付き合えて、自分が上に立てる人です。


しかし、こちらとしてはそんなことを望んでいないはずですから、とにかく彼の前では女性として彼に尽くしてあげて!

そっと寄り添い、半歩後ろを歩くだけでも彼の様子が変わるでしょう。


本当はバリキャリではなく専業主婦になってほしいと思っている


Yuganov Konstantin/Shutterstock.com

もしかしたら、彼はキャリア志向の強い女性を望んでいなかった可能性もあります。

もっと花嫁さんらしい人。

つまり、仕事よりも家庭を優先してくれる人と結婚したいと思い始めているからこそ、彼女が仕事で成功すればするほど面白くないのかもしれません。

とはいえ!今まで積み上げてきたものを壊すわけにはいきません。


では、どうすればいいか?

一つの対策として挙げられるのは、限られた時間の中でも家事をする時間、彼に尽くす時間をつくることです。


本当は何もかもお任せした状態で仕事をしたいと思っているのかもしれませんが、あくまでもあなたにとって彼が必要な場合、彼が理想とする家庭像に少しだけでも近づけるように微調整してみてください。



仕事で成功したのに、彼が複雑な顔をする…。

こんなときほどつらいと思うことはありません。

でも冷静になってみると、彼も自分の器の小ささにガッカリしているはず。

お互いにまだまだ未熟な段階。

今のうちに歩幅を合わせて、数年後も数十年後もお互いが側にいられたらベスト♡

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly