自然派コスメ、アグリコスメって知ってる?地域にもお肌にも優しいコスメってどんなもの?

近年、化粧品やシャンプー、石鹸もボタニカルなものにこだわる人が増えています。「ボタニカル」とは「植物の」という意味の英語で、日本でコスメやシャンプーなどに使われる際は「植物性由来」であることを指しています。私たちが飲んだり食べたりする野菜やハーブからとられる植物性由来のエキスで作られていれば、肌に優しいのは当然のこと。今鹿児島から見た目にもおしゃれで肌に優しいボタニカルなコスメが発信されているのはご存知ですか?流行に敏感な人ならぜひ知っておきたい、プレゼントにも喜ばれるボタニカルコスメをご紹介します。

アグリコスメ「ボタニカノン」が肌に良いのはなんで?


www.instagram.com

アグリコスメとは「agri(農業)」と「コスメ」をかけあわせた造語です。鹿児島にあるボタニカルファクトリーは、地域農家のみなさんと、その地域の特産物を生かしたコスメづくりをしています。


工場はなんと廃校になった小学校!そこで地域でイキイキと育つ無農薬のハーブなどを使ってコスメが作っておられます。まさに地域密着型の会社ですね。


この会社で作られるのは「ボタニカノン」というコスメシリーズです。このシリーズは化粧水やオイル、石鹸、ローションなどフェイス用からシャンプー、リンスまで幅広いラインナップで展開されています。


どれも防腐剤、アルコール、着色料フリーで、100%天然素材。だから安心して使えます。肌の弱い方でも使えるのが嬉しいですね!


「ボタニカノン」が地域にも優しいのはなんで?


www.instagram.com

ボタニカノンは肌に優しい自然派原料から作られているという特徴の他に、その原料が地域鹿児島の特産品を大きくアピールしているという特徴もあります。


いくらその商品が自然素材であっても、その原料がすべて海外からの輸入だったらちょっぴりさびしい感じがしませんか?このボタニカノンに含まれる植物は地元鹿児島で育つものが多く、日本の良さを改めて感じさせてくれます。


鹿児島の大隅半島にはなんと約4000種もの植物が生育しています。たくさんのハーブや木々、果物がはえる、自然豊かな風土だからこそ、ありのままの、混ぜ物なしの自然派コスメが生まれるのですね!


例えば、木の優しく癒される香りである「芳樟」。クスノキ科の木の香りは人工的な香りのものより心と体をリラックスさせてくれます。アロマオイルにも使われることでも知られていますね。


ボタニカノンのスキンローションに含まれている芳樟は、実は鹿児島では大変ポピュラーな植物で、少し前までは鹿児島から大量に輸出されていました。地元特産のこの木のいい香りが人工的に合成などは一切せず、自然のままローションに用いられています!


また石鹸に使われているタンカンやパッションフルーツも地元産!地元で作られたものだからこそ、製造者も愛着をもって製造、販売されているのを感じます。


このシリーズが年々過疎化に悩む田舎の区域を救う手だてになればという想いも込められており、地域に大変優しいコスメです。今後の発展にも目が離せませんね♪


今すぐ欲しい!でもどこで買える?


www.instagram.com

鹿児島まで行かないと買えない?そんなことはありません。公式HPで日本中どこにいても購入が可能。ギフトセットもそろっているので、美容や健康に高い意識を持つ友人やお母さんへのプレゼントにもいいかも♡


コスメはどれもナチュラルな香りが心地よく、フレグランスの効果もあるので、癒されたいときのご褒美として自分用にも購入したいですね。毎日のお風呂が楽しみになりそう♡


ボタニカノン公式オンラインショップ



肌に優しいものって匂いが無頓着だったりしますよね。確かに肌にはいいけれど香りがあまりよくないと使うのもガッカリ…。また見た目にも可愛くないという場合も。でもボタニカノンなら使い勝手のいい日用品としても機能抜群なのに、香りの面もパッケージも手を抜いてないのがいい♪スキンケアは肌と同時に心もリフレッシュできるものを選びたいですよね!「ボタニカノン」、要チェックですよ!

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking