ドライヤーのかけ方次第!?髪のキューティクルはドライヤーのタイミングで決まる!

お風呂上りにすることと言えば「ドライヤー」ですよね。 しかし、ドライヤーは熱を直接髪に当てるため、髪を傷めてしまいそうな気もします。 そのため、ドライヤーをかけないという人も多いんだとか。 実は、ドライヤーよりも自然乾燥の方が髪を傷めてしまうということをご存知でしょうか。 暖かくなったから自然乾燥でもいいやと思ってはいけません・・・! ドライヤーのかけ方次第でキューティクルは守ることができるんです♪ ドライヤーのかけ方やタイミングを知り、美しい髪を手に入れていきましょう♡

出典:josei-bigaku.jp


1.自然乾燥が傷むワケ



出典:beauty.oricon.co.jp


髪に直接熱をあてるドライヤーは、洗いたての髪の水分を全てとばしてしまい、髪をパサパサにしてしまうイメージがあります。

確かに熱は髪を傷める原因になるのですが、実際は自然乾燥の方が髪をパサつかせてしまうんです。


お風呂上りの濡れた髪は、キューティクルが開いている状態です。

この状態のまま放置しておくと、洋服や枕などと髪が擦れ、キューティクルをはがれ落としてしまいます。

キューティクルがなくなれば、髪の水分を守る役割ができなくなるため、どんどん乾燥したパサパサ髪になっていってしまうのです。


2.ドライヤーをかけるタイミングは?



出典:hairhapi.com


ドライヤーをかけるタイミングはやはり「お風呂上り」。

時間が経つほど、髪の水分をとばしてしまいます。

お風呂から出たら髪をしっかりタオルドライし、その後にドライヤーをかけていきましょう。


この時タオルドライのやり方にも注意してくださいね。

ゴシゴシとこするように髪を拭くのはNG。

これもキューティクルをはがす原因になってしまいます。


タオルで髪をはさみ、ポンポンとたたきながらタオルで髪の水分を吸収していくように、タオルドライをしていきましょう。

タオルドライで髪をある程度乾かせればドライヤーの時間を短縮することができるので、髪への負担を軽減することができます。


3.ドライヤーのかけ方のポイントは?



出典:josei-bigaku.jp


「髪から落ちるしずくが気になり、毛先部分からドライヤーをかけている」という人がたくさんいます。

しかし、ドライヤーの基本は「頭皮」から。

まずは頭皮をしっかり乾かしていきましょう。

ドライヤーと髪との距離は20cmほど。

この距離を保ちながらまんべんなく乾かしていってください。


キューティクルの流れは頭皮から毛先に向かって「うろこ」のような形をしています。

このうろこを逆なでないよう、流れに沿ってドライヤーをかけてくださいね。

ある程度髪が乾いたらドライヤーの風を「冷風」に切り替え、キューティクルを引き締めることも大切です。


この時、ドライヤーをかけながらブラシやくしは使わないようにしてください。

キューティクルが開いた状態でブラシやくしを使うと、摩擦でキューティクルをはがれ落してしまいます。

髪をとかすのは完全に髪が乾いてからにしましょうね。



ドライヤーを使うタイミングや乾かし方をほんの少し変えるだけで、髪をパサつかせる原因を取り除くことができます。

あなたも今日からドライヤーのかけ方に気をつけてみてくださいね♡

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly