骨密度って気にしていますか?40代は骨からケアしよう!

骨が弱くなると日常生活に支障が出るほか、体型が老けて見えるようになります。せっかくお肌をキレイにキープしていても、中がボロボロだと意味がないですよね!姿勢や顔のたるみにも関係がある骨密度、あなたはちゃんとチェックしていますか?女性の場合40歳が骨のターニングポイントになります。今回はアラフォー女性必見、骨の健康について学んでいきましょう。

40代になると骨がもろくなる?


aijiro/stock.adobe.com

肌や体のたるみは目に見えるため、それらのエイジングケアはぬかりなく行っておられるかもしれません。

それも大事ですが、目に見えない体の中のケアはしなくてもいいの?


実は40代になった女性が意識的にケアしなければならないのが「骨」。


「更年期になると女性は骨がもろくなる」「女性は骨粗しょう症になりやすい」「アラフォーになったら骨を強化することを心がけた方がいい」。

骨の健康に関してそれらのことをお聞きになったことがおありかもしれません。

女性は年齢を重ねるにつれ骨の密度や健康を意識すべきです。

でもそれは一体なぜでしょうか?


骨密度ってなに?40代女性が低下する理由


Monet/stock.adobe.com

骨密度とは骨の強度をはかる目安になる数値のことです。

骨の中にミネラルがどれだけ入っているかを測定し、年齢別の平均値と比べて自分が少ないか多いかを知ることが出来ます。


この骨密度のピークは働き盛りで美しい盛りである20代~30代。

40代になると徐々に低下し始めます。

これにはエストロゲンという女性ホルモンが関係していると言われています。


40代後半から50代になると閉経の時期がきます。

閉経は女性の体に大きな変化をもたらします。

閉経後はエストロゲンの分泌も低下してしまうため、骨密度が15~20%も減少するという研究結果もあります。

エストロゲンは骨の健康に大きく関わっているホルモンです。

このエストロゲンが正常に分泌されている時は、いつも新しい骨に生まれ変わるために、新しい骨をつくる細胞と古い骨を壊す細胞のバランスをとってくれます。


しかし閉経後エストロゲンが減ってしまうと、これらの細胞のバランスも崩れ、骨再生の細胞よりも骨を壊す細胞の働きが活発になってしまいます。

そうなると骨はスカスカで骨折しやすい大変脆いものになります。


骨密度の減少は体全体の老化につながる?


buri/stock.adobe.com

骨密度が少なくなるとどのような害が起きるのでしょうか?



●骨折しやすくなる


骨が強度の低い脆いものになると、ちょっとした動きで骨折しやすくなります。

日常生活を送るのが困難になったり、酷い場合は寝たきりになることもあります。



●おばさん顔とおばさん体型に


見かけにも大きな変化が表れるので、骨密度の変化をあなどってはなりません。

腰がまがり、目が窪み、顔がたるむ原因にも頭蓋骨や背骨の骨密度の減少が関係しています。

顔や体全体のたるみや腰の変形が表れるとおばさん化が進みます。

逆にいれば骨のアンチエイジングは体全体の若返りにもつながるということです!


おばさん化するまえに、今できる対策をご紹介します。


40歳から始める骨強化!


photka/stock.adobe.com

●カルシウムとビタミンDを含む食事をバランスよく


骨と言えばカルシウム。でもそれだけで骨が強くなるわけではありません。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDも併せて摂取しましょう。カルシウムは乳製品、小魚、大豆製品などに含まれます。

ビタミンDは魚やキノコ類に含まれています。バランスの良い和食を心がけると骨にいいものがしっかり摂れそうです。



●MBPのサプリメントを用いる


カルシウムとビタミンDは骨を作る材料です。

でもこれだけではカルシウムが骨にならずに流れてしまいます。

そこで必要なのが材料を骨にくっつける成分です。

それがMBPというたんぱく質。これをしっかり摂取した場合、骨密度がアップしたことが近年大変注目されています。


しかしこの成分は牛乳に微量しか入っておらず、十分な量を食品から摂取しようと思うと牛乳を1リットル近くも飲まないといけない計算になります。

これは厳しい…。


食品からの摂取が難しいと感じる場合は、MBPが濃縮されたサプリメントも多くの会社が販売しているので、使ってみるのもいいかもしれませんね。



●太陽に当たりつつ適度な運動


骨の強度には日光に当たることとしっかり骨を動かすことが大切です。

40代、50代になった後にウォーキングやジョギングをした女性の骨密度がアップしたという研究結果もあります。

遅すぎるという事はありません!

まずは負担にならない程度のウォーキングから始めましょう。



いかがでしたでしょうか?

真のアンチエイジングとは、外見だけでなく体の中もしっかりケアすること。

内臓や骨が健康で若々しいなら、おのずと外見も美しさを保つことが出来ます。

閉経が近いな、と思ったら骨の密度を検査し、骨強化のための生活習慣を整えましょう!

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking