ママとベビーに愛されるイベントが盛り沢山♪話題の「クレヨンハウス」に行ってみよう!

近年の育児や子育てはとにかく「難しい」の一言に尽きるようです。現代の生活環境はもちろん、ライフスタイルの変化や多様性を持つ考え方に翻弄され、毎日の暮らしそのものを「苦しい」と考えるママ達も増えてきています。 そんな中、小さいながらも設立からの企業理念を貫き、現代のママ達に支持されている企業があります。それが「クレヨンハウス」。ママとベビー、子ども達に優しいアイテムや暮らし方を提案し続ける企業であり、ショップでもあるのです。 今回はそんな「クレヨンハウス」の特徴やショップの内容、定期的に行っているイベントについてもご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

ママとベビーのためのショップ♡クレヨンハウスとは?


beeboys/Shutterstock.com

「子どもや女性、そしてハンディキャップのある人が住みよい社会は、誰にとっても住みよい社会である」という理念の下、作家であり、元文化放送アナウンサーでもある落合恵子さんが代表取締役となって経営を続けているクレヨンハウス。その歴史は40年前に設立されてから今日まで、変わらぬ理念と理想を持って続けられています。


子どもの絵本からママに向けての雑誌、オーガニックコスメやレストランを手がけ、現在では本社である東京の他にも大阪に支店を持つものの、スタッフ数は総勢107名という人数。

決して大規模な企業ではありません。


しかし、その視点と考え方、豊かな発想から生まれるイベントや雑誌、厳選されたオーガニックのコスメやレストランは多くのママ達をとらえて離さず、人気も少しずつ上昇傾向。


安全性と環境を守り、今を生きるママ達とこれからを生きる子ども達にエールを。主宰者の声は、今現在でも多くの反響を呼んでいるようです。


楽しい・美味しい・幸せの三拍子♪クレヨンハウスでのイベント



1.専門家によるコスメカウンセリング

Anna Ok/Shutterstock.com

お肌の悩みから選ぶスキンケアアイテムや、肌質、顔立ちに合うメイク方法を、専門のカウンセラーが提案し、紹介してくれるコスメカウンセリングを不定期で実施しています。


クレヨンハウスのスキンケアやメイクアイテムは全てオーガニックコスメですから、ママでも安心してメイクが楽しめ、キレイな肌のために頑張っていけちゃいます♪


予約も不要で、気が向いた時にふらっと立ち寄れるのも大きな魅力。ママの他にも、オーガニックコスメ初心者さんや妊婦さんにも人気のカウンセリングです。オーガニックコスメのメリットを最大限生かしたスキンケアとメイクの知識は、持っていて損はありません!


スケジュールをチェックして、是非受けてみて下さいね。



2.クレヨンハウス名物「ケーキおばさん」のケーキ♡

holbox/Shutterstock.com

東京店には、「ケーキおばさん」が毎日ケーキを販売しています。これからの季節はクリスマス。ブッシュドノエルやシュトーレンが美味しく作られ、こちらも絶品!


実は「ケーキおばさん」は一人ではなく、多くの「ケーキを作るのが大好きな女性」達で構成されています。毎日でもケーキを作っていたいのに、そんなに作っても食べてもらえない・・・という女性の悩みから生まれた「ケーキおばさん」達。最も長い方で28年間ケーキおばさんを続け、固定ファンまでいるほどの人気を誇っています。


シフォンやかぼちゃのタルト、プリンはほぼ毎日作られ、15人のケーキおばさんがペアになって得意のケーキを作り、1日に10種類ほどのケーキが日替わりでショーケースに並び、販売されています。


しかし、このケーキおばさん達が作る絶品ケーキの特徴は、その種類だけではなく、何よりも全てができる限りオーガニックな材料で作られていること。食品添加物や保存料は使っておらず、誰でも安心してケーキを楽しめるように配慮されています。


このケーキおばさん達は、ケーキだけではなく、クッキーやフルーツケーキのような焼き菓子も作ってウェブショップで販売しています。是非ケーキが大好きな、素敵な「おばさん」達のスイーツを味わってみて下さい。



3.毎週月曜日は「ベジタリアン・マンデー」!

VTT Studio/Shutterstock.com

クレヨンハウスのもう一つの名物が「オーガニックレストラン」。出される料理の全てが植物性の食材だけで構成され、だしは椎茸と昆布、有機食材を使ったオーガニックメニューも大人気。

サラダバーを常設し、有機野菜と旬の食材をたっぷりと楽しむことができます。


ランチはもちろん、ディナーのコースメニューまでオーガニック&ベジタブルメニュー。心身共にデトックスができ、気分転換にもなると、新米ママ達の「女子会」として使われるほどの人気となっています。


基本的には毎週月曜日、週替わりでのメニュー提供です。どんなものがメニューに載るかは、公式サイトをチェック☆いつもよりオシャレして、レストランに足を運んでみては?


育児、絵本、食事、美容。ママとベビーの全てを「クレヨンハウス」で


Dean Drobot/Shutterstock.com

ご紹介したイベントの他にも、クレヨンハウスは「ママと子ども達のため」に全力を注ぎ続けています。


子育て家族を応援し、安全なおもちゃや知育の情報、育児にまつわる悩みや社会情勢をとらえた特集を組んで発行している育児雑誌「月刊クーヨン」や、オーガニック雑貨やコスメ、有機野菜の味そのものを楽しむためのレシピ、自分の心身をナチュラルにケアする情報を詰め込んだ生活雑誌「いいね」、なかなか絵本を買いに行く時間が取れない、忙しいワーキングママのための「絵本の定期便(ブッククラブ)」等々。


ママとしての視点、女性としての視点、そして環境や自然、住みよい社会を提案する視点。育児から絵本、食事、美容・・・ママとベビーの「全て」をクレヨンハウスは独自の視点と解釈で提案し、多くの人々に受け入れられています。


難しい社会環境や生活の中で、どうやって「楽しく暮らすか」のヒントをくれるクレヨンハウスの経営理念、考え方は時代に沿って続けられ、守られています。

これからも注目していきたいですね!



いかがでしたでしょうか?

オーガニックはちょっと敷居が高い気がする・・・と感じるママ達の入り口ともなっているクレヨンハウス。さらなる発展が期待されています。

是非参考にしていただき、東京と大阪にあるクレヨンハウスに足を運んでみて下さいね。

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking