オトナ女子のためのボディケア。エイジングケアは顔だけだって思ってない?

顔のケアだけじゃだめなの…?と思いますか?顔の美白は完璧、シミもしわもしっかり防止。でもバストやヒップが垂れていたら?かかとや膝が乾燥して小じわができていたら?年齢は案外そのようなところで表れるもの。顔がバッチリでも他の部位とのバランスがとれていなければ年齢不詳なオトナ女子にはまだなれません。その人の美しさは身体全体からも醸し出されるもの。今回は全身ケアで年齢不詳なボディになる方法をまとめてみました。

体がおばさん見えしちゃうのは一体なぜ?


Raisa Kanareva/shutterstock.com

この記事をご覧になっている方の中には毎日フェイスのアンチエイジングに励んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。

高価な化粧水に美容液、たまにはエステサロンに行ったりフェイスマスクをしたり…。

でも顔だけで本当にいいのでしょうか…?


いくら顔がマイナス10歳になったとしても、体型が老けていればおばさん見えは防げません。

大切なのは体全体を美しく整えること。

そのためにはまずどこが若い頃と違ってくるのかを知っておく必要があります。


なぜ30代からおばさん見えし始めてくるのでしょうか?


●女性ホルモン分泌の減少により、女性らしい体作りの力が衰える

●運動不足と加齢によって体を支える筋肉が衰える

●筋肉の衰えによって肉が下に垂れやすくなる

●基礎代謝能力の衰えにより、脂肪がつきやすくなる

●体のゆがみ、猫背などが長年続くことで下腹部に脂肪が付きやすくなる

●保湿能力低下により体全体の肌が乾燥し、しわができやすい


加齢による筋肉の衰え、肌の衰えによって体全体の肉が下に流れやすくなることと、長年しみついた悪い姿勢によって脂肪が付きやすくなることが主な原因のようです。


ここからは体全体で行えるエイジングケアについて共に学んでいきましょう。


ボディにも保湿を!


liza54500/shutterstock.com

年齢を感じさせやすい手元、デコルテ、膝などにもしっかり保湿ケアをしてあげましょう。

顔に質のいい化粧水や乳液で潤いを与えるように、ボディにも浸透率のいいクリームを使っていきましょう。


オススメは資生堂が2017年に発売を開始した「プリオール ボディークリーム」。

しみ、そばかすを目立たなくする美白効果成分に合わせ、小じわに潤いを与え、ふっくら若見え肌を作ってくれるボディクリームです。

エイジングケアが必要な年齢の女性を対象としており、お肌にしっかり密着して潤う保湿成分とメラニンの生成を抑えるm-トラネキサム酸が配合された、医療部外品のボディクリームです。


ボディにもしっかり栄養をあたえてぷるぷる肌をキープしましょう。


年齢に合った下着で胸のたるみを改善


margostock/shutterstock.com

ある下着メーカーの研究によれば、女性の体で大きな体形変化が起こるのが37~39歳にかけて。

この時期が体型のターニングポイントとなるそうです。

この年を境にボディラインは一気におばさん見え!

若い時につけていた下着が合わなくなります。

勿体ないからと言って昔使っていた下着に無理やり使ってしまうと、体型崩れを促してしまうのでこれはご法度!

年齢に合わせた下着選びが大切です。


バストもヒップも今まではつんと上向きだったのが、加齢によるボディラインの変化をそのままにしていると、デコルテの肉や腰回りの肉がそげて下にたわみ、トップの位置がぼやつき、たゆんだ肉が左右に流れていきます。


そこで、ブラは背中や脇に流れたはみ肉をキャッチし、真ん中に寄せ、上に持ち上げてくれるタイプのものを、パンツはパンツの上のはみ肉を閉じ込め、お尻のお肉と太ももをキャッチしてプルンとした上向きお尻にしてくれるものを選ぶことが大切です!


くびれをつくるエクササイズ


fizkes/shutterstock.com

キュッと腰が引き締まっていれば、女性らしいプロポーションを保てます。

腰回りがズドンと電信柱のようにまっすぐになってしまうと、どうしてもおばさん体型に見えてしまいますよね。


幾つになっても腹斜筋を鍛えることでくびれはキープすることができます。

実は腹斜筋を鍛えるのはそれほど難しい事ではありません。

ベッドの上でできる簡単ストレッチをご紹介します。


①横向きに寝て片方の肘をたて、頭を置きます。

②片足を上にゆっくりあげ、ゆっくり下します。

③この際、横腹が収縮するのを感じて下さい。


もう一つのストレッチは

①ベッドに仰向けに寝転がります。

②両足を揃えて上に伸ばします。体が90度に曲がっている状態です。

③両足をまっすぐそろえた状態で片側にゆっくり倒していきます。

④床に付きそうになったところで数秒キープ。

⑤ゆっくり上に戻します。

⑥今度は反対側に倒していき、床に付きそうになったところで数秒キープ。

⑦ゆっくり上に戻します。


寝る前にでも出来るストレッチですので、試してみましょう!


アンチエイジングに鉄分サプリメント


puhhha/shutterstock.com

オトナ女子が自分に足りないと感じている栄養素のひとつに「鉄分」が挙げられます。

鉄分は経血により排出量は多いのに対し、食物で摂取しづらいため不足しやすい栄養素です。


意外に思われるかもしれませんが、鉄分は実は脂肪を燃焼させ、痩せやすい体にするのに不可欠な栄養素です。

私たちの食べたものが分解され、細胞がエネルギーを作りだします。

この燃焼作業がしっかりしていれば脂肪が体に付きにくくなります。

この際必要になる栄養素が鉄分とビタミンB群。


鉄分が不足すると貧血や倦怠感の他に、太りやすくなってしまうという事なんですね。

しっかり補給したい栄養素です。

もし食べ物から摂りにくいと感じる際は、サプリメントに頼るのも一つの手ですよ。



真のアンチエイジングとは体の中から、そして体の全体、心までも同時にエイジングケアをすることです。

どれか一つに特化してエイジングケアをしてもちぐはぐな感じになってしまいます。

顔はもちろん、バストやくびれ、ヒップ、体の肌全体を美しく保つことで、いくつになってもキレイに年を重ねていくことが出来ますよ。

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

Ranking