まぶたが下がってきた!?大人女性へのレスキューメイク講座

ふと鏡を見ると昔はこんなふうじゃなかったのに…と悲しくなる時ありませんか? ほうれい線、シミ、シワ、たるみと年齢を重ねると共に老化現象が如実に現れてきます。 特に40代の方が悩むのがまぶたの衰え。年齢と共にまぶたが下がってきたという女性が多くいます。毎日のメイクの時に変化を感じる方もいるのでは?まぶたが下がると上手にメイクも出来ず途方に暮れますよね。 ずっと同じメイク方法をしていると、違和感を覚える瞬間が誰しもあるはず。少しだけ工夫することで、印象も大きく変わりさらに垢抜けます♡ 今回は、下がってきたまぶたでも綺麗にメイク方法を調べてみました。

アイシャドウの前にパウダーを忘れずに


shoko @shoko_chocolat0923

まぶたにも皮脂があります。

その上からアイシャドウを塗ってもよれてしまい、仕上がりもなんだかイマイチなものになりがち。


また、まつ毛の際にも皮脂はあります。アイシャドウ後のアイラインなどもうまく引けなくなる原因の1つになってしまうのです。


ファンデーションを全体に塗った後、まぶたには再度パウダーを重ねましょう。

範囲が狭いので、パフを折ることで上手に重ねることが可能です。


クリームアイシャドウに切り替えよう


ずぅ @xxizumiiixx

クリームアイシャドウはパウダータイプのアイシャドウに比べて密着度が高くなります。

また保湿効果もあるので、より崩れを防いでくれるでしょう。


マットなものよりもパール感のあるものがベスト!

まぶたが明るくなり、より若々しい目元を演出します。

パレットの中で1番明るい色をまぶた全体に塗り、絞め色として暗めの色を二重の幅に塗ります。

塗る際は、指を使うことで簡単に綺麗なグラデーションに仕上がります。


今は単色使いのアイメイクも流行っています。

ブラウンやグレーなどを1色だけ使ってみるのも印象が変わっておすすめです。


アイラインが引きにくい?筆先にこだわれば問題解決!


ずぅ @xxizumiiixx

まぶたが下がるとどうしてもアイラインが引きにくくなりがち。

スッと綺麗にアイラインが引けているとアイメイクも引き締まりますよね。

まぶたが下がってきた時に見直すのはアイライナーの筆先。

丸みの出てしまうものは避けましょう。

なるべく筆先が細いものを選ぶことでうまく引けるようになります。

リキッドでもペンシルでも同様です。

アイライナーの基本はまつ毛の隙間を埋めること。

最初から1本で引こうとしてもよれてうまくいきません。


点を打つように、細い筆先をうまく使って埋めていきましょう。

その後、点を繋ぐ感覚で引いていくとうまく引けるようになります。


まぶたのテンションをかけることも大切。

少し横に引っ張るくらいのテンションをかえることでよれを最小限に抑えられます。

引っ張りすぎると元の状態に戻したときに位置がおかしくなるので程々に。



・アイライナーをぼかすのもあり!

mari @mco.12

どうやってもうまく引けないというあなた。

諦めるのは早いです。

失敗したアイライナーはぼかしてしまいましょう。

綿棒などで優しくぼかすことで、ナチュラルな目元になります。

ペンシルタイプならぼかすのは簡単。

リキッドタイプでも、絞め色のアイシャドウをアイラインの上に乗せて馴染ませることでぼかすことが出来ますよ♡


40代はマスカラもいいけどつけまつ毛に挑戦してみましょう


Miho @mhpitty

目を大きくハッキリ見せたいからと、マスカラをたっぷりと塗る方がいますが逆効果かもしれません。

なぜかというと周囲からは若作りと思われてしまうからです。


まつ毛を強調させる場合は、ぜひつけまつ毛を使用してみて下さい。

「つけまつ毛は若い子のするもの」、なんて敬遠していてはもったいないですよ!


下がってきたまぶたを持ち上げる助けもしてくれますし、意外にマスカラよりも自然なまつ毛の仕上がりになります。

つけまつ毛は40代女性の味方。

慣れるまでは時間もかかるかもしれませんが、慣れてしまえばすぐに付けられますよ♡



いかがでしたか?

まぶたが下がってくる40代。それでも綺麗をキープしていきたいですよね♡

アイメイクはもう楽しめないのかしら…と悲しむのはまだまだ早いですよ!メイク方法を少し工夫することで素敵なアイメイクを楽しめます。

みなさんのメイク時間がより楽しいものになりますように♡

Writer : ayako さん
元エステティシャンのママです。 プチプラでメイクやファッションを楽しんでいます♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking