ほうれい線が気になる!気になり始めたらやりたいセルフマッサージ法

あるだけで一気に老けて見られるほうれい線。鏡を見る度にショックを受けるなんてことも…。今回は、ほうれい線が気になり始めた方にオススメのセルフマッサージをご紹介していきたいと思います。ぜひ毎日のケアに取り入れてみてくださいね♡

ほうれい線ができる原因


LADO/shutterstock.com

大きく目立ちやすいほうれい線。

乾燥やむくみなどが原因で若くてもほうれい線に悩まされているという方もいらっしゃいます。

30代になり目立ちだしたたほうれい線は、コラーゲンやエラスチンの減少による真皮の衰えや表情筋の衰えが原因であることが多いです。


一度刻まれてしまうとどんどん深くなってしまうほうれい線。

食生活やスキンケアを見直すと同時に、セルフマッサージを取り入れることで改善を期待することができるんです。


マッサージはほうれい線に効果的


Tuzemka/shutterstock.com

表情筋の衰えると顔全体がたるんできてしまいます。

このたるみは老廃物や脂肪が溜まることによって促進されてしまうもの。

マッサージを取り入れることでリンパや血液の流れを良くすることでむくみの解消や脂肪のつきにくい状態にしてくれるのです。


また、血液の流れがよくなると栄養素や酸素が運ばれやすくなるので肌代謝がアップし、健やかな肌へと導いてくれますよ。

それでは早速マッサージ法をご紹介していきたいと思います。


ほうれい線改善マッサージ法


Roman Samborskyi/shutterstock.com


◎クレンジングしながらマッサージ


1.普段より多めのクレンジングを手に取り、顔全体に伸ばしていきましょう。


2.まずは顎の位置からマッサージを始めます。


顎の中心から外側にかけてくるくると優しくマッサージをしていきます。

※人差し指を使うと力が加わりすぎてしまい肌への刺激が強くなるので、中指と薬指を使うようにしましょう。


3.顎が終ると鼻の横、次に目の下、額というように下から上へと移動させながら同様にマッサージしていきましょう。


いつものクレンジングのついでにできるので忘れずに毎日続けられますね。



◎顔痩せも同時に叶えてくれるほうれい線マッサージ


1.両手を軽く握り人差し指の第二関節を小鼻の横の溝に当てます。


2.そこを起点にし上下に指を動かしコリをほぐしていきます。


3.再度小鼻の横の溝に人差し指の第二関節を当て、真横に1センチほどグっと動かします。

※鼻の骨から筋肉を剥がすようなイメージで。


4.少しずつ指の位置を上に動かしていき目の下まで同様に行っていきましょう。

※鼻の骨に沿って動かしていくのではなく瞳から小鼻を結ぶ線上を通るように動かしていきます。


ほうれい線の起点となる鼻の横の溝を薄くすることで顔の印象はガラりと変わりますよ。

頬肉も落とすことができるマッサージ法なので、埋もれていた鼻筋をスッと通らせることもできるんだとか。


ぜひ毎日のケアに取り入れてみてください。



いかがでしたでしょうか?

アラサーに差し掛かるとあらゆる肌悩みが出てきますよね。

ほうれい線などのシワは一度刻まれてしまうと薄くすることはできても消すということは不可能です。

深く刻まれる前にしっかりとケアをして予防と対策をしていくことを心がけたいですね。

Writer : yoyo さん
元ネイリストの主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking