2017年のベストプチプラコスメを発表!流行を抑えたマストハブコスメは…?

2017年も残すところあと一か月となりました! 今年もSNSを中心に、女子たちの話題をさらった名作コスメが続々登場しましたね。なかでもプチプラコスメはその値段を超える実力派揃い! そこで今回は、今年のメイクの流行をおさえたベストプチプラコスメを一挙ご紹介します♪今年中にゲットしておきたいマストハブコスメばかりですよ!  

ケイト/シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)


ぽちゃめろ @pochamero

まずはベースメイクアイテムから♪

VoCE、MAQUIA、美的でベストコスメを受賞し絶大なる支持を集めたのが、KATEの新リキッドファンデーション「シークレットスキンメイカーゼロ」です。


今どきのメイクは素肌っぽさが主流。

透明感ある仕上がりを求めて薄づきファンデを買ったのに、肌悩みが気になり何度も重ねて厚塗り感が出てしまう…とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そんな方にこそおすすめしたいのが、カバー力抜群のこのアイテムです!


独自の「ハイカバー&スムース処方」のファンデが肌と一体化するように密着してくれるので、厚塗り感なく毛穴の凹凸をカバーできますよ♡

カラーラインナップは、血色の良さを叶えてくれる全6色。

一段トーンアップしたように明るく仕上がります!


紫外線予報/さらさらUVジェル


rnmms2 @rnmms2

2017年は「肌断食」「肌ダイエット」と呼ばれるスキンケア方法もじわじわとブームを巻き起こしました。

肌断食とは、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液などのいつものスキンケアをあえてストップすることでお肌をリセットして、お肌本来の力を引きだすスキンケア方法のこと。


コスメに含まれる添加物や防腐剤の刺激を一切なくしてお肌を休める期間を設けることで、乾燥肌や敏感肌が改善されると言われています。


肌断食中は紫外線ダメージが大きなリスクとなりますが、そんな時でも安心して使えると話題を呼んだのが紫外線予報の「さらさらUVジェル」。

しっかりとした効果がありながら、クレンジングを使わず石鹸で落とせるすぐれモノです♪

お子様も安心して使えますよ♡


キャンメイク/ウィンクグロウアイズ


meganee @chiistagramxx

今年のトレンドメイクのひとつ、濡れツヤまぶたを簡単に作ることができると話題を呼んで大ヒットしたのが、キャンメイクの「ウィンクグロウアイズ」。


持ち歩きにも便利なチューブ型のグロスシャドウです。

派手すぎない上品なラメが、濡れたような立体的なツヤを生み出してくれます。

よれにくい材質で二重の溝にたまることもなく、少量でもよくのびるのでコスパはばっちり!

ヒアルロン酸・アセロラ果実エキスなどの美容成分も配合され、安心して使えますね♡


01番のテラコッタブラウンは流行の赤味ブラウン。

自然なグラデーションが作れるので、たった1アイテムでナチュラルでおしゃれなトレンド顔の完成です♪


フローフシ/モテライナー リキッド チェリーチーク


 

数量限定で発売され、あまりの人気ぶりに定番商品化されたフローフシのリキッドアイライナー「モテライナー リキッド チェリーチーク」。


ほんのりと赤味のあるリキッドアイライナーが、色っぽい表情を演出してくれると話題になりました♡

従来のカラーアイライナーと異なる独自の発色設計がポイント。


うっすらと肌が透けるように設計されているため、内側からにじみ出るような自然な血色感をもたらしてくれるんです。

色素沈着しない顔料が使われていてお湯で簡単にオフできるので、肌断食中でも使える安心のアイテムです♪


オペラ/リップティント


濱田あおい @aoihamada

2017年の大ヒットコスメの代表と言えば、やっぱりオペラの「リップティント」!

売り切れ続出となった神リップです。


従来のティントリップは色持ちの良さが魅力でしたが、乾燥しやすいことと液状で使いにくいことが問題でした。

そんなお悩みを一気に解決してくれたのが、スティック状で使いやすく潤いもばっちりのこのアイテムなんです♪


オイルベースで唇に乗せるとスルスルと伸び、綺麗な色が透けるように発色します。

中でも「花嫁リップ」と呼ばれて話題をさらったのが05番のコーラルピンク。

表情がパッと明るくなる可愛い発色で、恋も叶いそう♡



いかがでしたか?

どれもプチプラとは思えない、買う価値アリの逸品ばかり♡

旬顔を目指してさっそくショップへ出かけましょう♪

Writer : すえひろ さん
かわいいものに目がないライターです♡ 素敵な大人をめざし、内面も外見も磨きたいです!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking