もう繰り返さない!大人の「顎ニキビ」を作らないための3つのケア

大人の肌悩みとして意外と多い「顎ニキビ」。治りにくかったり、繰り返しできてしまったり、痕が残ってしまったり、一度できてしまうとなかなか厄介です。 髪の毛で隠すことができず、目立ちやすい場所にあるため気になってついついメイクで厚塗りしたくなってしまいますよね。 なぜ顎ニキビができてしまうのでしょう?また、できてしまった時はどうしたらよいの? 顎ニキビの原因と、顎ニキビを作らせないための方法をご紹介します。

大人の顎ニキビの原因は?


kei907 /stock.adobe.com

顎の周りは汗腺が少ないのですが皮脂腺が多く、皮脂が詰まりやすい部分です。ホルモンバランスの乱れによって起こる皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まり、顎ニキビができやすくなってしまいます。


また肌が乾燥することで、皮膚は表面を覆うために皮脂を過剰に分泌してしまい、顎ニキビができやすい状態になってしまいます。


生活習慣の乱れも顎ニキビができやすくなる原因となります。

顎の周辺は特に、体の不調やストレスなど体内環境の影響を受けやすい部分です。偏った食事や暴飲暴食、睡眠不足、タバコやお酒などの習慣なども肌を顎ニキビができやすい状態へと導いてしまいます。


洗顔で肌を清潔に保つ


taa22 /stock.adobe.com

ニキビを防ぐため、またできてしまったニキビを悪化させないためには、何よりも肌を清潔に保つことが重要です。クレンジングや洗顔をしっかりと行うことが大切です。


洗顔料をしっかり泡立て肌の上で泡を滑らせるように優しく洗いましょう。すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流したら、タオルでゴシゴシ擦らずに押さえるように水気を取りましょう。


皮脂が気になり、ついゴシゴシと肌を擦りたくなってしまいますが、皮膚に刺激を与えるとニキビを悪化させたり乾燥の原因にもなりますので注意!


また、顎は手で触れる機会も多く、雑菌がつきやすい場所とも言えます。ニキビが気になってつい触りたくなってしまいますが、清潔を保つためにもむやみに触れないように心がけましょう。


しっかりと潤いを保つスキンケアを行う


Paylessimages /stock.adobe.com

洗顔後は保湿をしっかり行い、肌が潤っている状態が保てるようにスキンケアをしましょう。


化粧水でたっぷりと肌を潤した後、ベタベタするのが嫌で乳液の使用をつい避けてしまいますが、乳液には肌につけた化粧水の潤いを逃がさないようにバリアを作ってくれる役割があります。また、肌を柔らかく保ったリ、肌を刺激から守ってくれる役割もあります。


どうしても乳液をつけのに抵抗を感じる方は、さっぱりタイプで自分好みの乳液を選びましょう。


顎ニキビをできにくくする習慣週間を


denisk999 /stock.adobe.com

睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどが原因でホルモンバランスが崩れると、顎ニキビができやすい状態となってしまいます。


不規則な生活で睡眠時間が削られていませんか?糖質や脂質の多い食事ばかりに偏りビタミンなどの栄養が不足していませんか?仕事や人間関係などのストレスが原因で睡眠不足や暴飲暴食に走ってませんか?


顎ニキビができにくい状態にするためには、スキンケアだけでなく生活習慣からしっかり見直す必要があります。



大人になるにつれ、ホルモンバランスの乱れが起こりやすく、顎ニキビができやすい状態になってしまいます。顎ニキビを防ぐためには、肌を清潔に保つこと、保湿を心がけること、生活習慣を見直すことで顎ニキビができにくい肌へと改善していきましょう!

Writer : choco さん
美容と料理が大好きなママです。 いくつになってもキレイでいれるよう日々努力中です!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking