実は知らない?タイツのデニール 厚さと見た目のまとめ♡理想の足元に近づこう♪

だんだんと寒くなって来て、とタイツを愛用し始める人も多くなっているかと思います。デニール数が高いと生地が厚くなるという認識を持っている人はたくさんいると思いますが、実際どのデニールがどんな見た目になるのかまで詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。 今回はデニール数で全く異なる「タイツの見た目」についてご紹介していきます!

デニールって?タイツとストッキングの違い



見た目チェックの前にまずはタイツの基礎知識を簡単にご説明しますね♪

タイツやストッキングによく使われる「デニール」という単位。

これはタイツやストッキングに使われる糸の太さ・重さを表す単位で、数字が大きくなるほど、糸の重量も太さも増すため、生地自体も厚くなっていきます。


ストッキングとタイツの違いですが、30デニール未満の物がストッキング、30デニール以上になるとタイツという区分に変わるそうです。


デニール別♪見た目の違い


30デニール



タイツの中で一番透け感のあるものが30デニール。

黒を選ぶととってもセクシーになりますね♪

30デニールは美脚効果も高め!

足をキレイに見せたい時におすすめです。


50デニール


30デニールに比べ透け感は落ちますが、その分落ち着いた雰囲気に仕上がります。

50デニールはフォーマルにもぴったりです。

清楚さを出すには50デニールがおすすめ!

透け感がなくても、まだまだ美脚効果の高いタイツです♪


60デニール



肌寒い日におすすめなのが60デニール。

透け感はあまりありませんが、その分温かく、美脚効果も期待できます。

美脚効果が期待できるデニール数のラインはここまで。

足のラインを重視したいという人は、60デニールをキープしてみてくださいね♪


80デニール


冬に多くお店に並び始めるのが80デニール。

厚みがある生地なのでとても温かいです。


今の時期だとだんだん見かけなくなるかもしれません。

しかし、このデニール数から美脚効果が少なくなっていきます。


美脚より温かさをとりたいという人は80デニール以上を選んでみてください。


110デニール



防寒対策に最適なのが110デニール!

これなら寒い日でも大丈夫ですね!

ただし、透け感はほぼありません。

厚みもでるため、足を太く見せてしまう可能性もあります。

それでも「寒いよりはマシ!」と思う人は110デニールを選んでみてくださいね♪


春でもいきなり寒くなる日があるので、1、2足はしまわずに使えるようにしておくと良いでしょう。

カラータイツもたくさん販売されているので、黒は重いという人は、いろんな色に挑戦してみるのも良いかもしれません♡


160デニール


極寒の地でも大丈夫!

寒さの強い味方になるのが160デニールです。

160デニールになると裏起毛タイプのものがほとんどなので、どんな寒さにも耐え抜くことができますよ♪

160デニールを一度履いてしまうと、あまりの温かさにもう手放せなくなってしまうかもしれません。


しかし、その分厚みも最大!美脚効果はまったくなく、逆に厚みのせいで足が太く見えてしまいます。

「防寒対策より美脚!」という人にはあまりおすすめできないタイツです。


春でも場所によっては冷えるもの。

山に出かける際など、ズボンの下に履いて防寒するのも良いかもしれません。


デニール数によって見え方は様々!



デニール数によって見た目にこんなに違いがあるとは思いませんでしたね!

あたたかさを重視するのか、美脚を貫くのかで選ぶデニール数は大きく変わってきます。


ちなみにタイツの中でとっても美脚でセクシーに見えるデニール数は30~40デニールなんですって♪

確かに透け感もあり、美しく見えますよね!


見た目の美脚も大切ですが、寒さを感じる日はせめて60デニール程にあげてみるのも良いのではないでしょうか。

60デニールならまだ美脚効果がありますよ♪


気温が上下しやすい季節はファッションも悩みがちですよね。

季節外れの格好も嫌だし、寒すぎたり暑すぎたりするのもイヤ。

タイツは防寒としてもファッションとしても使える万能アイテムなのでこの記事を参考にしながらぜひその日にぴったりなデニールを探してみてください!


また、寒いとき・暑いときのファッションに悩む方にはこちらの記事もおすすめですよ♪




いかがでしたか?

年が明けてから、本格的に寒さが厳しくなってきました。

寒い場合は無理をせず、気温に合わせてデニールを使い分けてみてくださいね♡

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking