メイクのお悩みはこれで解決♡色っぽナチュラルメイクの方法とコツ

メイクをしながら何だか「これじゃない」感が出ていませんか? 何となくマンネリなメイク、いろいろ試したけど、理想通りの愛されフェイスになれない。 そんなお悩みを密かに抱えている女子の皆さんに、今回は「垢抜け色っぽメイク」法を伝授いたします。 ちょっとしたテクニックであっという間に旬の素敵なメイクができますので、是非ご覧下さい!

ナチュラルメイクなのに垢抜けない!?


その香 @sonoka04

最近のメイクブームは何と言っても「ナチュラルメイク」。

しかし、ナチュラルメイクを頑張れば頑張る程、「何だか似合わない…」と首を傾げてしまう女子も多いのではないでしょうか。


ナチュラルメイクは、メイクをしていないようでしている、ごく自然なメイク方法。

そのテクニックはちょっと難易度が高く、下手に手を出すと「野暮ったい」印象になってしまうんです。


素肌に近いファンデ、柔らかい自然なアイメイク、薄付きのリップ。

これは下手に手を出すと、メイクに手を抜いている、または適当なメイクとなってしまいがち。

すっぴんと違う、垢抜け色っぽメイクの道のりは思ったより遠いのです…。


垢抜け色っぽメイクをするための3ポイント


Hane Asami @make__roommoi

「え~、じゃあ自分でナチュラルメイクってできないの!?」と愕然としたあなた。

そんな事はありませんよ☆

要はちょっとした「コツ」を掴む事が大切なんです。

今からそのコツを少しだけ、ご紹介いたします。



1.ベースメイクに手を抜かない

ずぅ @xxizumiiixx

ナチュラル色っぽメイクの第一歩にして最も大切な部分です。

自然なメイクはカラーを多用しない分、どうしても肌の質感や美しさが際立ってしまいます。


時間が経っても美肌を維持するためには、まずは保湿。

スキンケアを重点的に行う事はもちろんの事、化粧下地やファンデーションも保湿力が高い物をチョイスしましょう。


この条件を満たすものであれば、クリームファンデーションがオススメ。

保湿・カバー力共に他のファンデーションと比べて、ずば抜けています。

しかも、リキッドファンデーションほど重たくないため、薄付きでふんわりとした自然な仕上がりにしてくれるんです。


毛穴もくすみもしっかりカバー。

ちょっと油分が多すぎるなと思った場合は、最後にフェイスパウダーを軽くつけておきましょう。

テカリ防止にもなります。



2.アイメイクは柔らかく、きちんと感のある目元に

mari @mco.12

ナチュラルメイクはアイメイクをしない訳ではありません。

ブラウン系やほんのり薄いピンク系のアイシャドウで、少し手の込んだアイメイクが色っぽメイクにおける第二の秘訣です。


まず、面倒がらずにアイシャドウベースを使う事。

これはアイシャドウの発色をキレイに出し、長持ちさせてくれますし、まぶたのくすみをとってくれる効果も大。


次にカラー。

基本的には深みのあるブラウンが鉄板ですが、ピンクやオレンジ系のアイシャドウもナチュラルメイクには効果的。「肌や血色に近いカラーを選ぶ」と覚えておけば間違いありません。


後はメーカーのガイドラインにできるだけ沿って使っていくと、モデル使用のアイメイクに近づくため、大きな失敗をしなくて済みます。

外すなら微調整程度に。



3.リップは「立体感」がキモ。リップブラシを使おう

ずぅ @xxizumiiixx

メイクで一番色っぽさを出せるのがリップ。

ツヤのある、ふっくらした唇が理想的ですね。


リップブラシを使って中央部分や口角にも少し多めに乗せると色っぽさ抜群。

上唇のM字部分をベージュのリップライナーで敢えて消すとぽってりした印象になります。

まさに「キスしたくなる唇」に♡


ちょっと勇気がいりますが、唇よりちょっと多めにリップラインを取りましょう。

リップを塗る前に、乾燥対策をするのも忘れずに。

リップベースやリップバームで潤い保持!


ナチュラルだからこそ、手抜きは×。パーツに時間をかけて


ta2tatsu @ta2tatsu

実は、カラーを使ったメイクの方が「時短」には繋がります。

華やかな色を使った方がそれほどメイクのアラが見えないからです。


しかし、ナチュラルメイクは自然でありながら彫りが深く、印象的なフェイスになる事で垢抜けた、男性がドキッとするような色気を醸し出すメイク法。

誤魔化しがきかない分、やはり細部まで手をかける必要があります。

細部まで手の込んだメイクは、まさに完成された女性の自然な美しさ。

そのためには、細々とした部分にも注意を払う必要があるんですね。



是非この機会にご自分のメイクテクニックを見直していただき、「垢抜け色っぽメイク」を目指してみてはいかがでしょうか?

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking