思わず触りたくなる♡赤ちゃんみたいなマシュマロ尻の作り方

自分のお尻をしっかり観察したことがありますか?日本人女性は、お尻のケアをしていないという方が多いですが、実はお尻は特にケアが必要な部分です。海外の女性のなかには胸よりもお尻のケアに力を入れている人も大勢います。そこで今回は、まるで赤ちゃんみたいなマシュマロ尻を作るために日常でできる方法をご紹介します♪

 マシュマロ尻の条件


Reika/stock.adobe.com

お尻はあなたの後ろ姿の印象を決定付けるとても重要な部分です。

お尻が平べったくだらしないのか、丸くてハリがあるのかによって、その印象には雲泥の差があります。

マシュマロ尻は、柔らかいですが垂れない程度に適度な弾力があります。

また、体にフィットするパンツスタイルでもお尻がキュッと上を向いた状態をキープすることができます。

そして、実際にお尻を触ってみても、すべすべしていて赤ちゃんのお肌のような気持ちよさを感じられます。


つまりマシュマロ尻になるためには、お尻について「柔らかくする」「引き締める」「すべすべにする」の3つを実現する必要があります。

それでは、これからこの3つを実現する方法を見ていきましょう♡


 柔らかくするために


Kanon @cosmeholic___

お尻は柔らかいに決まっていると思っていませんか?

お尻は体全体を支えている部分ですので、かなりの負担がかかっています。

そのため、実際に触ってみると意外と固くなっていたということもよくあります。

お尻に限ったことではありませんが、長時間同じ姿勢でいると体の一部に過度な負担がかかり、体型に悪影響を及ぼします。

仕事や勉強で座りっぱなしになることが多い方は、意識的に1時間に一度休憩をとりましょう。


また、お風呂あがりには必ずストレッチをしたり、お尻をもみほぐしたりして、お尻の凝りをリセットすることを心がけてください。


 引き締めるために


kumonhironori @kumonhironori

普段あまり運動をする機会がない方は、日常でお尻の筋肉を使っていると実感することはほとんどないのではないでしょうか?

しかし、お尻を引き締めるためにはもちろんお尻の筋肉を鍛えることが必要不可欠です。

電車などで立っているときはお尻の穴をキュッと引き締めるようにしましょう。

また、階段を登るときは、爪先だけでなく足の裏全体で階段を踏むようにすると、お尻に力が入って自然とお尻が鍛えられます。


 すべすべにするために


shoko @shoko_chocolat0923

お尻を触ると表面がザラザラしている部分はありませんか?

その原因は、主に下着による摩擦です。

すでにできてしまったザラザラを取り除くためにはお肌のピーリングがおすすめです。

お顔ケアに使っているものでも構いませんので、お風呂タイムに優しくお尻の角質ケアを行ってください。

そのあとは化粧水などでしっかり保湿することも忘れないようにしましょう。


また、なるべくお尻を締め付け過ぎたり、ゴシゴシこすってしまったりしないように心がけましょう。


 マシュマロ尻を目指して♡


kumonhironori @kumonhironori

ダイエットなど体型を変える努力をするときは、はじめに目標とする姿を設定すると効果的です。

それと同じように、マシュマロ尻を目指す上でも自分が目標とするマシュマロ尻を常に思い浮かべておきましょう。

たとえば、お尻が綺麗な芸能人と言えば小嶋陽菜さんが有名です。

水着姿など様々な写真のなかから、「自分もこうなりたい!」というものを見つけたらそれをスマホの待受画面に設定するのもおすすめです♡

いつでも理想の姿が目に入るようにしておきましょう。



すべすべで柔らかい、まるで赤ちゃんみたいなマシュマロ尻は誰でも努力次第で作ることができます。

後ろ姿というものは自分ではあまり目にすることが少ないですが、まわりの人からは正面以上によく見られている部分です。

すぐに効果を出すことはなかなか難しいですが、毎日少しずつお尻ケアを取り入れて、お尻美人を目指しましょう♡

Writer : 美季 さん
休日は美容や体のメンテナンスに力を注ぐ26歳OLです。ただいまライター修行中。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking