気温の急変はお肌にも影響!秋の肌トラブルにならないために新陳代謝を活性化しよう♪

季節の変わり目は気温の変化が激しく、風邪などの体調不良だけではなく肌トラブルを起こしてしまう方も少なくはないはず。 自覚がなくても、実はその肌トラブル気温の変化のせいかもしれません。 どのような症状があるのか?また、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化させることで何故肌トラブルが起きにくくなるのかを説明していきます。

乾燥



秋は段々と気温が低くなり空気が乾燥してきます。

冷房や暖房が効いている室内に居る方は特に肌も乾燥してしまいます。


肌の乾燥予防としては加湿器やミスト状化粧水などで肌に水分を与えてあげることが第一です。

唇も乾燥しやすいので、リップケアもお忘れなく。


バリア機能の低下



体質によっては、自律神経が乱れ体調を崩してしまう方も居ます。

夏から秋にかけての季節の変わり目は、暑い日と寒い日の差が激しく気温差に体がついていけなくなり内臓機能も低下してしまいます。


自律神経の乱れや内臓機能の低下により、体と肌のバリア機能が低下してしまいます。

季節性のめまいや頭痛などの体の異変や、ニキビやかゆみなどを始めとする肌トラブルが起きてきます。


では、どうすれば秋の肌トラブルを緩和出来るのでしょうか?

着目するのは、肌の新陳代謝です。


肌の新陳代謝を上げるためには?



 

新陳代謝と言うと、体のイメージが強いかと思いますが肌も新陳代謝を行っています。

いわゆるターンオーバーのことで、約28日周期で古くなった表皮や角質が自然と剥がれ落ちていきます。


しかし、季節の変わり目は肌の新陳代謝サイクルが崩れやすく先述したように乾燥やバリア機能が低下してしまいます。


肌の新陳代謝を活性化させるには、「保湿」と「栄養」が大きなポイントです。


保湿をしっかり行う



普段からしっかり保湿を行っているという方も、夏から秋への季節の変わり目は注意が必要です。

まずは日々のスキンケアから見直していきましょう。


クレンジングは、肌に優しく保湿も兼ねているミルクタイプかクリームタイプをおすすめします。

オイルクレンジングはしっかりメイクを落とすことが出来ますが、肌質によってはクレンジング後につっぱり感が生じてしまいます。


肌に必要な皮脂まで奪ってしまう事が原因で、乾燥を招いてしまうことも。


洗顔料と化粧水はしっとりタイプのものをチョイスしましょう。

乾燥しやすい秋にさっぱりタイプはあまりおすすめ出来ません。


肌に水分を与え、水分を逃がさないためにも美容液、乳液、クリームもたっぷり使用しましょう。

目もとの乾燥やエイジングが気になる方はアイクリームも併用すると尚良いです。


「面倒だから」とオールインワンタイプのものを使用したり、化粧水→クリームなどステップを飛ばしすぎると肌に充分な美容成分が浸透せず効果的なスキンケアになりません。


ナイトタイムのスキンケアだけではなく、朝のメイク前もしっかりとスキンケアを行うことが大切です。

スキンケアを終えて最低でも3分待ってからメイクを始めましょう。

肌に浸透していないままメイクを始めると化粧崩れの原因になります。



新陳代謝を促す栄養素を摂取する



秋の肌トラブル回避のためには外からのケアだけではなく、体の内側からのケアも大切です。

肌の新陳代謝を促す栄養素は、タンパク質とビタミン類です。


タンパク質は肌だけではなく髪や内臓など、体全てにおいて必要な栄養素なので積極的に摂取しましょう。

豆乳や味噌など大豆食品の植物性タンパク質をおすすめします。


ソイプロテインを飲んでも良いですね。


ビタミンは果物に多く含まれていますが、でカロリーが気になる場合はサプリメントを摂取してみましょう。


栄養補助食品を日常に取り入れれば、1日に必要な栄養素をバランスよく摂取することが出来ます。

栄養バランスが良い=体の健康にも繋がります。



秋の肌トラブルは、空気の乾燥などの外部的な要因と自律神経の乱れなど内部的な要因が大きく影響しています。

季節の変わり目に負けない肌を作るには、しっかり保湿をすることと栄養をしっかり摂取することが重要です。


秋だけではなく、どの季節の変わり目でもほぼ同じことがいえます。

つまり、今回説明した事を日々継続して行っていればゆらぎ肌・季節の肌トラブルが生じにくくなるということです!


肌トラブルに悩む事がないよう気をつけて生活していきましょう!

関連記事

Writer : めいたそ さん
美容・健康マニアの20代です♪ 最新の美容情報から基礎知識まで分かりやすくお伝えしていきます☆ :)メイクアップ技術検定所持

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

--