意外と間違っている人が多い!?正しい歯の磨き方とおすすめケア☆

日本ではあまり重要視されていませんが、「歯の状態」が第一印象を大きく左右することをご存知ですか? たとえ髪型やメイクが完璧でも、歯が汚れて黄ばんでいたり、磨き残しのせいで口臭がしていたら印象は最悪。自分では気にしていなくても、人は意外と口元を見ているものなのです。 いざ歯列矯正をするとなると大変ですが、日々の正しいオーラルケアで歯の印象を良くすることはできます!正しい歯の磨き方やケア方法をおさらいしておきましょう♪

要チェック!正しい歯の磨き方


岩切 祐樹 @no.8_yuki

正しい歯ブラシの当て方は「横」、歯ブラシの毛先が歯の面にきちんと当たった状態です。磨く方向は「前後」。5~10mm程度の幅で、1~2本の歯に毛先を当てるようにできるだけ小刻みに動かします。一カ所につき30回程度が目安です。


150~200g程度の軽い力で動かすのもポイント。歯ブラシの毛先がすぐに広がってしまうという方はちょっと強すぎるかもしれません。なるべく優しい力で動かすようにしましょう。


歯の面を丁寧に磨くことで、歯と歯の間と歯と歯茎の間に溜まっていく歯垢をかき出すことができます。歯ブラシを歯茎に当ててゴシゴシこすってしまうと徐々に歯茎が下がり、知覚過敏を引き起こすので注意が必要です。


でこぼこした歯並びの部分も、一本一本丁寧に磨きます。この時正しい歯ブラシの当て方は「縦」。磨く方向は「上下」です。奥歯に背の低い歯がある場合も、斜め横から細かく動かして磨きます。


また前歯の裏側は意外と磨き残しが多く、歯石が付きやすい場所です。細かい部分ですが歯ブラシを立たせてブラシの角を使って丁寧に磨きましょう。歯ブラシが届きにくい部分にもしっかり気を配ることで、口臭や着色を防ぐことができますよ♡


歯ブラシ選びのポイント


@ma_____k0

正しい歯磨きができていても、毛先の開いた歯ブラシでは効果が半減します。雑菌の繁殖を防ぐためにも、月に1度のペースで交換するように心がけましょう。


市販されている歯ブラシの中には毛先がギザギザにカットされた物もたくさんありますが、歯ブラシは動かして使うので平らにカットされた物の方が歯の「面」をしっかり磨くことができます。歯ブラシの届きにくい奥歯までしっかりと磨けるよう、なるべく小さいヘッドの物を選ぶようにしましょう。


毛の硬さも「かため」「ふつう」「やわらかめ」など様々な種類が販売されています。「やわらかめ」だと毛先が寝やすくなり、「かため」だと歯茎を傷つけやすいので、特別な事情のない方は「ふつう」を選ぶのがおすすめです。


使ってる?デンタルフロス


Africa Studio/Shutterstock.com

実は、歯ブラシでのブラッシングだけでは歯と歯の間の汚れは落としきれません。その歯垢除去率はたったの6割程度だと言われています。ちゃんと磨けていると思っていても、4割の食べカスや歯垢が残ったままになって、口臭を発生させたり虫歯を作ってしまうのです。


歯磨きの仕上げとして絶対おすすめなのが「デンタルフロス」。歯ブラシにプラスするだけで、歯垢除去率が8割程度にまでアップすると言われているんです!


使い方が難しいイメージですが、昔からある糸ようじのような使いやすい形状のものも売られています。毎日使用することで歯と歯の間の歯垢をしっかりとかき出すことができ、口臭や虫歯の予防にも繋がります。

あまり一般的ではありませんが、歯科関係者の間や欧米などのオーラルケア先進国では当たり前のように使われているアイテムです。将来のお口の健康のためにも、ぜひ取り入れてみてください♪


ホワイトニングペーストで白い歯に♡


Kanon @cosmeholic___

美しく白い歯のために、ホワイトニング効果のある歯磨き粉選びにもこだわりたいですよね♡

ホワイトニング歯磨きは様々な種類が発売されていますが、なかでもおすすめなのは「スマイルコスメティック ホワイトニングペースト」。歯磨き粉では珍しい、ポンプ型のペーストです!


このペーストの特徴は、「イオンクレンジング成分」が働きかけ、歯の表面に蓄積したくすみを落としやすくしてること。新発想の美白ケアで、歯を白くつるつるにしてくれます。また、舌のひだに溜まった汚れ・舌苔(ぜったい)を浮かせて落としやすくする効果のある「ホワイトパウダー」も配合されています。舌苔は口臭の原因になるので、歯の美白ケアだけでなく口臭までケアしてくれるんですよ♪



歯は見た目の美しさだけでなく将来の健康をも左右する、とっても大切な器官です。

正しいケアで健康で美しい歯を目指しましょう♡

Writer : すえひろ さん
かわいいものに目がないライターです♡ 素敵な大人をめざし、内面も外見も磨きたいです!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking