定番から話題のヘアアレンジまで♡26mmコテでできるカールアレンジ3選

普段ヘアアレンジはどのようにしていますか。 ストレートヘアのままヘアアレンジをするのも良いですが、コテで髪の毛を巻いてからヘアアレンジをすることでヘアアレンジの幅が広がります。 今回は、特に所持率の高い26mmコテを使用した巻き髪の作り方から、ヘアアレンジまでご紹介していきます。 今のヘアデザインに飽きた方必見です。

アレンジをする前に!基本のコテの使い方



まずは、最初に動画をみて基本のコテを使用した巻き髪をつくってみましょう。


ヘアアレンジをする前に26mmコテで髪の毛全体を巻いてからアレンジをします。

巻き髪がうまくつくれない!という場合におすすめなのが26mmコテです!

こちらを使用した基本の巻き方が上の動画になるので、チェックしてみてください♪


巻き髪が取れやすい場合には、あらかじめ巻き髪用のヘアローションやヘアスプレーを使用すると良いですよ!


話題のぐる巻きヘア



出典:ryuu.i @ryuu.i


今話題のぐる巻きヘアとは、まるで外国人のようなカーリーヘアです。

2017年の秋冬コレクションでも、見られたヘアスタイルでボリューム感のある毛先までしっかりと巻いたスタイルはこの季節に注目度大のヘアスタイルです。


顔回りは内巻き、その他は外巻きメインにしていくと良いでしょう。

また、細いコテだとひと昔前風になってしまうので、ある程度太さのある26mmコテを使用すると今時風のぐる巻きがつくれます。


出典:ryuu.i @ryuu.i


暗めカラーリングの場合にもカールをしっかりとつけることでボリューム感がでて、簡単に今時風のぐる巻きヘアが完成します。


柔らかさと女性らしさを出せるウェーブへア



出典:nosekoji @nosekoji


ウェーブヘアとは、まさに波のように髪の毛が巻かれているスタイルのことです。

ウェーブヘアのつくりかたは、26mmコテを髪の根本に挟んだら巻きつけず、そのままできたウェーブの下に今度は逆方向にコテを挟んでという具合に交互にコテを挟んでいくことで綺麗な波をつくることができるんです。


特にウェーブは細かすぎるとカジュアルになりすぎるのですが、26mmコテを使用すると、細かすぎず、太すぎずの丁度良いゆるふわウェーブヘアがつくれます。


出典:石川 結里加 @yurika_agora


ボブヘアなどのミディアムヘアでもウェーブヘアはつくれます。

ガーリーな雰囲気やカジュアルなファッションの時に似合いますね。


なんだか気になるワカメ巻き



出典:Tomoyo Kitamura @tmy_o3.pugmi


ワカメ巻きというとなんだかウェットでくねくねしたものをイメージしてしまうのですが、最近流行っているわかめヘアとは、外国人風のゆるいウェーブヘアのことで見た目がわかめに見えることからこの名前がつけられているそうです。

ワカメ巻きの作り方は、毛先から26mmコテを挟み、ぐるぐるとコテに髪の毛をまきつけていきます。

そして、コテに巻いた髪の毛をねじりながら下に引っ張ると簡単にワカメ巻きの完成です。

ワカメ巻きの場合には、ダウンスタイルよりもこのヘアスタイルのようなハーフアップなどのヘアアレンジを施すとより、綺麗に簡単に手の込んだ風ヘアスタイルが完成しますよ。


出典:Tomoyo Kitamura @tmy_o3.pugmi


26mmコテを使用してワカメ巻きをつくると、カールがつきやすいメリットがありますが、ある程度ミディアム以上の長さがあった方がワカメ巻きは綺麗に見えます。

また、このスタイルのように黒髪でも軽く柔らかい印象にすることができるのもワカメ巻きの特徴です。



いかがでしたか?

巻き方1つで印象やスタイルもぐんと変わっていきます。

今話題の、ぐる巻き、ウェーブヘア、ワカメ巻きを取り入れて、いい女風を目指してみませんか。

Writer : hawaii62 さん
元エステティシャンの主婦です

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking