女性は避けれない!生理中でも快適に過ごすために工夫したいコト5選

女性であれば、誰もが毎月のように経験する「生理」ですが、生理になると蒸れたり経血の匂いなどで、不快指数が急上昇してしまいます。これが毎月くるんですから、大変ですよね。 生理は不快だから仕方がないと諦めているかもしれませんが、ちょっと工夫することで快適な生理期間を過ごすことができるんです♡今回、生理中に快適に過ごせるための工夫を紹介していくので、生理期間中の不快さで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください!

生理の期間中は不快指数が急上昇!



出典:Borysevych.com/Shutterstock.com


生理が来ると、経血が出始めます。

この経血が不快指数を上げる原因となっています。


生理中の不快な症状としては、


・ナプキンを付けていても経血が漏れた

・経血の漏れが心配で出かけれない

・ナプキンが蒸れたりかぶれをを起こしてしまう

・経血の匂いが気になってしまう


というようなことが挙げられますが、これからが生理中の女性を不快にさせているのです。

他にも、下腹や腰が痛くなったり、気分が落ちてしまうなどなど、生理中はとにかく不快なことが多いのです。


ちょっとした工夫でグッと快適になる♡



出典:Paisit Teeraphatsakool/Shutterstock.com


そんな不快な生理ですが、何もせずただナプキンを付けているだけでは、もちろん不快さは無くなってくれません!

これから紹介していく方法を試してみることで、生理中の不快さを改善し、快適に過ごすことができるようになります。


「どうせ、生理だから仕方ない」なんて諦めてしまわないで、生理を快適に過ごすための工夫を試してみて欲しいと思います♪


生理中でも快適に過ごすための工夫



出典:Kunlanan Yarist/Shutterstock.com


では、生理を快適に過ごすための工夫を紹介していきます!


★2枚重ねのナプキン


生理になると、ナプキンを使ってる女性が一番多いと思います。

そんなナプキンですが、安くで手に入るし、誰でも簡単に使うことが出来るというメリットがあります。

ですが、こまめに交換しないと蒸れたりかぶれたり、経血が漏れてしまうというデメリットがあります。


これから紹介するタンポンや月経カップなど、他の方法が怖くてできないという人は、ナプキンの2枚重ねをしてみましょう♪

経血が多い日用の大き目のナプキンを、ショーツに前後に並べてつけることで、経血の漏れを防ぐことが出来ます。



★タンポンを使ってみる


ナプキンでは、蒸れや経血の漏れが気になってしまう!という人は、タンポンを使ってみましょう♪

タンポンは、脱脂綿を圧縮したものが容器に詰められていて、タンポンを膣に入れると、中に入っている脱脂綿が経血を吸収してくれるという仕組みになっています。


タンポンのメリットは、ナプキンのように蒸れたりかぶれることが無いということです。

また、タンポンはナプキンほど経血の漏れの心配がないし、タンポンを付けていればお風呂やプールに入ることができます。

さらに、生理の気になる経血の匂いが軽減されるのもメリットです。


デメリットしては、慣れていない人だと使うのが難しかったり、膣に挿入する時に痛みや違和感を感じる人もいるということです。

また、タンポンを長時間膣に入れていると、雑菌が繁殖してしまったり、ショック症状を起こすこともあるというデメリットもあります。

タンポンは完全に経血を吸収してくれるのではなく、もちろん経血が漏れてくることがあるということは頭に入れて置きましょう。

思わぬ経血の漏れを防ぐためにも、タンポンとナプキンを併用してつけるといいですね。



★月経カップを使ってみる


日本では、まだ普及が進んでいませんが、月経カップというアイテムを使う方法があります。

この月経カップのメリットは、最長12時間までと長い時間使用し経血を溜めることができるということがあります。

また、ナプキンのような蒸れやかぶれが無いし、タンポンのようにショック症状を起こすことがありません。

経血の匂いもほとんどしなくなるし、一度購入すれば、洗えば何度でも使うことが出来ます。


月経カップのデメリットとしては、粗悪な月経カップを選んでしまうと健康面で問題が出てしまうことや、上手く使いこなせない人がいるということです。

また、出し入れする時に経血で手が汚れてしまうので、洗面所が無いトイレでは使いにくいというデメリットがあります。月経カップの使い方は、


①体の力を抜く

②中腰になる

③月経カップを折りたたみ、膣にいれる

④月経カップが膣に入ったらゆっくり指を離す


です。

月経カップを入れる正しい位置としては、「膣に人差し指を第一関節まで入れたときの指先の位置に、月経カップの先の方が来るくらい」です。



★お腹が痛い時は温めよう


生理になると、下腹や腰が重くなったり痛くなる女性がいます。

そんな時には、お腹を温めてあげることで痛みが和らぐことがあります。

ホッカイロで温めてみたり、腹巻を巻いて、お腹を冷やさず温めてみてくださいね♪



★食生活もちょっと意識してみよう


食生活が乱れていると、生理中の不快な症状が出やすくなると言われています。

なので、脂肪分・糖分・塩分・カフェインの多い食事は控えるようにしてください!

また、スナック菓子やお酒・刺激物も生理中は控えることがポイントです。

生理中は、貧血気味になる女性もいるので、鉄分を多く含む食事を意識してとりましょう!



生理期間を快適に過ごす工夫について、いかがでしたか?

実はナプキン以外にも経血を吸収する方法はあったんです!

ナプキンの経血漏れや蒸れなどが気になる人は、月経カップを試してみるとか、いままで食事に気を使っていなかったという人は、ちょっと意識して改善してみてくださいね♡

毎月来る生理ですから、上手く付き合っていきましょう!

Writer : pain さん
美容、ダイエット、筋トレ、料理、お洒落に興味があるアラサー独身女です♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking