あなたは大丈夫?おブスな座り姿勢がもたらす怖いデメリット6つ

椅子に座っていることが多いあなた、座り姿勢がおブスになっていませんか?特にオフィスで働いていたり、学校に通っている人だと、一日の大半を椅子に座って過ごしているのではないかと思います。 そんな時に、座り姿勢がおブスになっていると、体に様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。今回、椅子に座っている時の「おブスな座り姿勢がもたらす怖いデメリット」について、詳しく説明するので、自分の座り姿勢を見直してみてくださいね。

おブスな座り姿勢ってどんな姿勢?



出典:Andrey_Popov/Shutterstock.com


そもそも、「おブスな座り姿勢」って一体どんな座り方なのでしょうか?体にデメリットをもたらしてしまう、おブスな座り姿勢というのは


①猫背になっている

②背もたれに寄りかかっている

③机に頬杖をついて座っている

④足を組んで座る


というような座り姿勢のことを言います。このような座り方をしている人は、かなり多いのではないかと思います。筆者も、仕事中は座って仕事をすることが多いのですが、猫背になっていたり背もたれに寄りかかっていたり、足を組んで座っていることがほとんどだということに気が付きました。


では、このようなおブスな座り姿勢がどんなデメリットをもたらすのかチェックしていきましょう!


おブスな座り姿勢がもたらす怖いデメリットとは



出典:Andrey_Popov/Shutterstock.com


先ほど紹介した「おブスな座り姿勢」は次のようなデメリットをもたらします。


①顔がたるむ
②ほうれい線やしわが増える
③骨盤が歪む
④顔が歪む
⑤下半身が太る
⑥お腹の脂肪がつきやすくなる


このように、おブスな姿勢は色々なデメリットをもたらしますが、上で紹介した「おブスな座り姿勢」が、どうやってこのデメリットを引き起こしているのか見ていきましょう。



★猫背になっている


座っている時に猫背になっていると、重心が顔より下にいってしまうので、顔のたるみの原因となります。

また、猫背の人は腹筋を使えていないので、お腹に脂肪がつきやすくなるというデメリットもあります。さらに猫背は、腰や首にも負担がかかります。



★背もたれに寄りかかっている


椅子の背もたれに寄りかかると、すっごく楽ですよね!でも、楽であっても腹筋・背筋・お尻の筋肉が鍛えられず、お腹や下半身太りの原因となります。また、背もたれに寄りかかって座ると、骨盤の歪みにも繋がるようです。



★机に頬杖をついて座っている


座っている時に、机に頬杖をつくのが癖になってしまっている人も多いと思います。頬杖をつくことで、顔が歪んでしまったり、歯並びが悪くなってしまいます。また、顔にほうれい線やシワができやすくなり、美容面でもデメリットが多いのです!



★足を組んで座る


足を組んで座ると、足や腰が楽になるような感覚がありますが、それは違います。むしろ、足を組んで座ることで骨盤が歪み、腰痛やヘルニアなどの合併症を起こしてしまうことがあります!足を組むことは、実は顔の歪みの原因ともなり、ほうれい線やシワができやすくなります。


このように、座り姿勢がおブスになっている人は、体や美容面で色々なデメリットがでてくるのです!おブスな座り姿勢に当てはまった人は、さっそく今日からでも姿勢を正してみましょう♪


座り姿も綺麗に♡正しい椅子の座り方



出典:Africa Studio/Shutterstock.com


では、おブスな座り姿勢にならない「綺麗な座り姿勢」について紹介していきます。椅子に座る時、綺麗な座り姿勢をとるポイントは


①お尻がイスの背もたれにつくように深く座る。ただし背中は背もたれにはつかないようにする
②お腹を引っ込める
③あごを引く
④背筋を伸ばす
⑤膝の頭がお尻と平行になるようにする
⑥足の裏全体を床につける


ということです。



おブスな座り姿勢について、いかがでしたか?あなたは知らないうちにおブスな座り姿勢になっていませんでしたか?おブスな座り姿勢には、様々なデメリットがありますが、姿勢を意識することで改善することが出来ます。今回の記事を参考に、自分の座り姿勢を改善してみてくださいね!

Writer : pain さん
美容、ダイエット、筋トレ、料理、お洒落に興味があるアラサー独身女です♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking