プレゼントや自分へのご褒美にも♡おすすめのブランドネイルポリッシュ6選

ネイルは女性らしさを強調できる重要なポイントです。特に自分がお気に入りの色やツヤを演出できるネイルがあれば、つけるだけで幸せな気持ちになります♡人気のブランドでは、そんな女性の願いを叶えてくれる素敵なネイルがたくさん販売されています。 今回は自分へのご褒美や友達へのちょっとしたプレゼントで購入するのにおすすめブランドのネイルポリッシュを紹介していきます。きっとそれぞれの好みのネイルポリッシュが見つかるはずなので、興味があるブランドがあればチェックしておきましょう。

シャネルのヴェルニ


<商品>

シャネル ヴェルニ ロング トゥニュ /3,200円(税抜)


女性なら憧れるブランドであるシャネル。

フランスの高級ブランドとして有名で、ネイルも人気があります。


シャネルのネイルブランドであるヴェルニでは、30種類以上のカラーバリエーションがあるので、好きな色合いやツヤを見つけることができます。

爪を保護しながらも、鮮やかな色合いを醸し出してくれるので、どんな場面でも映えます。


大切な時間を過ごす時、日常的にも気持ちを上げたい時など、特別な時に使いたいネイルの一つです。

一つでも持っていると、きっと幸せな気持ちを味わえることができるでしょう。


アディクションのザネイルポリッシュ


<商品>

アディクション ザ ネイルポリッシュ /1,800円(税抜)


年齢を問わずに多くの方に愛されているブランド。

カラーバリエーションは50種類以上もあり、自分の好きな色合いを買い求めることができます。

派手な印象はなく、職場につける方も多いほど自然な色合いが人気の秘密です。


塗り心地もよく、発色や光沢があるのが特徴。

大人っぽいカラーもたくさん揃えられているので、様々な状況にも適応できるのも魅力の一つです。

誕生日のプレゼントでも好まれて購入されているので、大切な人への贈り物としても活用できるでしょう。


ジルスチュアートのネイルラッカー


<商品>

ジルスチュアート ネイルラッカー R /1,500円(税抜)


女性に向けた可愛らしいコスメを販売するというコンセプトで開発されたジルスチュアートのネイル。

色鮮やかなカラーバリエーションが多く、フレッシュな印象を与えてくれます。


みずみずしい塗り心地で、なめらかに広がるのでムラなく仕上げることが可能です。

香りも豊かでローズマリーやラベンダーなど、幅が広りも特徴です。

女性らしさを上げてくれるネイルとして評価も高いので、一度試してみる価値はあるでしょう。


ディオールのヴェルニ


<商品>

ディオール ヴェルニ /3,000円(税抜)


上品でエレガントなイメージと雰囲気を持っているディオール。

ネイルを一つ持っているだけでも幸せな気持ちにしてくれるので、贅沢したい時には特におすすめのブランドネイルです。


ツヤと光沢に定評があり、つけるだけでゴージャスな雰囲気を演出してくれます。

大人なカラーバリエーションが多いので、大切な思い出の時にはピッタリのネイルデザインに仕上げることができます。


ukaのカラーベースコート


<商品>

uka カラーベースコート /2,200円(税抜)


2017年に多数のベストコスメを受賞したukaのカラーベースコート。

ukaといえば、時間の名前がついたネイルオイルが有名ですよね。


こちらのカラーベースコートは定番色がたった8色しかありません。

しかし、その色たちは重ねることで80色ものカラーを作ることが可能です。

公式サイトにカラーレシピがあるので、ぜひご覧になって下さい。


OPIのネイルラッカー


<商品>

OPI ネイルラッカー /1,500円(税抜)


プロの御用達で有名なネイルブランド。

発色がよく光沢もしっかり出ているので、贅沢な雰囲気を味わえることができます。

カラーバリエーションも豊富なので、自分の好みのカラーを選択できる魅力があります。


速乾性があり、急いでいる時でもしっかり塗りこむことができます。

ご褒美として購入するのもいいですし、プレゼントとしても好まれて選ばれている商品です。



いかがでしょうか?女性にとってネイルは、オシャレを作る上では重要な要素となるものです。

頑張っている自分へのたまのご褒美に、オシャレなネイルを買えば、気分は最高にいいでしょう♪

様々なブランドがありますが、自分に合ったカラーやツヤというのはあるはずです。

見極めて自分好みのブランドを見つけていきましょう。

関連記事

Writer : よっしーー! さん
美容や健康に興味がある20代です♪
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking