痩せにくくなってくるお年頃。30代女性に最適なダイエット法とは

10代20代の頃は、少し太ってしまっても簡単に痩せることができたのに、アラサーになると同じように頑張ってもなかなか痩せられない… そんな経験、ありませんか? 今回は、痩せにくくなってしまっているアラサーの方たちに、最適なダイエット方法をご紹介させて頂きたいと思います♪

痩せにくくなってくるお年頃。30代女性に最適なダイエット法とは


 

出典:paylessimages /stock.adobe.com

 

アラサーになると、落ちにくくなってくる脂肪…

いったい何が原因になっているのでしょうか?

原因を突き止めれば、最適なダイエット方法が見つかるはずですよ♪

 

 

・代謝が落ちた身体…

 

新陳代謝が活発な10代20代は、少しカロリーを取り過ぎてしまっても、しっかりエネルギーを消費しているので、太りにくく、そして痩せやすくなっています。

でも、30代40代と年齢が進んでいくにつれて、だんだんと代謝が落ちていってしまいます。

 

これは、身体にある筋肉量が減ってしまったり、ライフスタイルの変化によって生活全体の活動量が減ってしまったり、また女性の場合は妊娠・出産の影響などがあると考えられます。

筋肉の量が減ってしまうと、脂肪をたくさん燃焼させることができなくなってしまい、また生活全体の活動量が減るということはカロリーの消費量も減るということなので、若い頃と同じようにカロリーを摂取してしまうと、どんどん太ってしまうことになるのです。

 

おすすめのダイエット方法は?


 

出典:Monet /stock.adobe.com

 

だんだんと痩せにくくなってくる30代…

ちょっと残念ですが、若い子たちと同じダイエットでは、効果が出にくいのが現実です…。

では、どんなダイエットなら効果があるのでしょうか?

 

 

・筋トレが効く!

 

先程お話したように、30代を過ぎると筋肉量が少なくなっていきます。

ですから、筋トレをして筋肉をつけてあげればいいというわけです♪

効率よく筋肉をつけるには、面積の大きな筋肉を鍛えることがポイントです。大腿四頭筋(太ももにある筋肉)、大胸筋、腹筋、背筋を鍛えるトレーニングをすると筋力を大幅UPすることができます。

毎日筋トレをして代謝UPを目指しましょう♪

 

 

・ジョギングをする!

 

筋トレをしてしっかりと筋肉をつけて基礎代謝をUPさせたら、ジョギングやウォーキング、水泳、サイクリングなどの有酸素運動をしてみましょう。

 

有酸素運動とは、体内に取り込んだ酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出します。

負荷は軽度または中程度なので、長い時間の継続が可能なのが特徴です。

運動を始めると体は血中の糖質をエネルギーとして使用し、不足すると肝臓や筋肉に蓄えられている糖質、そしてその後脂肪をエネルギー源として使用します。

そのため、有酸素運動はだいたい20分以上継続すると良いでしょう。20分後からは、続ければ続けるだけ体脂肪は燃焼されます。

 

有酸素運動は、少し汗ばむ程度の状態が最適です。

まずは、無理なく続けられる程度の運動から始めてみてください。

有酸素運動では下半身の大きな筋肉を使うため、血行が良くなり、むくみ解消、お肌もキレイになっちゃいますよ♪

 

 

・食べる順番をチェック!

 

ただ食事量を減らすだけでは、あまり効果がありません。

何を食べるかということとどのように食べるかが大切なのです。

まず、食べる順番を気にすることで血糖値の上昇を緩やかにし、太りにくい食事を取ることができます。

味噌汁やスープなど→野菜→肉・魚類→ご飯やパンなどの炭水化物

という順番で食べましょう。

炭水化物は、初めに食べると血糖値が急上昇してしまい、脂肪もつきやすくなるので、必ず最後に食べるようにしましょう。

 

 

・食べるものを見直す!

 

栄養が不足していると、内臓は十分な栄養を摂取できず代謝が鈍りやすくなります。

そこで食生活を見直して、代謝をアップさせてくれるような食べ物を意識して食べるようにします。

 

普段の食生活において、

・野菜や果物をあまり食べない

・甘い物、油っぽいものが好き

・麺類をよく食べる

・コンビニ弁当をよく食べる

・インスタント食品が好き

こういった食事をとっていると栄養が偏っていると考えられます。そうすると内臓に十分な栄養が届かず機能が低下してしまって、基礎代謝が落ちるのです。バランスの良い食生活に変える必要があります。

 

また、体が冷えると内臓の働きも鈍くなって代謝が落ちてしまいます。

次のような体を温める食材を積極的に食べることによって、代謝UPさせましょう。

 

・生姜(生姜オール)

・ネギ(アリシン)

・玉ねぎ(アリシン)

・にんにく(スコルジニン)

・にら(アリシン)

・らっきょう(アリシン)

・唐辛子(カプサイシン)

・かぼちゃやさつまいも(根菜類は体を温める特性がある)

・ゴマ(ビタミンE)

・アーモンド(ビタミンE)

 

それから私たちの体はたんぱく質で作られています。

脂肪を燃やしてくれる筋肉もまた、たんぱく質によって作られています。

たんぱく質を食べることで筋肉量をUPさせ、代謝UPも助けてくれるのです。

肉、魚介類、大豆製品、卵など、特定のたんぱく源に偏らず、いろいろな食品からたんぱく質を摂取するのが理想的です。

 

・よく噛んで食べる! 

 

よく噛んで食べることも代謝UPにつながります。

食べ物は胃腸などの臓器によって消化されるのですが、よく噛まないで飲み込むと消化の負担が大きくなってしまいます。

そうすると内臓に負担がかかって疲れてしまい、代謝が鈍くなります。

よく噛むことで胃腸への負担を軽減し、また噛むことによって分泌される唾液は食べ物の消化や栄養の吸収をスムーズにしてくれます。

さらに、よく噛むことで少ない量でも満腹中枢が刺激される、口の周りの筋トレになるため小顔効果があるなど嬉しい効果ずくめです。

 

一口あたり、30回を目標に噛んでみましょう!

 

 

・ストレスを溜めない!

 

とっても忙しい30代、疲れが抜けなかったり、仕事や子育てで悩み、ストレスを溜めやすい状況にある方が多いですよね。

ストレスをうまく解消できないと、ホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

ホルモンバランスを崩してしまうと、血流が悪くなってしまったり、リンパの流れも悪くなってしまったりと、悪い事ばかり…。

 

身体のめぐりが悪くなると、老廃物の排出がうまくできなくなってしまいます。

また、老廃物が溜まっているとむくみが出てきて、太りやすくなってしまいます。

むくんでいる状態では、ダイエットもうまくいきませんよね。

ですから、ストレスが…と思った時には、ゆっくりお風呂に入ったり、何か自分が好きなことをしたりと、リラックスして過ごすようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

どうしても痩せにくくなってしまう30代…

でも、年齢にあった方法を見つけることで、まだまだキレイになれるチャンスはあります。

この記事を参考に、あなたもぜひ挑戦してみて下さいね♪

 

 

<記事監修者>

 

 

〈菊池亜紀プロフィール〉

幼少期の偏食が原因による貧血、冷え症、便秘症、ニキビ肌に悩んだ経験から、体の内側からキレイになるマクロビオティックや深部温熱型ラジオ波機と出会い、現在は汐留イタリア街にてプライベートスパ『LUCE.パーソナルボディメンテナンス』にて、「美容と健康は食生活と生活習慣から成り立つもの」と、オリジナルメソッドとカウンセリングを重要視したおひとりおひとりに合ったオーダーメイドの施術と食事、ファスティング指導で男女問わずお客様のお悩みを解決している。

 

・KIREI PRO株式会社 代表取締役

・パーソナル ボディメンテナンス 「LUCE.」代表

・ホリスティックリンパマッサージボディセラピスト

・メディカルアロマセラピスト

・プロフェッショナル ファスティング マイスター

・肥満予防健康管理士

・ダイエットアドバイザー


 

〈サロン情報〉

LUCE.

パーソナル ボディ メンテナンス

 

〒105-0021

東京都港区東新橋2-18-3

Tel : 03-5777-2981

Mail : luce.pbm@gmail.com

営業時間10:00~21:00

不定休

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

出典: Y's harmony /stock.adobe.com

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ダイエット > 痩せにくくなってくるお年頃。30代女性に最適なダイエット法とは