ビジューネイルの魅力&パーツの種類

セルフネイルを楽しんでいる人たちを、強力にサポートしてくれる「ビジュー」。ビジューネイルは、キラキラと華やかな見た目と、立体的な存在感が魅力です。ビジューは爪の根元や中央に置いたり、ライン状に並べたり、全体に敷き詰めてゴージャスにしたりなど使い方はさまざま。「

セルフネイルを楽しんでいる人たちを、強力にサポートしてくれる「ビジュー」。ビジューネイルは、キラキラと華やかな見た目と、立体的な存在感が魅力です。ビジューは爪の根元や中央に置いたり、ライン状に並べたり、全体に敷き詰めてゴージャスにしたりなど使い方はさまざま。「たまには目立つネイルがしたい!」「アクリル3Dネイルはハードルが高い!」という方でも、市販のビジューパーツをのせるだけで、立体的なネイルデザインを楽しむことができます。


ビジューの種類


●ジュエリー系

宝石や、アクセサリーをイメージしたビジューパーツです。
ビジューネイルには欠かせない存在で、単体でジュエリーやアクセサリーに見えるような、おしゃれなデザインになっているタイプも多く見られます。
ネットショップはもちろん100円ショップのネイルコーナーなどでも売られており、種類は非常にさまざまです。
 
JunoQuartz×grace

JunoQuartz×grace

 

●パール・ストーン系

普段のネイルでも使う機会の多いパールやストーンパーツ。
特にストーンの方は、カラーや大きさもさまざまです。
ビジューネイルでは、少し大きめのストーンやパールを使うことが多いです。
ジュエリー系のビジューや、ブリオンやホログラムと組み合わせて使うこともできます。

Vカットストーンと呼ばれるストーンは、下の方がV字型にカットされています。
さらなる立体感のあるネイルにすることができ、ビジューネイルで人気が高いです。
 
ネイルサロンメィプル (栃木)

ネイルサロンメィプル (栃木)

 

ビジューを固定するアイテム


Coco Nail Osaka

Coco Nail Osaka

 
セルフでのビジューネイルの場合、どうやってパーツを固定していくかも大きなポイントとなります。
ビジューパーツは通常のストーンと比べて大きいものや、複雑な形をしたものがあります。
通常のパーツはジェルで埋め込むように装着しますが、ビジューの場合は、形や大きさによっては埋め込みでは上手くいかないこともあります。

またジェルによって、せっかくのビジューパーツのキラキラが少なくなることもあります。
このためパーツ固定専用に作られたジェルや、ネイルグルーなどを使うのがおすすめです。

グルーの方は少々扱いづらいですが、ビジューを固定しやすいように作られているジェルもあるので、このようなジェルを選ぶとビジューの固定がしやすくなります。
また、ビジューネイル以外のデザインでも役に立つ機会があるので、1つ持っておいて損はありません。
 
Roca Nail 福島市

Roca Nail 福島市

 

ビジューを使ってゴージャスネイル


Vikey

Vikey

 
ファッションアイテムやアクセサリーなどでもよく見かけるビジューは、ネイルにおいても人気の高いパーツです。
ビジューパーツは、ただごちゃごちゃと乗せればいいというわけではなく、センスのある配置や使い方も重要。
また立体的なパーツであるビジューをしっかり固定しないと、すぐにポロリと取れてしまう恐れがあります。
このため決して初心者向けのデザインと言うわけではありませんが、ある程度セルフネイルになれてきた人であれば挑戦してみる価値はあります。

はじめのうちは、いきなり大きなパーツを大量に盛るようなデザインはさけて、小さめのパーツを少なめに使う程度にするなど、ビジューを控えめにするといいですよ。



Itnail編集部


関連する記事(提供元itnail)


Writer : itnail 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking