【長さ別】いまどき女子大注目!濡れ髪ヘアアレンジ特集

流行に敏感な女子が大注目しているのが「濡れ髪」スタイル。 必要なのはヘアオイルとワックス・ジェルだけという手軽さ。 それに加え、しっとりとした色っぽさや自分らしいセクシーさを演出できると、美容師やヘアスタイリストもこぞって「濡れ髪」スタイルを発表しているんです! 今回はその「濡れ髪」に必要なアイテムと、セクシーで可愛いヘアスタイルを一挙公開! 濡れ髪スタイルをマスターして大人っぽさを手に入れちゃいましょう☆

濡れ髪スタイルに必要なアイテム一覧



まずは一日中「濡れ髪」でいるために、必要なアイテムをご紹介いたします。


洗い流さないタイプのヘアオイル



主に濡れた質感を出すために使用します。
各メーカーから様々なタイプが市販されていますので、お好みでOK。


できればトリートメント効果があるタイプのオイルだと、髪のケアや保護にも繋がりますよ♪


ジェル・ワックス



髪の濡れ感を固定させ、ツヤを出すために使用します。
ジェルとワックスは髪の長さやヘアスタイルでどちらかを選ぶのが効果的。


ジェルは髪同士が強力にくっつくため、部分的に毛束感を出したり、かきあげバンク等のスタイル時にオススメ。


ワックスには繊維が混入しています。

髪のボリュームを調節することができ、ジェルほどの強力差は無いので自分で動きを付けやすく、手直しも簡単です。


自分がどんなヘアスタイルになりたいのか、調べてから購入するのが確実ですね。



上の動画ではヘアオイルとヘアバターでのスタイリングを比較しています!

参考の一つにしてみてください♪


ショートヘア:思い切って「がっつり濡れ髪」



ショートさんなら、全体的に重たくした方がより格好良く、セクシーに仕上がります。
前髪はもちろん、髪全体を「濡れ髪」デザインしてみましょう。


ポイントは、髪の根元にはつけないこと。
濡れ髪はあくまで質感勝負なので、根元にまでオイルとワックスをつけてしまうと逆にボリュームが下がりすぎ「だらしない」印象になってしまいます。


初心者さんは、毛先から徐々につけていくのが無難です。



海外プレスでも披露されていた「濡れ髪オールバック」。
こうして見ると思ったより素敵ですね♡


やり方も簡単♪
単純に前髪を一旦濡らしてオイルを揉み込み、その後ジェルを内側と外側につけたら、一気に前髪をかきあげてオールバック!


サイドの髪は耳にかけたり、ヘアピンで留めても可愛さ抜群です☆


ボブヘア:無造作がカギ!「セミウェット」で遊ぶ



ボブヘアなら全体的に濡らすと重すぎますので、「少し濡れた髪」を表現するセミウェットが一押しです。


髪の長さの半分程度にオイルまたはワックス・ジェルを使う…と意識しておくと上手く整います。
毛先に動きを出すと、髪全体が少なく、軽く見える効果も出てきますよ。



ゆるウェーブがかかっているなら、濡れ髪にすると一層動きが強調されてインパクト大。
セミウェットですので、根元の部分をそのままにしてボリュームダウンを防ぎましょう。


ロングヘア:「ポイント濡れ髪」で勝負!セクシーに♡



ロングさんは全体を濡れ髪スタイルにしてしまうと、不潔な印象を持たれてしまうので注意。
濡れ髪というより、「髪を乾かしていない」だけになってしまうんですね。


そこで、ロングヘアの女子には「ポイント濡れ髪」をオススメします。


髪の毛の中間から下、ウェーブがかかっているならその部分だけ「濡れ髪」にすると、しっとりとセクシーな女性になれますよ。



ダークカラーも濡れ髪にすれば、軽さと抜け感が出てgood。
オイルやワックスのつけすぎにだけ注意すれば、濡れ具合のコントロールは慣れで調節できるようになってきます。


ロングの方にはミルキーグロスジェルを使った濡れ髪アレンジもおすすめです!

ぜひ動画を参考にしてみてください。



今話題の「濡れ髪スタイル」、この機会にチャレンジしてみて下さいね☆

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。
クリスマス特集

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking