スムージーも注意!?朝食に避けたい果物ってどれ?

お肌にダメージを与える強い紫外線、とっても気になってしまいますよね。 しっかり日焼け止めを塗っているのに、なぜか毎年焼けてしまうのはどうして!?と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 紫外線を気にしても日焼けをしてしまう… その理由は、実は朝食で取った食べ物にあったんです! 今回は、朝食には取らない方が良い果物についてご紹介させて頂きたいと思います♪

食べ物が原因で日焼け!?


 


日焼けは、日焼け止めを塗っても、日傘をさしても、なかなか完璧に防ぐことはできませんよね。
一見、日焼けとは何にも関係無いように感じる食べ物ですが、実は紫外線を吸収しやすくしてしまう食べ物があったんです!
いったいどのようなことなのでしょうか?

 


ソラレンを含むものは×


皆さんは、「ソラレン」という成分をご存知でしょうか?
ソラレンというのは、紫外線を吸収しやすくしてしまう作用のある、ちょっと迷惑なものなんです…。
このソラレンというのは、植物の中に含まれていて、直射日光に当たった時に紫外線に過剰反応してしまう光毒性のある成分なんですね。


ソラレンが含まれているものを食べてから紫外線を浴びると、シミができやすくなってしまうこともあるんです…。
これは気を付けなければいけませんね!
では、ソラレンはどのような食べ物に多く含まれているんでしょうか?

日焼けしやすくなる食べ物は?


 


ソラレンという成分が、紫外線を吸収しやすくしてしまうということがわかりましたね。
それでは、ソラレンを含んでいる食べ物はどんなものなのか、早速見ていきたいと思います。

柑橘系や香味野菜に注意!?

 

本来なら、肌にとってとてもいいと言われているビタミンCを多く含むものたち…
でも、ソラレンも同時にたくさん含まれている場合が多いんです。
レモン・グレープフルーツ・キウイ・セロリ・きゅうりなど…他にも色々あります。
女性に大人気のスムージーにも、よく使われる食べ物ばかりですね。


もちろん、肌にいいものを含んでいることに変わりはないので、全く食べてはいけないというわけではありません。
「どのタイミングで食べるか」ということが、とても大きなポイントになってくるんですね。
ソラレンというのは、口にしてから大体2時間くらいで体中に回っていきます。


ですから、朝外出前にソラレンを含むものを食べてしまうと、より強く紫外線の影響を受けてしまう可能性があるんです。
外に出ている時間が長い方などは、特に注意が必要になります。

日焼けのダメージを回復するには?


 


ソラレンを含む食べ物は、朝食には向かないということがわかりましたね。
では逆に、うっかり日焼けをしてしまった時に効果がある食べ物とは、どのようなものなんでしょうか?

新陳代謝を促すもの!

 

気にしていても、うっかり焼けてしまう事ってありますよね。
そんな時は、放って置かずにしっかりとケアしてあげましょう。
シミを作らないためには、新陳代謝を良くしてあげるのが効果的!


ですから、新陳代謝を良くする効果のあるビタミンAやビタミンCを多く含むものを食べればいいという事なんですね!
ですから、先程ソラレンを含む食べ物としてご紹介したものを、夜食べることで逆に日焼けのダメージを回復することができるというわけなんです♪


食べる時間が違うだけで、全く逆の効果をもたらすことになるなんて、ちょっとびっくりしてしまいますね!

 


いかがでしたでしょうか?
スムージーにして毎朝飲んでいた…という方も結構多いと思われる、ソラレンを多く含む食材たち。
ビタミンCをたっぷり含む肌に良い食べ物が、まさかシミの原因になるなんて思いもしませんでしたよね。
でも、摂取する時間さえ気を付ければ、肌にとってとてもいいものばかりなので、全く食べない!なんていうことはせず、ぜひ食べる時には時間に気を付けてみて下さいね!

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ボディ・ヘルスケア > スムージーも注意!?朝食に避けたい果物ってどれ?