夏のアウトドアにもピッタリ!帽子×ヘアアレンジでオシャレ度UP♡

夏のアウトドアの敵は「日焼け」 女の子にとっては日差し対策の帽子が欠かせないイベントですよね。でも、帽子を被ると汗で髪がペッタリつぶれてしまったり、髪型がなかなか決まらないのが難点です。 お気に入りのキャップやハットをかぶるときは、かわいいヘアアレンジでおしゃれに決めたいところ。おしゃれなヘアアレンジがしてあれば、キャップやハットを取った時も安心ですよね! アウトドアで活躍しそうな、キャップやハットに合う簡単おしゃれなヘアアレンジをご紹介します♪

メンズライクでも可愛い♡ラフなシニヨン


メンズライクなキャップには、ラフなアレンジがかわいいですね♡

こちらはくるくるねじって止めただけのルーズなシニヨンスタイルです。


やり方は、

1. ワックス髪全体に馴染ませ、顔まわりの髪を残してざっくりと一つに結びます。

2. 毛束をねじりながらくるくると丸め、ピンで固定して完成♡


シニヨンはキャップを被った時にちょうど良い位置になるよう、下の方に作りましょう。

服装はメンズライクでもかわいく仕上げる秘訣は、顔まわりにちょこんとおくれ毛を作ること♡

コテでワンカール巻いて、濡れ感の出るオイルを馴染ませるひと手間をくわえるだけでぐっと女っぽくなりますよ。


遊び心のある連続くるりんぱ♡


こちらはくるりんぱを4つつなげたアイディアアレンジ。

ハットから覗くぽわんとした毛束がとってもかわいいですね♡


やり方は、

1.髪をざっくりと一つにまとめて結び、結び目の上あたりを開いて毛束を通し、くるりんぱを作ります。

バランスを見ながら髪をほぐすとおしゃれ。

2.一つ目のくるりんぱから少し下がった位置でもう一度結び、二つ目のくるりんぱを作ります。

適度にほぐして、ゴムが隠れるようにしましょう。

3.髪の長さに応じて、三つ目・四つ目のくるりんぱを作って完成♡


ヘアピンを使わず、ゴム4本だけでできちゃうとっても簡単なヘアアレンジです。

二つ目のくるりんぱ以降は細いシリコンゴムを使うとゴムが目立たずおしゃれに仕上がります。

カラフルなシリコンゴムを使っても可愛いかも♡


髪をあらかじめコテで巻かなくてもおしゃれに仕上がるので、暑い夏には助かりますね♪


キャップを女っぽく♡サイドねじりアレンジ


ルーズにかきあげたような前髪が色っぽいサイドアレンジ♡

顔まわりの髪を長めに残してゆるく巻いておくことで、キャップの醸し出すボーイッシュな雰囲気とは裏腹な色気を演出できます。


やり方は、

1.顔廻りの髪を残してざっくりとまとめ、サイドに寄せて結ぶ。

結び目の少し上を開いて、毛束をくぐらせくるりんぱを作り、バランスを見ながらほぐす。

2.ゆるい三つ編みを作り、ラフにほぐして完成♡


サイドから首筋にかけて流れるようなラインを作るのがポイント。

アレンジ前に髪全体をゆるく巻き、少しウエット感のあるオイルを髪にもみこんでおけば、抜け感が出てよりおしゃれに仕上がりますよ♪


帽子を取ってもおしゃれ♡アップスタイル


帽子を取ってもおしゃれな上級アレンジが、アップスタイル。

後姿にこだわって、バランスよく作りましょう♪


やり方は、

1.顔まわりの髪を残しざっくりとまとめてハーフアップを作り、結び目の上を開いて毛束を通し、くるりんぱを作ります。

帽子でぺたんこにならないよう、後頭部の髪をふんわりと引き出しながらほぐします。

2.えりあしの髪を一つにまとめ、通常のくるりんぱとは逆に毛束を下から通します。

3.上下二つの毛束をまとめて、ざっくりとしたゆるい三つ編みを作ります。

4.三つ編みをくるくるとまとめて二つのくるりんぱの間に納め、ピンで固定して完成です♡


髪をあらかじめ波ウェーブに巻いておくとより一層おしゃれに仕上がります。

華やかなアレンジなので、ハットから覗くヘアアクセにもこだわりたいですね♪



おしゃれの決め手はファッションより、小物使いと髪型♡

いつものキャップとハットも、ヘアアレンジでひと手間加えることでおしゃれさがアップします!

お手持ちの帽子にもよく合う簡単アレンジを試してみてくださいね♪

関連記事

Writer : すえひろ さん
かわいいものに目がないライターです♡ 素敵な大人をめざし、内面も外見も磨きたいです!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly