もう悩まない!テカリにくい下地&ファンデーションとメイク術♡

女子のお肌の悩みといえば……そう、『テカり』ですよね。お手洗いで鏡を見て、鼻の頭のツヤツヤにショックを受けたことがある人も、多いのではないでしょうか。そこで今回は、テカリにくい下地&ファンデーションと、それらを上手に使いこなすためのメイク術をご紹介します♡ テカりでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

テカる原因は、「皮脂」と「汗」!



出典:up.myreco.me

@ma_____k0


まず、顔がテカる原因からおさらいしましょう。

原因はずばり、「皮脂」と「汗」だと言われています。

肌には乾燥がつきものですが、肌が乾燥すると、足りなくなった水分を補うために、毛穴は「皮脂」を分泌します。

過剰に分泌された「皮脂」は、化粧崩れを引き起こし、顔をテカらせる原因となります。


それに、今の季節にやっかいな「汗」も、テカりの大きな原因です。

「汗」により化粧がはがれ落ちるので、化粧が崩れ、顔はテカります。

また、「汗」は上がり切った体温を冷やすために出るものなので、汗をかくほど肌は乾燥します。

「汗」で肌が濡れているとあまり気づかないかもしれませんが、もれなく「皮脂」の過剰分泌も引き起こしてしまうのです。


対策① テカリにくい下地を使う



・ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地


顔のテカりをおさえるためには、やはり「皮脂」や「汗」に負けない化粧下地を使うことが重要です。

そんな皮脂くずれにいち早く着目したのが、プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地でした。

それまでどんなメイク用品を使っても化粧くずれで悩んでいた女性たちが、全然テカらなくなった、と話題になりましたね。

さらっとした水のようなテクスチャーで、肌にのせると透明に。

カバー力は特にありませんが、皮脂くずれにおいての実力は確かです。



・セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 


発売されたのは2015年ですが、最近になって人気は高まっているのがこちら、セザンヌの皮脂テカリ防止下地です。

先ほどのプリマヴィスタに比べるとかなり安いですが、「使用感が似ている!」とSNSなどで話題なんです。

テクスチャーや、肌にのせた感じも似ています。

気になる皮脂くずれ防止力も、プリマヴィスタとほとんど変わらない、という声が多いですよ。

ただ、プリマヴィスタに比べると少し乾燥が気になる方もいるようです。

使用するときは、保湿を念入りに行うとよいでしょう◎


対策② テカリにくいファンデーションを使う



・エスト パウダーファンデーション シルキースムース


化粧下地のほかに、テカりにくいファンデーションを使う、という手もあります。

こちらは、エストのパウダーファンデで、つけたての仕上がりが長時間持続します。

あまり崩れませんが、崩れても汚くならない、というのもポイントですよ。

炎天下での活動や、日中に化粧直しができないことが多い人におすすめです♪



・ファインフィット パウダーファンデーションUV(ロングキープEX)


こちらは、ファインフィットのパウダーファンデです。

自然なカバー力があり、なおかつそのカバー力が一日続いてくれます。

ドラッグストアなどでも買えるのと、値段も手ごろなのが魅力ですね。

テカりやすい季節に、一時的にファンデーションを変えたい、という人におすすめです♪


対策③ テカリにくいメイク術



 

化粧下地とパウダーファンデーションをより効果的に使うために、

気をつけたいメイクのポイントをご紹介します。



・保湿をしっかりする


出典:up.myreco.me

Kanon@cosmeholic___


下地を塗る前に、保湿をしっかりとしましょう。

夏は暑いので、ついついサッパリと仕上げたくなりますが、肌の乾燥を防ぐためにしっかりとした保湿はとても重要です。

基本は乳液や保湿クリームですが、それらのテクスチャーがどうしても重すぎる場合は、とろみタイプの化粧水でも大丈夫ですよ!

さっぱりタイプの化粧水と組み合わせて使ってみてください。



・下地は、パフを使ってのせる


出典:up.myreco.me

♡Rie♡@rie____0628


化粧下地はパフを使って、肌にのせましょう。

のばすのではなく、ポンポンと毛穴にたたきこむイメージで。

のばしたり、手で塗ったりするとムラになり、下地が肌に均一にのらないと化粧くずれの原因となりますよ。



・化粧直しは、パウダー付きあぶらとり紙で!


フラワー UVカッコンビニック セレクティト&毛穴カバーあぶらとり紙 / 50枚入


化粧直しは、パウダー付きあぶらとり紙を活用しましょう。

紙の表面にフィニッシュパウダーのようなお粉が薄くのったあぶらとり紙があります。

余分な皮脂を吸収しながら、そのパウダーをのせられるので、テカリを自然にカバーできます。

特に夏は汗でメイクが流れがちなので、おすすめですよ。



いかがでしたか?

今回は、テカリを防ぐための下地&ファンデーションとメイク術をご紹介しました!

テカりは本当に悩ましい問題ですが、優秀なコスメやアイテムの力を借りて、上手に克服できるといいですね♪

関連記事

Writer : balloon さん
東北の美容好き主婦です(^^) 特にヘアケアにこだわっています。
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly