紫外線で生成されたメラニンはその日のうちにケアしよう!

アウトドアがより一層楽しくなる夏の季節♪そんな中、特に女性が気になるのが「紫外線」による肌へのダメージではないでしょうか。そこで、思いっきり夏を楽しむためにも知っておきたい「シミ」や「日焼け」のメカニズムに加えて、当日中に行いたい対処法やその後のケア方法についてご紹介していきます。

日焼けとシミのメカニズムとは?



出典:girlydrop.com


「日焼けやシミは主に紫外線が原因である」といった内容な既にご存知の方も多いのでは?

ただ、同じ紫外線を受けていても、時間が経つと共に消えていく日焼けに対して、シミってなかなか消えて聞きませんよね…。

そんな中、「どうして日焼けはすぐに消えて、シミは残ってしまうの?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。


日焼けのメカニズム



出典:girlydrop.com


私たちの肌は紫外線による刺激を受けると、ダメージの侵入を防ぐために2段階に分けて侵入を防ぐために働きだします!


1段階目:紫外線を角質層で反射させ侵入を防ぐ

2段階目:(1)の防御を潜り抜けてきた紫外線はメラニン色素が紫外線を吸収して侵入を防ぐ


この2段階目に起こるのが「日焼け」です。

2段階目に突入した肌は、1段階目を通過してきた紫外線がこれ以上先に到達しないようにと、表皮の底に位置するメラサイトの働きによってメラニン色素を大量に生産します。


すると…。

紫外線を吸収したメラニン色素は酸化すると共に黒く変色し、肌を守る日傘のような役割を担います。

この黒くなる現象が「日焼け」です。


シミのメカニズム



出典:girlydrop.com


シミのメカニズムには以下のような2つのメカニズムがあることが分かりました!


■ターンオーバーの乱れによるもの


紫外線からのダメージを守るために黒くなった肌は、本来であればターンオーバーによって古い角質と共に剝がれ落ちていきます。

ところが、肌の新陳代謝が低くなるとターンオーバーが正常に行われなくなり、肌にメラニン色素が長く残り続けてしまいます。


これが、消えにくいシミの原因ではないかと考えられています。


■過剰生成メラサイトによるもの


紫外線のダメージから肌を守るためにメラサイトはメラニン色素を生成していきます。

このメラサイトに、「通常に働くもの」と「過剰生成を行ってしまうもの」2つのメラサイトが存在すると言われています。


過剰生成メラサイトは、必要以上のメラニン色素を生産してしまいます。

そのため、肌のターンオーバーがついていけず、上記と同じようにメラニン色素が肌に残り続けてしまうそうです。


当日中に!日焼けのアフタースキンケア法



出典:girlydrop.com


日焼けをした肌は一般的に「軽い火傷をした肌」と同じであると言われています。

そのため、まずは日焼けした肌をしっかりと冷ましましょう!


この時、シャワーで冷やすと水圧によって肌にダメージを与えてしまう恐れがあるため注意してくださいね。

出来れば、冷却パックや濡れタオルなど、肌を優しく冷ませるアイテムを使用するのがオススメ♪

肌が冷やし終えたら、消炎作用のある化粧水で肌に水分補給を行います。


ポイントは無駄な美白ケアをしないこと!

軽い火傷をした肌は、小さな刺激に対してもメラニン色素が生成されてしまう恐れがありますので、注意しましょう!

しっかりと水分補給が行えたら、水分の蒸発を防ぐために乳液で蓋をします。


このときにオロナインやワセリンを乳液替わりとして使用するのもオススメ♡

ただ、「肌が赤くヒリヒリする」「火照りを感じる」という場合は、これらの症状が落ち着いてから使用してください。


これから注意したい夏の日焼け予防法



出典:girlydrop.com


日焼けをした肌はとっても敏感!

だからこそ、翌日以降は更なる紫外線のダメージを受けないように工夫をしましょう。


日焼け対策の定番である日焼け止めですが、塗るとヒリヒリと痛みを感じる場合があります。

そんなときは、上着や日傘などのアイテムを利用してみましょう♪


また、食事面でも肌の働きをサポートしてくれる食材を取り入れてみてください。

中でも、ビタミン類が豊富な緑黄色野菜や果物がオススメです!



いかがでしたでしょうか。

外にでる限り受け続ける紫外線のダメージ…。

日焼け後のスキンケアには、「当日に行いたいもの」「翌日から行いたいもの」の2パータンに分けられます。


両方の対策を知っておくことで、日焼け止めでカバーしきれなかったダメージを焦らず正しい方法でケアできるのではないでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてください♪

Writer : kaedemama さん
初めまして!ライター経験をもつ1児の母です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking