マスクをしていてもかわいく見られたい♡アイメイク法をマスターしよう☆

マスクをすると、フェイスラインも鼻、口もかくれますね。マスクをしている看護師や歯科助手など綺麗にみられる職業があります。それは、隠れている部分を自分の好みにイメージしているからだそう。ものまねメイクでおなじみのざわちんも、マスクをしていますよね!アイメイクだけでとびきりかわいくなれるんです♪マスクが必要な風邪の季節や花粉症の季節にもかわいくなっちゃいましょう♡

1.アイライン


出典:SHIHO@shippolin


ペンシルアイライナーで基本となるラインを先に描くのが失敗しないコツです。
まつ毛とまつ毛の間を埋めるように目尻から目頭に向かって、少しずつ描いていきましょう!

そして、大きな印象的な目元を作るポイントとして、目頭に「くの時」にアイラインをいれるのがおすすめ。
ラインが入っているか入っていないかギリギリの細さで引いてください。
さりげなくいれることで自然に大きな目になります。

そして、アイシャドウを塗った後に、リキッドアイライナーでくっきりしたラインを引きます。
目尻から中央、目頭から中央に向かってまつ毛を埋めるように引きましょう。
毛先をやや寝かせて引くと失敗しにくくなります。


2.アイシャドウ


出典:mari@mco.12
 
まずハイライトカラーを大きめブラシでのせていきます。
まぶたの中心にブラシをおいたらまぶた全体にふわっと広げます。
このとき、まゆ毛の下と目の下にもハイライトを入れておきます。
 

次に、薄めのカラーをまぶたにのせていきます。
ブラシを目尻から中央へ、目頭から中央へ動かし、くぼみをなぞるようにすると立体感がうまれます。
そしてメインの濃いカラーを二重の幅にのせ、グラデーションをつくります。

最後に、小さいブラシやチップに一番濃いカラーをとり目尻から目頭に向かって、先に引いたアイラインに重ねるように色を入れると目元が締まります。
 

そのラインをひいたままの小さいブラシやチップで下まぶたにも目尻から三分の一くらいまでの長さのラインをいれましょう。
少したれ目気味のかわいらしい印象に!


3.マスカラ


出典:satsuki@satsuki_m_orisue


アイラインとアイシャドウがおわったら、アイラッシュカーラーでまつ毛を上げましょう!
根元からきちんと立ち上げて、2~3回に分けて毛先に向けてカールさせていきます。
かわいい目元になるにはしっかりしたまつ毛が重要です。
まつ毛が少なかったり、細い人はきちんとマスカラベースを使用してボリュームや長さを足しましょう!

マスカラは、根元からしっかりつけていきます。
左右にギザギザと小刻みに動かしながら、まつ毛一本一本にしっかり塗りましょう。
 

下まつ毛はマスカラを縦に持ち動かします。
 
 
マスクをして、目元しか見えていない状態なので、ふんわり淡いメイクよりは、しっかりめにアイシャドウカラーを入れたり、アイラインを引くと印象的な目元に仕上がります!
マスクをしての通勤や通学で恋が芽生えちゃうかも♡

Writer : mimimimimi さん
Hawaiiと美味しいものとキレイになるのが大好きな健康オタク❤(ӦvӦ。)

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking