ダイエット中もOK♪小腹を満たせる太りにくいおやつの選び方3か条

ダイエット中だけど、どうしてもお腹が空いて仕方ない時ってありますよね? 我慢できれば良いのですが、どうしても無理なときもあるでしょう。 そんな時に、しっかりと小腹を満たすことができるおやつがあったらいいですよね! 今回は、ダイエット中でもOKの太りにくいおやつの選び方をご紹介させて頂きたいと思います♪

上手なおやつの食べ方って?


 

 

「おやつを食べる=太る」

これが皆さんの思っていることですよね。

確かに、何も考えずにたくさん食べちゃっていたら、太る原因になってしまうのは当然のこと…。

ここで大きなポイントになるのは、おやつの選び方なんですね。

選び方に気を付けてあげるだけで、太りにくくすることもできちゃうんです♪

では、どのようなことに気を付けたら良いのでしょう?

 

 

まずは食べる時間帯に気を付けよう

 

 

選び方に気をつけたら、どんな時間にでも食べていい…というわけではありません。

やはり、「何時に食べるか」というのは、大きなポイントになってくるようですね。

 

個人差はありますが、一番良いとされる時間帯は、食後の2時間後くらい、かつ昼食後の2〜4時頃だそうです。

「3時のおやつ」というのもあながち間違いではないのです。

この時間帯は、血糖値をコントロールするための膵臓が最も活発に動いている時間で、更に、体内時計を司る「時計遺伝子」として発見されたタンパク質の“ビーマルワン”の活動量が最も少ない時間に食べると太りにくいのです。

“ビーマルワン”の活動量が増えるのは、起きてから大体14〜20時間後の間。

例えば、午前6時に起床する人ならば午後8時〜午前2時頃になります。

この“ビーマルワン”の活動量が多い時間帯に食事をすると、摂取したカロリーがエネルギーとして消費されないため脂肪が蓄積されやすくなり、太りやすくなってしまうのです。

 

また、日頃から運動をする習慣のある人は、その運動前におやつを食べるのもオススメです。

運動をすると、身体を動かすためにエネルギーが消費されます。

そのために運動前におやつを食べても、その後に行う運動でその分のカロリーをエネルギーとして消費することができるのです。

また、筋トレをしている人は、筋トレ後でもOKです。

筋トレ後は、筋肉の材料となるタンパク質が多めの卵類や豆類などが多く使われたおやつを食べて筋肉をつけて基礎代謝を上げるのも良いですね。

 

 

食べ過ぎないように量を決めて

 

 

時間に気を付けたからと言って、人は完全に太らなくなるというわけではありません。

どれくらいの量を食べたのか、ということも大きなポイントです。

たくさんお菓子が入っている大袋…

そのまま食べたら、完全に太ってしまう…

 

このような事になってしまわないように、ぜひお菓子を食べる時には、一回分の量を決めて、袋か何かにまとめておくといいかもしれませんね!

 

 

おやつは200kcalまでが理想

 

 

やっぱりカロリーは気にしないといけませんね!

一日の食事と合わせて、一日に必要とされるカロリーを超えてしまわないようにしなければいけません。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると太りますので、ダイエット中は、カロリーもチェックしてから食べてみて下さいね♪

 

食べても太らないおやつ♪


 

 

時間帯、量をしっかりと意識して食べるといいという事がわかりました。

では、どのようなおやつを食べたら、さらに太りにくくなるのか…

続いては、食べても太らないおやつをご紹介しますね!

 

 

果物

血糖値が上がりにくいという嬉しい効果のある果物♪

また、果物には美肌効果や抗酸化作用、便秘予防やむくみ防止など嬉しい効果がたくさんあります。

ただ、果物には果糖という糖質が含まれているので、カロリーがオーバーしてしまわないように、100〜200g、80kcalを目安に、食べ過ぎないように気を付けて下さいね♪

 

 

ナッツ類

海外セレブや女優さん、そしてとってもスタイルの良いモデルさんまで…

おやつとしてナッツを食べています。

特に多くの方が食べているのが、アーモンドです。

アーモンドには、ビタミンEやビタミンB2、カリウムやオレイン酸、食物繊維がたくさん含まれているのです!

 

ビタミンEは、抗酸化作用があるので、身体が元気に…そしてお肌もキレイになれちゃいます♪

ビタミンB2は脂肪を燃焼しやすくなり、カリウムやオレイン酸でむくみを解消してくれるのです。

更に食物繊維で満腹感を感じやすくなり、ダイエット中のおやつとして最適ですね!

 

 

ヨーグルトやチーズ

ヨーグルトやチーズには、カルシウムやたんぱく質がたくさん含まれています。

少量でも腹持ちがよく、おやつにオススメです。美味しく食べて、キレイにもなれちゃうんです♪

しかし、これらもたくさん食べてしまうと太る原因になってしまうので、量にはくれぐれも気を付けて食べて下さいね!

 

 

ビターチョコ

チョコレートというと、ちょっとハイカロリーで太ってしまいそうな感じもしますが、カカオ70%以上のビターチョコレートを選べば、程よく小腹を満たすことができます。

更にチョコに含まれるポリフェノールは、ストレスを和らげて、抗ストレスホルモンの分泌も抑制します。

他にも、高血圧予防、動脈硬化予防、アレルギー症状の緩和、脳の活性化、ニキビ予防などに効果があるとされています。

ビターチョコレートで元気に!

そしてキレイにもなれちゃいます♪

 

間違っても、ミルクチョコレートなどは選ばないで下さいね!

 

 

するめ

お酒を飲む人のおつまみ…というイメージが強い「するめ」ですが、ダイエット中にはぴったりのおやつになるんですよ!

するめはとても硬いので、何度も何度も噛まないと飲み込むことができません。

しっかりと噛んでいるうちに満腹中枢が刺激され、お腹がいっぱいになったような気持ちになって食欲を下げてくれるのです。

また、するめに含まれるタウリンには、体内のエネルギー源の貯蔵庫でもある肝臓に、脂肪や糖など、血液中のエネルギー源流出を働きかける作用があり、それによって、肝臓は溜め込んだ脂肪を血中に分解して放出するという、ダイエット効果があるのです。

とは言え、するめは意外とカロリーが高いので、食べ過ぎには注意して下さいね!

 

 

いかがでしたでしょうか?

食べ方、食べるものに気を付ければ、ダイエット中でもおやつを楽しむことができるんですね!

上手に美味しく食べて、ダイエットも成功させられたらいいですね♪

 

 

<記事監修者>

 

 

〈菊池亜紀プロフィール〉

幼少期の偏食が原因による貧血、冷え症、便秘症、ニキビ肌に悩んだ経験から、体の内側からキレイになるマクロビオティックや深部温熱型ラジオ波機と出会い、現在は汐留イタリア街にてプライベートスパ『LUCE.パーソナルボディメンテナンス』にて、「美容と健康は食生活と生活習慣から成り立つもの」と、オリジナルメソッドとカウンセリングを重要視したおひとりおひとりに合ったオーダーメイドの施術と食事、ファスティング指導で男女問わずお客様のお悩みを解決している。

 

・KIREI PRO株式会社 代表取締役

・パーソナル ボディメンテナンス 「LUCE.」代表

・ホリスティックリンパマッサージボディセラピスト

・メディカルアロマセラピスト

・プロフェッショナル ファスティング マイスター

・肥満予防健康管理士

・ダイエットアドバイザー


 

〈サロン情報〉

LUCE.

パーソナル ボディ メンテナンス

 

〒105-0021

東京都港区東新橋2-18-3

Tel : 03-5777-2981

Mail : luce.pbm@gmail.com

営業時間10:00~21:00

不定休

 

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ダイエット > ダイエット中もOK♪小腹を満たせる太りにくいおやつの選び方3か条