MyRecoトップ > ボディ・ヘルスケア > 1日3分程度でOK♪簡単に痩せる体質になる「横隔膜呼吸」ってなに?

1日3分程度でOK♪簡単に痩せる体質になる「横隔膜呼吸」ってなに?

日々何気なく行なっている呼吸。よっぽどのことがなければ意識することは少ないですが、実はこの呼吸一つで痩せる体質になれるって知っていましたか?仕事やプライベートに日々終われる現代人は、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっている人が多いのだとか。それを意識して改善することで、体に良いことが次々と起こるそうなんです♪呼吸の意識一つで叶う健康習慣を、初めてみませんか?

あなたの呼吸、知らないうちに浅くなっていませんか?


 

 

毎日しっかりと睡眠をとっているつもりでも、なんだか体が疲れやすい。

不安になりがち。

そんな方は、呼吸が浅いのかもしれません。

 

ストレスや緊張状態になると、人は多くの酸素を取り入れようと浅く早く呼吸をしてしまいがちです。

それは様々な不調の一原因ともなりかねません。

 

血液やリンパの流れにも影響してくる呼吸は、気付いた時に少し見直してあげるだけで、毎日をちょっと楽に過ごせるようになるかもしれません。

この呼吸法を取り入れて、ウエストのサイズが減った・体重が減ったなんて経験談も続々寄せられているんですよ。

今回は、テレビでも紹介され、今話題となっている横隔膜呼吸をご紹介します。

 

スレンダー美女が日課とするヨガにも、横隔膜呼吸は使われていた!


 

 

一般的に呼吸は腹式呼吸と胸式呼吸に分けられ、寝転んでいる状態は腹式呼吸・立っている状態だと胸式呼吸を自然に行なっている場合が多いと言われています。

 

それに対して横隔膜呼吸というのは、胸とお腹にある横隔膜が連動して動く呼吸のこと。

つまり、胸とお腹の両方を使って行う呼吸のことです。

イメージとしては、息を吸った時に胸もお腹も膨らむ感じです。

今回ご紹介するのは一日に何万回と行われる呼吸をたった3分、意識して横隔膜呼吸に変えることで痩せる体質に変わっていけるだけでなく、女性の悩みとして多い肩こりや腰痛の改善まで期待できるという健康法です。

しっかりと胸を使って呼吸をすることで、姿勢を保つ筋肉も刺激され、姿勢も良くなるとも言われています。

 

呼吸を重んじるヨガでも使われることの多いこの横隔膜呼吸。

行うためのスペースもいらないので、続けやすいのも大きなメリットですよね。

深く呼吸をすることによって得られるリラックス効果も注目されており、大切な仕事の前などの緊張状態の時に行うのもオススメです。

 

実際、どのように毎日にトレーニングを取り入れたらいいの?


 

 

やり方はいたって簡単です。

胸とお腹が一緒に動くように深く呼吸をするだけ。

ゆっくりと目を閉じ、慣れるまではお腹と胸に手を当てながら行うことで、しっかりと横隔膜が動いていることを感じていきましょう。

 

1日のうち、気付いた時に行えば良いとのことですが、中でもおすすめなのは朝に取り入れることです。

目覚めの状態、朝食前に行うことで、酸素が全身に周り目覚めもすっきり、快適になります。

そしてその後の1日中、快適なコンディションで過ごすことができますよ。

 

寝転んだ方がやりやすいという方は、目覚めにベッドの中で行うのも良いそうです。

仰向けに寝て両膝を立て、胸の上に手を当てて手のひらで胸の動きを感じながら鼻で大きく吸い込みます。

吸いきったらゆっくりと口から吐き出し、それを10回繰り返していきましょう。

 

 

いかがでしたか?

これから迎える夏に向かって、ダイエットに励んでいる方も多いと思います。

食事の見直しや運動などを取り入れることももちろん大切ですが、その前に3分、ゆっくりと呼吸をしてあげることで全身に血が回り、より多くの効果を得られるかもしれません。

痩せる効果だけではなく、肩こりの解消やリラックスにまで効果のある横隔膜呼吸、ぜひ取り入れてみてくださいね♪

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ボディ・ヘルスケア > 1日3分程度でOK♪簡単に痩せる体質になる「横隔膜呼吸」ってなに?