夏本番に突入!注意したい食べ過ぎを防ぐためのテクニック

夏は暑くて食欲が落ちるイメージですが、夏だから食欲が出てしまうそんな人も多いかと思います。冷たいものをたくさん食べれてしまったり、汗をかいたからと塩分をとりすぎてしまったり。そんな夏に注意したい食べ過ぎを防ぐためのコツをご紹介します。

夏太りするのはなぜ?



なぜ夏太りしてしまうのでしょうか?夏だからこその原因はいろいろあります。



・暑いからといって動かない



暑くて汗をかいているから運動しなくても脂肪は燃えていると思っていたり、汗をかくのが嫌で動かない人も多いのではないでしょうか?暑さが原因で運動量が減ってしまうのはもちろんですが、汗をかいているからといって代謝が上がっているわけではありません。


夏は気温が高いので、脂肪・エネルギーを消費しなくても体温維持が出来てしまうので実は冬よりも代謝は低いのです。炎天下の中の運動は危険ですが、早朝や夕方・室内など工夫して体を動かすことが大切です。



・むくみやすくなる



汗と一緒にカリウムが放出されてしまいます。カリウムが不足するとむくみやすくなってしまうのです。なので、むくみが原因で太ってみえてしまいます。カリウムには塩分の排出と利尿作用があります。


水分だけでなくカリウムの摂取をオススメします。カリウムは、ほうれん草・さといも・納豆・わかめなどに多く含まれているので、気にして摂取してみてください。



・夏バテしないように食べ過ぎる・栄養が偏る



夏バテしないようにと、高カロリーのものを摂取してしまう。冷たいものならたくさん食べれてしまってついつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。高カロリーだから栄養がとれているわけではないので、栄養バランスが大切です。


冷たいジュースやアイス、果物をとりすぎてしまうのも原因です。また冷たいそうめんばかりになってしまうなど、栄養が偏るのも良くないので、栄養バランスを考えて食べるのが重要です。


夏、食欲を抑えるには?



・食事環境を涼しくする



まずは冷たいものを摂取するのを減らしましょう。冷たいアイスやジュースは高カロリーで口当たりもいいのでついついたくさん食べたり飲んでしまいます。そうめんなど冷たいものの食べ過ぎで代謝も落ちてしまうので、注意してください。


食事の時に室内を涼しくするなど工夫するといいでしょう。設定温度を1度下げるだけでも大丈夫です。涼しい所なら冷たいものでなくても食欲は出てきます。



・飲む・食べる前に、温かいものを飲む



また食事の前に温かいお茶を飲んだり、砂糖などの入っていない炭酸水を飲むと食欲が抑えられます。出来れば炭酸水も常温がよいです。食べる前にお腹を少しでも膨らませることによって食欲を抑えます。冷たい飲み物が飲みたいときも同じです。


水分を多くとってしまうのはむくみの原因。お茶や水でも冷たい飲み物の過剰摂取は避けたいです。そんな時は温かい白湯やお茶を少し飲んでみてください。のどが渇いたから冷たいものではなく、意外に温かいものの方がのどが潤う、乾きが抑えられるんです!


夏に食べ過ぎに注意したい食べ物は?




暑い夏、ついついて食べ過ぎてしまうのが冷たいそうめんなどの麺類です。口当たりがよいからと言って食べ過ぎてしまうこともありますね!麺類は意外に高カロリーなので注意が必要です。出来れば夏だからこそ温かいうどんにしてみたり、どうしても冷たいものがよければ野菜や他の食材と一緒に食べることをオススメします。


冷たいジュースやアイスも避けたいですね!飲んだり食べたすぐ後は、体が冷えて涼しくなりますが、甘いものはすぐにまた喉が渇いてしまったりします。また冷たいものを飲むなど悪循環に繋がってしまいます。食べ過ぎには注意して、できれば温かいものを飲んだりしましょう。



いかがでしたでしょうか?食欲が落ちて痩せやすいと思いがちな夏ですが、意外に太りやすい原因がたくさんある夏です。夏だから冷たいものを、ではなく夏だからあえて温かいものを気にして摂取してみてください。冷たいものの食べ過ぎには注意して、夏バテしない体にしてくださいね。

関連記事

Writer : うぱあ さん
ネイルと美容が大好きな主婦です♡
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking