自分に寄り添うスキンケア♡女性ホルモンの周期に合わせたスキンケア法とは

女性である限り切っても知れないホルモンとの関係。いったいどんな変化が体の中で起きているのかご存知ですか?例えば、生理前になると肌荒れが起きたり敏感になったりイライラしたり・・・。 女性ホルモンを味方につけてキレイな素肌を手に入れませんか??

肌の調子を左右する女性ホルモンとは


Sofia Zhuravetc/shutterstock.com

・エストロゲン(卵胞ホルモン)


エストロゲンは生理後に分泌が高まるホルモンで、お肌を瑞々しくしてくれます。

女性の美しさはエストロゲンにかなり影響されます。

そして、真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進して、お肌のハリを保ちシワやタルミを予防する働きがあります。

生理が終わってから排卵するまでの期間に多く分泌されます。

自律神経を安定させる作用もあるそう。

お肌の若さを保つカギとされている必要なホルモンなのです!



・プロゲステロン(黄体ホルモン)


生理前に分泌されるホルモンの為、皮脂の分泌を促進する働きがありニキビが出来やすくなります。

このホルモンは、イライラやむくみの原因にもなりシミも出来やすくなるとも言われています。

普段の生活が不規則だったり、ストレスや睡眠不足だとさらに出来やすくなります。


ホルモンの周期


rangizzz/shutterstock.com

女性ホルモンの周期は月経(生理)のリズムによって分泌量が増えたり減ったりする事。

すなわち月経(生理)周期とも言えます。

生理周期は生理の1日目から数えて次の生理が始まるまでを4つの時期に分けて、お肌の調子が、どう変わっていくかを知る事が大切です。

月経の周期とお肌の状態を記録として残しておくといいでしょう♪



・良好期 月経終了~排卵日まで (卵胞期)


「エストロゲン」の分泌が高まるこの時期は、肌の調子が良く新陳代謝も活発になります。

エストロゲンはコラーゲンを増やしてくれる作用もある素晴らしいホルモン。

また体の中から悪いものを積極的に排除する機能も高まります。

スペシャルケアを加え、ビタミンCを積極的に摂る事で美肌効果が促進されます。



・通常期 排卵日~月経約1週間前 (黄体前期)


ホルモンの影響を受ける事の少ない時期。

肌の状態は可もなく不可もなくと言ったところ。

ただ、イライラしてしまったり何でも溜め込み始めたり時期なので食物繊維や水分、軽い運動などや便秘対策をしておきましょう。



・下降期 月経約1週間前~月経直前 (黄体後期)


「エストロゲン」の分泌が抑制され、「プロゲステロン」が優位な時期です。

肌は荒れやすく刺激を受けやすい時期になります。

さらに、気分も落ち込みやすくなっています。

食生活では、ビタミンやミネラルを積極的に摂るようにして、早めに睡眠に入りリラックスするように過ごすと良いでしょう。



・回復期 月経中 (月経期)


「エストロゲン」の分泌が安定してくるこの時期は、肌の調子が回復してきます。

体温が下がりやすい時期なので体を温め、肌は乾燥しやすいので保湿を重点的に行いましょう。

肌の本調子に向けてスタンバイの時期です。


攻めと守りのスキンケア


Syda Productions/shutterstock.com

・攻めのケア


「エストロゲン」が多く分泌される時期(卵胞期)はバリア機能が高まり肌にとって安定した一番良い時期です。

積極的なスキンケアの出来る「攻めの期間」と言えます。

ピーリングや脱毛、美白ケアなどこのタイミングにしておく事をオススメします♪

新しいコスメを試すのにも最適の時期と言えます。



・守りのケア


「プロゲステロン」優位の時期(黄体後期)は不安定な時期となります。

毛穴の開きや吹き出物など肌トラブルが気になる時期。

やや脂性肌に偏るのでクレンジングや洗顔の洗い残しに注意!

スキンケアも刺激の少ないものや、オイルクレンジングやスクラブの使用・クリームの付け過ぎに注意しましょう。

月経中は特に肌が敏感になっているので、刺激の強いピーリング等のお手入れは避け、温かい飲み物を摂取し保湿効果の高いスキンケアを心掛けましょう。



女性の肌はホルモンの影響を受けやすい事が分かりました。

ホルモンの周期を知っておけば、生理前に肌荒れしても慌てずに対処できるだけでなく、生理前の肌荒れをする前に備える事も可能です。

生理近くになったら、スキンケアを変えるのも一つの手です♪

薬用と記載のあるアイテムを使用したり、生理後はまた別のスキンケア商品へと移行。

どちらにしても保湿だけは心掛けましょうね。


ちょっとしたストレスや疲労はホルモンバランスを崩して肌荒れを起こす原因になります。

極端なダイエットも厳禁です!悪影響しかおこりません。

生理周期も乱れ、肌トラブルは確実に起きやすくなります。

ホルモン周期を味方につけてキレイな素肌を手に入れましょう♪



<監修者情報>

【カシワバ マリコ】

felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー


1982年、札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。

一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。

また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。

その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。

人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。


【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級

【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト

Writer : vivimachi さん
美容師、エステティシャン、ネイリスト経験のある主婦です。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking