PR

今更だけど「ティント」って何?流行りの眉ティント・リップティント講座

今や雑誌で必ず1回は見る「ティント」という文字。多くのモデルや美容家の方々にも愛されている「ティント」ですが、皆さんは「ティント」が何だか、理解していますか?実はティントタイプのコスメはメイク初心者でも使いやすいアイテムです。今話題の「ティント」について紹介します。

そもそも「ティント」って?



そもそも「ティント」というのは、美容大国・韓国から来ました。

10代女子の間で爆発的な人気を誇った「オルチャンメイク」が火付け役と言われています。


「ティント」は英語で「tint」、「染める」の意味で、文字通り、唇や眉を染めます。

水分量やその日の湿度などによって色が変化するため、その日その人だけのオリジナルカラーが出来上がるのです。


また染めるので、色落ちしないのが特徴です。

口紅やグロスだと飲み物を飲んだ時にコップに跡が着いてしまった経験が誰でもあると思いますが、ティントはその心配がありません。

およそ10時間は持続すると言われています。

また重ね塗りができます。


ティントはリップを皮切りに、今ではアイブロウにまで広がっています。


ティントリップの使い方



ティントタイプのものを使う際の注意点として、「色が定まるのに10分程度かかる」ということです。

しかし中には短時間で発色するものもあるので、急いでいる際はそちらを使いましょう。


ティントリップは基本的にグロスと同じ使い方です。

薄く付けながら行うと、自分好みの色が決まってくるでしょう。

他にもティントリップの使い方として2種類の方法を紹介します。


ふんわり染まるグラデーション塗り


まず唇全体に薄く塗っていきます。

発色してきたら、唇の中心で楕円を描くように重ね塗りします。

中心から外へのグラデーションをつくることで、立体的な唇にすることができます。


広げたい場合は指ではなく、綿棒やリップブラシを使いましょう。

指だとグラデーションが崩れてしまいます。

綺麗にグラデーションにしたい場合は、リップコンシーラーで唇全体の色を消しましょう。

保湿効果もあるので、1年中おすすめです。


またマスクをしている際の色移りが気になる場合は、軽くティッシュで抑えてあげると、唇がほんのり色づいたままでマスクにも色がつきにくくなるので、おすすめです♡


グロスを使ってうるうるの唇に!


ティントリップだけでも潤った唇をキープできる商品が増えていますが、もっとうるうるした見た目にしたい場合は、透明のグロスを重ねましょう。

唇の中心に薄く塗るのがポイントです。

唇のフチよりかなり内側の部分です。

こうすることで、全体的にギラギラした印象の唇になるのを防ぎます。


myrecoおすすめのティントリップ「RICAFROSH」



<商品>

RICAFROSH(リカフロッシュ) ジューシーリブティント /1,680円(税込)


Youtuberの古川優香さんがプロデュースしたコスメブランド「RICAFROSH」のジューシーリブティントは、瑞々しいツヤとテクスチャー、さらにトレンド感のあるカラーバリエーションが大人気のリップです♡

現在6つのカラーバリエーションがあります。


発色と色持ちがとても良いので、キレイな発色を長時間楽しみたい方にはぴったり!

食事をした後でもしっかり唇に色残りしてくれますよ♪

なかなかリップのお直しが出来ないという方にもおすすめです。


また、そんなに発色が良いとなるとマスクへの色写りが少し心配になってしまいますが、マスクをつける前にきちんとティッシュオフすれば、マスク移りしにくいアイテムとなっています。

ひと塗りで垢抜けた印象になれるカラーが揃っているので、ぜひ自分好みのカラーを探してみてください!



眉ティントの使い方



顔の印象を大きく左右する眉。

せっかく綺麗に描けたと思っても、汗や髪を払う動作で落ちてしまいますよね。


そんな悩みを解決するのが眉ティントです。

これは眉下の皮膚に色をつけます。

ジヒドロキシアセトンというたんぱく質が反応すると、変色する性質を利用しています。


眉ティントの利点って?


眉ティントの利点として、眉がないところにも色を付けられます。

また3~5日ほど持続するので、毎朝のメイクが非常に楽になります。

その反面、ティントだけでは毛感は出しにくく、のっぺりした印象になってしまうことがあります。

また修正が効きにくいので、メイク初心者には難しいアイテムです。


眉ティントの使い方


使うのは基本的に夜がおすすめ。

洗顔して、顔が綺麗になったら、眉とその周辺の油分をアルコールで落とします。

肌が敏感な方は注意しましょう。


油分を落としたら、アイブロウブラシなどで眉の形や毛流れを整えます。

そうしたら、いよいよ眉ティントです。


まず眉山から眉尻までを塗ります。

片方ずつ行うと、左右の色ムラを防げます。

次に眉中かた眉山までを塗り、最後に眉頭を塗ります。


1回だけだとかなり薄いので、重ね塗りをするのがおすすめです。

塗り終わったら、一晩放置し、翌朝、眉尻から剥がしましょう。



いかがでしたでしょうか。

ティントタイプのコスメは今どきメイクには欠かせないアイテムです。

あなたもティントタイプのコスメで、自分色にしてみてくださいね。

関連記事

Writer : しぇりる さん
猫と美味しいものが好き♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking