40代のメイクは「目元」が大切!今見直したい40代からのアイメイク

今までのメイクが何故か似合わない、何となく顔に合わなくなってきた、色味を変えても「何か違う」感が拭えない・・・そんな悩みが出てくるのが40代ですよね。「40代はメイクも転換期だ」といわれながらも、実際はどうしたらいいのか迷ってしまう方も多いようですね。 そこで、今回は「40代からのアイメイク」として、注意したいポイントや実践テクニックをご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

40代からの「アイメイク」を一新!注意したいポイント



1.目元の「くすみ」をできるだけなくし、明るくしておく

puhhha/shutterstock.com

最も年齢が出るといわれる目元。

シワの他にも「くすみ」が挙げられます。

目元部分の肌はデリケートですから、どうしても他の部分と比べて肌色のくすみが目立ってしまうんですね。


それをカバーしようとして濃い色のアイシャドウを使うのは基本的にNG。

逆に目の周辺が悪目立ちしてしまい、目のくぼみや疲れが強調されやすくなってしまいます。


まずは普段のスキンケアでできるだけケアし、くすみやシワが目立たないようにしておきましょう。

目元専用のアイクリームや美容液は効果的。

少し値段の張るものもありますが、それだけ美容成分が濃縮されています。

上手く活用していきたいですね。



2.アイシャドウのカラーリングを見直してみる

AlikeYou/shutterstock.com

アイシャドウにも注意が必要です。

様々なメーカーから多種多様のアイシャドウが販売されていて、正直どれがいいのか・・・と迷ってしまいがち。


オーソドックスに持っておきたいのは、やはり「ヌードカラー」とも呼ばれるブラウンやベージュ系のカラー。

元々黄みがかっている日本人の肌に違和感無く馴染み、どんなシーンでも使える万能カラーです。


もう少しオトナの女性を意識したい、遊び的なカラーが欲しい場合は、重ねてグラデーションを出すよりもアイホールに使うハイライトカラーとお気に入りのカラーの2つだけに絞りましょう。

グラデーションのような使い方はどちらかというと「作り込み過ぎ」というイメージになってしまいます。

シンプルに、女性らしい印象を最優先にアイメイクをしていきましょう。



3.アイラインは思い切って「リキッドタイプ」にしてみる

Chursina Viktoriia/shutterstock.com

目元がぼんやりしていて気になる時は、アイラインをペンシルタイプからリキッドタイプに変えるだけでも実はグンと変わってきます。

ペンシルタイプは太いアイラインをひくにはいいのですが、40代になると太いアイラインより細いアイラインの方が似合ってきます。

これはハリのある目元だとアイラインを太くひくことで目を大きく見せたり強調する効果がありましたが、40代になると目元のハリが失われ、目元の印象がガラリと変わるため、太いままだと浮いてしまいます。


リキッドタイプだったら細く、凛とした印象のアイラインが引けて、自然な目元の演出に。

リキッドタイプは難しいと言われますが、これは「慣れ」で必ずカバーできます。

思い切って変えてみるのもいいですね。


早速実践!40代の「若見せ」アイメイク



1.目元をファンデーションとコンシーラーで色カバー

JAYANNPO/shutterstock.com

アイメイクの前に必ずやっておきたいのが、この「目元ケア」。

アイシャドウやアイライナーを使う前に、必ずファンデーションやコンシーラーで目元の色を整えておきましょう。


目元のファンデーションはちょっと薄めに、気になる部分にはコンシーラーを指にとってポンポンと乗せておきます。これだけでも目元の印象がグッと明るくなりますので、やっておいて損はありません。

下準備としてしっかりキレイにしておきましょう。


おすすめアイテムはコレ!

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール ¥2,263(税込み)→¥1,980(税込み)


クリアエステヴェールは美容液を配合したファンデーションなので、保湿をしながら気になる肌悩みをカバーしてくれます。

目元はヨレやすい部分のため、薄づきで伸びがいいこのファンデーションがおすすめです。


今ならフェイスパウダー付きで6,185円が3,990円になるキャンペーンもやっているのでぜひこの機会に試してみてくださいね!


マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール の購入はこちらから♡



2.アイシャドウはヌードカラー&ゴールドをメインに

Radu Bercan/shutterstock.com

やはりオススメはブラウンやベージュ系のカラー。

その他にもオレンジやゴールドも40代には素敵な配色となります。


オレンジは目元のくすみを飛ばし、肌の色を明るく見せる効果があります。

また、ピンクと同じく「血色カラー」と呼ばれ、目の周辺の血色を良く見せる事で「若々しさ」を強調。

くすみが酷い、寒色カラーだとアイシャドウのヨレが目立つ・・・という方はオレンジも選択肢に入れておくといいですね。


ゴールドはベージュに近い色でありながら、しっかりと華やかさやオトナの色気がにじみ出て素敵。

ラメ入りよりもパール粒子配合の方が「派手さ」がなくなり、上品に使えてオススメです。


おすすめアイテムはこれ!

www.lancome.jp

ランコム イプノ パレット ¥6,800(税抜き)


画像とは違いますが、ST03のカラーはオレンジゴールドのパレットで40代のアイメイクにぴったり。

ラメはきつすぎない上品なラメで、自然な濡れたような華やかな目元になります。

アイシャドウに迷ったらこのアイテムがおすすめです♡


ランコム イプノ パレット の購入はこちらから♡



「若作り」じゃなく「若見せ」がキモ。年齢相応のメイクテクを


Olena Yakobchuk/shutterstock.com

年齢をカバーしようとすると、やはり色味を多くしたり、アイラインを太く濃くする、マスカラも長くはっきりと・・・と「足し算方式」になりがち。

実はこの年齢からはシンプルが美しく、淡い色や柔らかい濃淡が美しく映える年代でもあります。

今までのメイクアイテムを徐々に減らしていく「引き算方式」の方がずっと顔なじみも良く、年齢相応の美しいメイクに仕上げられるんです。


淡いベージュをアイホールに入れ、目のキワにだけ濃いブラウンのアイシャドウ、細いアイライナーで引き締めて、ブラウンのマスカラで自然にまつげの量をプラス。

これだけでも十分!40代の上品メイクは完成。


「若作り」ではなく「若見せ」。

「40代のくせに若作りしている」より「40代にしては若く見える」という考え方にシフトしながらメイクを見直してみると、新たな発見と素敵なメイクが出来上がります。

引き算方式のアイメイク、自分らしいメイクの組み合わせを探してみて下さいね。



いかがでしたでしょうか?

40代からのメイクは「魅せるメイク」でありながら「カバーするメイク」も追加する必要が出てきます。

女性としても成熟期に入るからこそ、両立したメイクを心がけたいですね。

是非参考にしていただき、素敵なアイメイクを楽しんでみて下さいね。



<おすすめ関連記事>


Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

Ranking