これからの食事の目安になるかも!?最近よく見かける「ロカボ」って?

最近雑誌やテレビで耳にする機会が多くなってきたロカボ。 でもロカボって何のことなのか、糖質制限とちがうの?などなどまだまだ知らない人も多いはず。 ここではロカボの意味やそのやり方・気を付けたいことについてご紹介していきます♡

ロカボってなに?



出典:girlydrop.com


最近よく耳にする「ロカボ」。

健康にいいって聞いたことはあるけど、何のことか・何をするのかよくわからないなんて方も多いのではないでしょうか。


ロカボとは、簡単に言うと「糖質を適正にとること」です。

糖質とはタンパク質、脂質とともに三大栄養素の一種で、身体を動かすミトコンドリアのエネルギー源となるため身体にとって必要な栄養素となっています。

摂取した糖質のすべてがエネルギーとなってくれればいいのですが、余分が生じてしまうと身体にお肉としてついてしまいます。


逆に、ミトコンドリアはエサとなる糖質がない場合は脂肪をエネルギー源として働いてくれるので、この糖質の摂取を上手にコントロールしてあげれば自然と痩せちゃうというワケ♡


身体に必要な糖質の量って?



出典:girlydrop.com


ロカボは簡単に言うとゆるやかな糖質制限をすることです。

1食で20~40gまでの糖質量を目安に食事をとります。

1日の糖質量の目安は70~130gです。


たとえば30~40代のデスクワークが中心の女性だと、1日に100g程度の糖質が必要となります。

白い精米してあるごはんがお茶碗一杯分で約55gなので、3食すべてお茶碗一杯のごはんを食べてしまうとすぐに目安量をオーバーしてしまいます。


なので少し意識をして食事をとる必要がありますね。


糖質制限ダイエットとの違いは?



出典:girlydrop.com


ロカボと同時にテレビや雑誌などで取り上げられ、よく聞くようになったのが糖質制限ダイエット。

ロカボは糖質制限のなかのひとつの種類と考えるととてもわかりやすいです。


実は糖質制限は、明確な定義は決まっていないのが現状です。

例えば主食となるお米やパンなど、糖質を含む食べ物を一切取らないのも糖質制限となります。

それに比べてロカボは先に説明したようにゆるやかな糖質制限ですので、あくまで身体に必要な糖質はしっかりとるというスタイルなのでとても続けやすく習慣にしやすいですね。


ロカボで気を付けたいこと!



出典:girlydrop.com


糖質を必要なだけ摂取するということはわかっても、どれがどのくらいの糖質量があるのかなかなか覚えてられないですよね。


でもロカボのやり方はとってもシンプル!

「何を食べてもいいけど、工夫して食べること」

ここではその工夫の仕方をお伝えします♪



〇ごはん・パンなど主食は半人前にする


出典:girlydrop.com


先の説明にもでてきましたが、ごはんは1膳で約55gの糖質量です。

毎食1膳しっかりとっていたら55g×3食=165gと、あっという間に1日の適正糖質量を超えてしまいます。

そのため半人前にすることで糖質量をぐっと抑えることができます。

外食の際は注文の際ライス・パンの量に気を付けてくださいね。



〇おかずはたっぷり食べて!


出典:girlydrop.com


主食を気を付ける代わりに、おかずはたっぷり食べてもOKです♡

お肉やお魚はタンパク質が豊富なのでしっかり食べてくださいね。

しかし気を付けたいのがじゃがいもやさつまいもなどのイモ類の野菜!

糖質量が多いので、野菜だからと言って食べ過ぎないようにしてください。



〇デザート・間食もしてOK!


出典:girlydrop.com


なんとロカボでは、適正な糖質量ならデザートや間食もしていいんです!

市販されているものの中には「ロカボマーク」という糖質量が記載されたマークがついている商品もあるので、そういったものを目安に選んでもいいですね。



いかがだったでしょうか。

ガチガチの糖質制限よりもゆるくて続けやすいロカボ。

食事のときに少し意識を変えるだけでいいのでとっても続けやすいのがメリット。

ぜひ今すぐトライしてみてくださいね♡

Writer : 773 さん
某外資系メーカーの元BA♡ 現在は主婦です♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking