どうやって選べばいいの?自分に合ったネイルカラー

なんとなく「この色が可愛いから!」と思ってネイルカラーを決めている人は多いのではないでしょうか?可愛いと思うことももちろん女性にとっては大切ですが、自分の肌色に似合ったネイルカラーを使えば、手元をとても綺麗に見せることができるんです。

イエローベースさんの場合



出典:www.log-nail.com


メイクの色やネイルの色を選ぶ際に欠かせないのが、自分の肌がイエローベースかブルーベースか知ることです。

イエローベースはアジア人特有の少し黄色みがかった肌の色のことです。


健康的な印象に見えるイエローベースの肌色を持つ人には、くすんだピンクやオレンジ寄りのピンクが映えます。

ベージュ系を選ぶ時にも同じことが言えるので、ピーチっぽいベージュやオレンジがかったベージュを選ぶなど、他の色にも応用がききます。


ブルーベースさんの場合



出典:blog.pricilla.jp


ブルーベースさんの特徴としては、赤みや青みが強く、透き通るような肌だということです。

シアーなピンク色やパープル系、またパステル系のカラーが似合います。

また青みがかったピンクや、ローズ系のピンクなども肌に映えやすいです。

ラメを使うならゴールド系よりもシルバー系がおすすめです。


もし自分がイエローベースかブルーベースか分からないという人は、コスメカウンターなどで美容部員さんに聞いてみると、教えてくれますよ。

是非自分の肌の色を知る為にも、調べてみてくださいね。


裏技!肌色を問わないネイルカラーとは?



出典:yaplog.jp


どんな肌色にも合うネイルカラーがあればいいのにと思いませんか?

そんな時のお助けアイテムは、偏光パールを使用したネイルカラーです。


偏光パールが入ったネイルカラーは、周りの色や光によって見え方が変わるので、肌色を気にせずに、誰にでも似合った色に輝きます。

ラメだと少し派手すぎるという方にもパールの輝きはさりげないのでオススメです。

ネイルカラーを塗った後に、なんとなくくすんでいるような印象になってしまった時にも、偏光パール入りのトップコートなどを塗ると肌なじみが良くなります。

困ったときや、ネイルカラーが選べない時のお助けアイテムです。



いかがでしたか?

自分にぴったりの色をネイルに塗れば、肌の質感や明るさまでもが変わってみえてきます。

特に年齢が出やすい手元は、間違ったカラーを塗ればくすんで見えるので老けた印象にもなってしまいます。

是非自分に合ったカラーで手元のオシャレを楽しんでみてくださいね。

Writer : aicandy さん
ハワイ在住ネイリスト&ジュエリーデザイナー。 メイクの資格も持っているので、それらの知識を生かした記事を書いています。 海外の美容トレンドや、おしゃれ事情も!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking