ひざとひじのお手入れ、してる?露出度の高い夏服に備えた黒ずみケア

夏になって暑くなってくると、半袖やショートパンツを着る機会が増えてきますね!そうなると気になるのが、ひざやひじの黒ずみ。今回は恥ずかしくて見せられない!そんなことにならないように、黒ずみケアの仕方をご紹介します。

黒ずみってなんで出来るの?


 

 

出典:pixabay.com


ひざやひじの黒ずみって気付いたら出来ていませんか?

特に夏になり薄着になると、あっ!と気になってしまいますよね。

そんなひざやひじの黒ずみの原因は主に3つあります。

まず1番多いのが摩擦による黒ずみです。

正座や立ち膝、机に膝をついたり、あとは洋服との擦れでも摩擦は起こります。

ひざやひじは他の腕や足よりも、摩擦がかかりやすいため黒ずみとなってしまいます。


次に角質層が厚く、くすみから黒ずみになってしまうこともあります。

顔などに比べて、圧力がかかりやすいので角質層が厚くなっています。

例えば、サランラップは一枚なら透明ですが、何枚も重なったサランラップの芯は、クリーム色ですよね。

角質層も同じで、角質層が厚いほどサランラップのようにくすんだ色になってしまいます。

さらに厚いほど乾燥しやすくなり、くすみの原因となり黒ずみへとなります。


3つ目は他のパーツに比べて、皮脂や汗の出る皮脂腺・汗腺が少なく、乾燥してしまうことが原因による黒ずみです。乾燥するとバリア機能が少なくなり、摩擦などの抵抗に弱くなり黒ずみとなってしまいます。
この摩擦、圧力、乾燥の3つが主なひざやひじの黒ずみの原因です。

黒ずみケアの仕方


 


なってしまったひざやひじの黒ずみ、どういったケアで治っていくでしょうか。

ぜひ黒ずみケアをしていただき、半袖でお出掛けしても気にしない!

そんな夏を過ごしていただきたいです!すぐにでも始められる簡単な黒ずみケアをご紹介しますね!


黒ずみの部分を触ってもらうと、ザラザラや硬い感じがあると思います。

そのザラザラ・硬い皮膚をまずは柔らかくすることが大事です。

角質層が厚く、硬くなってしまっている所へ保湿をしても水分が中に浸透しません。

その厚い角質層を薄くして羽肌を柔らかくしてくれる、ピーリングやスクラブパックがオススメです。週1回程度で大丈夫です。

どちらも、お顔に使うもので市販されているもので大丈夫です。

お顔に使うものでしたら、お肌に優しいのでそちらを使うと良いと思います。


ピーリングやスクラブパックで柔らかくなったお肌に、今度は保湿が必要です。

保湿は毎日やってくださいね!

ハンドクリームをひざやひじに塗ったりするだけでも効果はあります。

選ぶなら保湿力の高い尿素入りのものがオススメです。

黒ずみケアは、時間がかかる!


 


黒ずみケアをやり始めたのに、中々よくならない!効果あるの?と思う方もいるかもしれません。

ですが、ひざやひじの黒ずみケアは結構な時間がかかってしまいます。

お顔の細胞の生まれ変わり、すなわちお肌のターンオーバーは基本28日周期で生まれ変わります。

ですが、お顔でも20歳を過ぎるとその周期が40日50日とターンオーバーが遅くなってしまうのです。

 

ひざやひじはお顔よりも角質層が厚いです。元々ターンオーバーの日数も多い、そしてターンオーバーが遅くなっていることを考えると1ヶ月以上、さらには2ヶ月やそれ以上とかかってしまうのです。

1ヶ月経っても治らないと諦めないでください。

ひざやひじの黒ずみケアは長期戦で根気よく対策していきましょう!


いかがでしたか?

薄着の季節になると気になってしまうひざやひじの黒ずみ。

時間はかかるかもしれませんが、角質除去と保湿で簡単にケア出来ます。

みなさんもこの夏黒ずみを気にせず、薄着でお出掛けしてみませんか?

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ボディ・ヘルスケア > ひざとひじのお手入れ、してる?露出度の高い夏服に備えた黒ずみケア