夏でも崩れない!お直し不要の毛穴レスベースメイクの作り方♪

太陽がじりじりと照り付ける、この季節。朝完璧にメイクしてきたと思っても、ランチ後に見たら、すでにドロドロ・・・なんていう経験をしたことがある人も多いはずです。一体どうすれば完璧な状態を維持できるのでしょうか。それはベースメイクにあるようです。

夏にメイク崩れが起きやすい原因は?



 

メイク崩れの原因は汗・皮脂・乾燥の3種類あります。

まず汗は99%が水分。

暑くなった体を冷ますための体温調整機能なので、暑ければ暑い日ほど、大量の汗をかいてしまいます。


汗をかくと、同時に皮脂が分泌されます。

皮脂は文字通り油分なので、メイクを落ちやすくしてしまいます。

夏と乾燥はかけ離れたものに感じますが、空調がかなり効いた屋内では、冬よりも空気が乾燥している傾向があります。


また汗や紫外線で肌がダメージを受けていると、より肌の水分不足を引き起こします。

特にパウダー状のメイク用品を使っている場合、粉を吹いてしまうことがあります。

乾燥している環境では、より皮脂が分泌されます。

これにより、もっとメイクが崩れてしまうことになるのです。

なので、肌の乾燥を防ぐことが最も大事なことなのです。


メイク前の下準備




メイク崩れ防止は、メイクをする前から始まっています。

まずは一番の原因である乾燥を防ぎましょう。



・化粧水でしっかり保湿する


肌の乾燥を防ぐには、うるおいを十分補給させることが大切です。

夏の化粧水でオススメしたいのは、収れん化粧水。

「収れん」とは、毛穴を引き締める効果のことを言います。

水分を含ませた後、その水分が逃げないように、ぎゅっと毛穴を閉じさせることができます。

皮脂を吸着する機能を持つものも効果的です。


夏には多くのドラッグストアの店頭に並びます。

冷涼感を謳ったものもあるので、夏にはぴったりです。



・日焼け止めは必ず使う


肌の乾燥を引き起こす要因の1つである、紫外線対策は必ず行いましょう。



・肌を冷やす


化粧水で毛穴を閉じ込めても、暑い中ではすぐに体温が上がり、汗が出てきます。

この状態でメイクをしても、付けた傍からドロドロになってしまいます。

これを防ぐために、予め肌の温度を下げましょう。


一番簡単なのが、保冷材。

朝の不快感も解消できますし、冷やした後すぐにメイクが開始できます。

首元も冷やしておけば、身体のひんやり感が持続しますよ。


メイク崩れを防ぐベースメイクの作り方




メイク崩れを防ぐ方法はいくつかあります。

このうちの幾つかを組み合わせて行いましょう。



・下地は機能で選ぶ


最近の下地は肌トラブルを補正してくれるだけでなく、皮脂を吸着してテカりを抑えてくれたり、うるおいを閉じ込めてくれたりしてくれます。

自分の肌に合わせて、必要な機能を選びましょう。

混合肌・脂性肌の人は皮脂吸着系、乾燥肌の人には保湿系がおすすめです。



・ファンデーションはクリームもしくはリキッドタイプ


クリームタイプ・リキッドタイプはパウダータイプと異なり、水分と油分のバランスがよく、肌との密着性が高いです。

また乾燥を防ぐなどの機能をもつものもあります。

薄く均一に伸ばして塗るのが大切です。



・おしろいをフル活用


通常ベースメイクの最後に使う、おしろい。

化粧崩れを防ぐのには欠かせないアイテムですが、下地を塗った後にも使うことができます。

こうすることでファンデーションを塗る前に肌がサラサラになり、日中余分な皮脂を吸着してくれる効果があります。また顔もよりナチュラルに綺麗に見せてくれます。



・メイクに一工夫!潜水法


今ちょっとした話題になっている潜水法。

方法は簡単。

下地、ファンデーションを塗り、多めにおしろいを乗せたら、水に潜ります。

洗面器に水を張って、30秒~1分間顔を浸します。

ファンデーションを濡らすことで、毛穴までしっかりと浸透し、密着してくれます。


これなら海やプールに出掛ける日にもおすすめです。

水に潜るのに抵抗がある人は、ミストタイプの化粧水で代用することができます。



いかがでしたでしょうか。

これらの方法を使って、暑い夏も綺麗な肌で乗り切りましょう。

関連記事

Writer : しぇりる さん
猫と美味しいものが好き♡
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly