正しい睡眠は痩せる効果も♡寝るだけダイエット!

睡眠はヒトにとって欠かせないものですが、毎日「正しく寝る」だけで300ckalを消費しているってご存知でしたか? もしこれがきちんと一か月実践されれば、およそ1kgの減量になりますよね☆ 寝るだけで痩せられるなんて!これは絶対毎日の生活に取り入れたい♡ そこで今回は痩せられる「正しい睡眠」方法をご紹介したいと思います♪

出典:www.b-lab.jp

 

成長ホルモン=痩せホルモン



出典:bihada-mania.jp


人には100種類以上のホルモンを体の中で作っていますが、「成長ホルモン」は聞いた事がある!という方も多いのではないでしょうか。
その名の通り骨や筋肉の発達など「成長を促す」という役割で知られていますが、他にもこんな役割が☆

・疲れや気分の低下を防ぐ
・記憶力を高める
・免疫や生殖機能を正常に保つ
・脂肪の燃焼を促す
 
脂肪の燃焼を促す・・・詳しくいうと、中性脂肪を分解して血液中に放出し、それが肝臓の中で分解されて体脂肪が減少する、ということ。
更には食欲を抑える効果や美肌の維持やシミ、シワ、たるみの予防まで♡
そんな成長ホルモンの働きがダイエットにうってつけ!と、今再び注目されているのです♡
 

出典:www.g-hormone.com

 
逆を言えば、「きちんとした睡眠がとれていないと太りやすくなる!汚肌になりやすい!」ということ。
「正しい睡眠」というのは本当に大事なことなんです☆

正しい睡眠ってなに??



出典:bg-mania.jp


実は睡眠にとって大事なのは

・「寝始めてから3、4時間にしっかり熟睡」すること。
・ベストなのは6~8時間
・質のいい睡眠をとること


なのです。
 
睡眠時間は長すぎても短すぎても体にとってはデメリット★高血圧、心疾患、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まってしまうのです。

「短くても大丈夫!」と思っている方も多いかもしれませんが、後々響いてくるものです。出来るだけ早いうちに改善することをおすすめします。

大流行した「ゴールデンタイム」はウソだった?!



出典:www.atama-bijin.jp


「お肌のゴールデンタイムに睡眠をとる」のが流行った時には、「ゴールデンタイムは22時~2時!この時間は絶対寝るべし!」という内容だったのですが、実はコレはもう古い情報だという事をご存知ですか?

確かにその時間に無理なく寝れていれば文句ナシ♡なのですが、実際22時に眠りにつく人はいったいどれだけいるでしょうか?
現代人には難しいですよね・・・
これは旧日本人型のライフスタイルに合った考え方なので、現代人には合わない!という結果になったのです★

また、「早く寝なきゃ!ゴールデンタイムだ!」と焦ったり急いだりする事で寝つきが悪くなってしまったり、質の悪い睡眠に陥りやすくなってしまいます。
「正しい睡眠」を、自分の時間の中で調整することが大事なのです♡

正しい睡眠の敵はコレだった!



出典:girlschannel.net

携帯電話やパソコン、照明などから出ている「ブルーライト」は、睡眠を促すメラトニンの生成を抑制してしまうので寝付きにくくなってしまいます。
携帯電話やパソコン、タブレットなど寝る前は控えるのが◎!
そして実は、家の中でも使われている白色の蛍光灯や、LED電球からもブルーライトは出ているのです。

近年発売されている照明の中には「さくら色」も出す照明があるので、寝る前には照明を変えてみる・少し暗くしてみることで、メラトニンの分泌を妨げないようにするのも良いですね♪ 
 

痩せホルモンを促進させたい♡



出典:beauty-matome.net


成長ホルモンの分泌は、思春期がピークでそれ以降は減少していきます。
だからこそ!大人でも睡眠が大事☆
 
また、成長ホルモンは主にアミノ酸(タンパク質が分解)で構成されているので、牛乳やチーズ、納豆や豆類、白米などの穀類、肉類など、食生活でも気を付けると更に効果UP♡
バランス良く摂ることを心がけることで、成長ホルモンの生成を促進させると言われています♪

 
「寝だめ」は効果がないと言われているので、自分の決めたゴールデンタイムで毎日寝るように心がけましょう。
それだけで一か月に1kg減量できるなんて素晴らしいですよね♡

皆さんも無理なく「正しい・良質な睡眠」で睡眠ダイエットにチャレンジしてみてくださいね♪

Writer : miu さん
アラサーの専業主婦です。 女の子二人育児中ですが、オンナを忘れたくない!と常に思っています(^^♪ できるだけ簡単に、できるだけ安く!をモットーに、女磨き頑張ります☆☆

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking