【ママ必見♡】セルフでできる!夏祭りで子どもにしてあげたい浴衣ヘアアレンジ特集♡

夏祭りにお子さんを素敵な主役にしてくれる簡単ヘアアレンジをマスターしましょう。誰でも家にあるものだけでできるものを選びました。浴衣を引き立てる髪型でとびっきりキュートに仕上げて下さいね♡

楽しい夏祭りには可愛いヘアアレンジと浴衣が欠かせない



夏と言えば夏祭り。浴衣を着て、下駄を履いて、リンゴ飴を食べながら花火を見る、子供の頃の楽しい思い出が鮮明によみがえってきませんか?

今度はあなたの可愛いお子さんがお友達と一緒に夏の思い出をつくる年頃になっているかもしれません。


一年に数回しか着られない浴衣、お子さんには最高に可愛く着付けてあげたいですよね。

女の子であれば髪型もとっても大切。

わが子が一番可愛くあってほしい♡

そんな親心を叶えてくれる、簡単でちょっぴり特別に見える、浴衣に合うヘアアレンジをご紹介します。


お子さんのヘアアレンジ4つのポイント



子供のヘアアレンジで大切なポイントは、

●崩れにくいコト

●使用するピンなどが少ないコト

●ママでも簡単にできる事

●子供だからこそできる目立つ髪型であること


浴衣を着ているとはいえ、子供はよく動きます。

また髪が崩れてしまっても自分でお直しすることができません。

複雑で多くのピンを使うような髪型が崩れ、ピンが外れてしまったりすると危険ですよね。


また忙しいママが簡単に短時間でできることも大切。

手軽にできるのにスゴそうに見えるものを選びましょう。


成長していくにつれ年相応でないため出来なくなる髪型も多いですよね。

大きなリボンやキュートなお団子などは子供の特権。

今しかできないラブリーなヘアアレンジをしてあげましょう。

浴衣の派手な柄に負けないような目を惹くようなヘアアレンジがオススメです。


おすすめヘアアレンジ4選


ココからは可愛く夏祭りデビューしたいママのための簡単ヘアアレンジをまとめていきます。


・自分の髪でつくるリボンが浴衣に合う♪



レディーガガがやっていたことでもブレイクした「リボンヘア」。

自分の髪でリボンをつくるとってもキュートなヘアアレンジです。

動画で紹介しているのはハーフアップですが、リボンを作る位置は好きな場所に変更してOK!

左右の頭頂部に小さ目リボンを2つ作るのが、子どもらしく可愛いですよ♪


【やり方】

①左右二つに髪を分けてそれぞれゴムで結びます。

②結ぶ際、毛先を最後まで通し切らず、輪っかを残した状態で結びます。

ちょうどポニーテールを結ぶ途中で止めたようなイメージ。


③できた輪っかを左右二つに分け、リボンの羽の部分を作ります。

輪っかに指を通して髪を少し引っ張り、左右が三角形になるよう形を整えてピンで固定します。


④リボンの真ん中部分を髪で覆うように、毛先の髪を下から巻き付け、上から下に通します。

見えないようにピンで止めて固定します。

⑤残った髪をホットカーラーで少し巻くとよそ行きスタイルに♡



・玉ねぎアレンジのツインテールが可愛い♡



ぽんぽんとした可愛い形に、お子さんも喜ぶこと間違いなし♪

くるりんぱを繰り返すだけでできる簡単なアレンジなので、ぜひお試しください!

一つ結びにすれば、ディズニープリンセスのジャスミンのようなヘアアレンジもできます。




・ツインテールならフィッシュボーンもおすすめ!



これができるだけでもプロ級に見えるのがフィッシュボーンアレンジ♪

髪の束を二つに分けて、外側の髪を少しすくい、二つに分けた束の真ん中でクロスさせていきます。

ぜひ動画を見てマスターしてみてください!


後ろで一本編みにすれば、ラプンツエル風のアレンジにもなりますよ。




・可愛さ満点♡ツインお団子アレンジ



後ろから見たときも、とっても可愛いツインスタイルは、くるりんぱと三つ編みだけでできちゃいます!

くるりんぱを作る位置を左右のトップの位置に変えたら、まるで耳ができたような上向きお団子アレンジになります。



せっかく作ったアレンジをキープするために!



<商品>マトメージュ まとめ髪アレンジウォーター / 700円(税抜)


お子さんのために、頑張ってセットしたヘアアレンジを崩したくないですよね。

いっぱい動いて髪型も崩れてしまいやすい子どものヘアアレンジをする前に使ってみてほしいのが、マトメージュのまとめ髪アレンジウォーターです!


髪が柔らかくて細いお子さんにぴったりのアレンジ材です。

パラパラしやすい髪を扱いやすくしてくれるので、崩れにくいだけでなく、アレンジもしやすくなりますよ♡



いかがでしたか?

「これ難しそう!」と思ったものが意外にも簡単ですよね。

くるりんぱやネジネジを組み合わせて工夫すれば、簡単なのに凝った髪型ができるんです!

あとは夏まつりにピッタリなリボンやお花を組み合わせて、誰よりも目立って光るようコーディネートしてあげて下さい。

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly
--