夏フェスはこれで決まり♪夏フェスにしたいヘアアレンジ♡

憂鬱な梅雨が明ければ、いよいよ夏本番!!夏といえば全国各地で色々なフェスが開催され楽しみにしている人も多いのでは??フェスっぽくお洒落をしたなら、ヘアスタイルも合わせてフェス風に可愛くアレンジしてみませんか??

フェスを楽しむヘアアレンジのポイント



出典:www.pinterest.jp


ポイント1 「崩れにくい!」こと。

会場も野外であったり季節的に暑くて湿気もあり、飛んだり跳ねたり踊ったり。いちいち髪の事まで気にしていたら楽しめません。心置きなく楽しむためには「崩れにくい」が鉄則です。


ポイント2 「邪魔をしない」こと。

高い位置のシニョンヘアやポニーテールは夏に可愛いヘアスタイルですが、フェスの会場では後ろの人の邪魔になって迷惑をかけてしまいます。動くたびに揺れる毛先は、鞭のように顔に当たりまるで凶器です。これはマナーとして周りの人の「邪魔にならない」ヘアスタイルを心がけましょう。


ポイント3 「帽子がかぶれる」こと。

時間帯にもよりますが野外ですから熱中症のリスクに備え帽子がかぶれる様にしておくと良いでしょう。


そうは言っても、お祭りですから!!3つのポイントを頭に入れつつ自分らしい個性的なヘアスタイルに挑戦してみましょう♪


やっぱり可愛いツインテール



出典:up.myreco.me

小林侑史@yujikobayashi_eighteen


キッチリ編み込みツインテールは本気でフェスを楽しみたい!!というフェスガールにぴったりのアレンジ。崩れにくくて涼しくて動きやすい!言うことなしです♪


分け目はジグザグにザックリ分けて「コナレ感」をだして。


それ程髪の長さが長くなくても編み込みツインテールなら可愛くできるので、短い人は結び目を外に跳ねさせたり、カラフルなゴムを使ったりしてポイントにしてみてください。


出典:up.myreco.me

内山 聡@satoru0514


もちろん毛先まで編み込まずに毛先を遊ばせても可愛いです♪女子らしいキュートな印象にしてくれます♡

緩めに少し崩すと、より可愛らしい雰囲気に。


出典:up.myreco.me

Minaho@minahoohanim


編み込みには表と裏があります。編み込んでいく髪を上から入れていくと表編み、下から入れていくと裏編みになります。表編みより裏編みのほうが三つ編みか強調されて立体的な仕上がりになります。個性的でクールな感じにするなら裏編みもおすすめです。


ロングでボリュームのある方なら画像のように三つ編みした髪を三つ編みにして、複雑なアレンジを楽しんでみてください♪


出典:up.myreco.me

畑中 潤@jun.hata


「くるりんぱ」を使った、たまねぎアレンジも可愛い♪編み込みが出来なくてもコレなら簡単にできそうですね。 ハットを合わせると、お洒落度がアップします。


大人可愛い方サイドアレンジ



出典:up.myreco.me

daisuke_5511@daisuke_5511


編み込みをサイドに流すと大人っぽい雰囲気に♪ザックリ大き目に編んでゆるさを出して。子供っぽくなり過ぎるのはちょっと、と言う方におすすめです。


流す反対の後れ毛が気になる方は1つでなく画像のように2本にして、流したい方向に斜めに編み込む事とトップを中心に、あまり崩し過ぎないように注意してみてください。


出典:up.myreco.me

mihoko0608@mihoko0608


三つ編みシニョンも方サイドで♪こちらもポイントはブロッキング。1つでまとめるよりも、毛束を分割してまとめることで、崩れにくさとボリュームを出すことが出来ます。意外と簡単に出来るので、ぜひ挑戦してみてください!


小物使いで個性的に♡



出典:up.myreco.me

YoshinoriUeki@nanuk_ueki


ヘアバンドやバンダナは、ただ巻くだけで簡単にお洒落の上級者に見えます。どんなヘアスタイルとも相性が良いので1つは持っていたいアイテムですね。


出典:up.myreco.me

古田愛@ofhair.furutaai


ショートの人にもおすすめです。大き目のターバンで大人可愛いアレンジです。洋服に合わせて色のコーディネートも楽しそうです。


出典:up.myreco.me

小笠原 淳@jun_no.8


編み込みにカラフルなアクセを一緒に編み込んだアレンジは何ともフェスらしい。ビーズやフェザーでオリジナルのアクセを手作りすると思い出にも残りますね。


出典:up.myreco.me

萩原 翔志也/vicca@toshiya.hagiwara.vicca


ショートのアレンジはヘアピンを上手く使って♪coolに決めたいロックフェスには流行りの外ハネやサイドをタイトにしてモヒカンっぽくしてみても。



今回は崩れにくくて涼しいをポイントに、少し個性的なヘアレンジを集めてみました。普段はしないヘアスタイルにチャレンジして、思いっきりフェスを楽しんじゃいましょう♪

関連記事

Writer : vivimachi さん
美容師、エステティシャン、ネイリスト経験のある主婦です。
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly