食べ過ぎたときは胃腸を休めて!12時間プチ断食する体メンテ法

飲み会で食べ過ぎてしまった!お酒もたくさん飲んだ!! そんな日の夜は、「12時間プチ断食」で体のメンテをしてみましょう♪ 健康はもちろんのこと、ダイエット効果や美容にもイイって知っていましたか? 今日は、話題の「12時間プチ断食」について詳しくご紹介します。

食べたら休む! 12時間プチ断食とは



出典:www.pinterest.jp


12時間プチ断食とは、食事と食事の間を12時間空けるという短期間の断食のことをいいます。


こう聞くと、「12時間も何も食べないなんて……!」と思われる方もいるかもしれませんが、たとえば夜の7時に夕飯を食べたら、翌日の朝食を7時以降にするだけ。

夜なら、6~8時間くらいは寝ていますし、意外となんてことないんです。


よく間違われるのが、「12時間ダイエット」という言葉で、そちらは「朝起きてから12時間以内だったら何を食べてもいいダイエット」を指しますので、そちらとは混合しないように注意してくださいね


12時間プチ断食の効果



出典:weheartit.com


12時間プチ断食は、食べ過ぎたときに行うと効果があるとされています。


食べ過ぎは、内臓をとても疲れさせます。

とくに、胃腸と肝臓です。

食べたものの消化を行う胃腸や、摂りこんだ養分をエネルギーに変えたり、有害物質を無害化したりするはたらきのある肝臓には、食べ過ぎによる負担が大きいといえるでしょう。


食べた量が多いと、内臓は長い時間働かなければならず、もしそれらを消化したあとにすぐ次の食事が始まると内臓は休めないですし、場合によっては消化不良を起こすことも。


そのため、12時間プチ断食は、「内臓を休ませる」という目的が大きいのです。


内臓をしっかり休ませることで、内臓が動いていない時間を作ることができます。

そうすると、次の食事からまたきちんと働けて、消化不良による体調不良などを防ぐことができるのです。



・ダイエット効果も♡


出典:weheartit.com


12時間プチ断食の主となる効果ではありませんが、やはりダイエットにもいい影響があります。


というのも、プチ断食により肝臓がしっかり休まることで、むくみが取れるという効果が期待できるのです。

おそらく断食後は、顔のむくみがとれていたり、ポッコリおなかがへこんでいるのを実感できるはずです。

どういうことかと言うと、先ほどご説明した肝臓の主なはたらきである「摂りこんだ養分をエネルギーに変えたり、有害物質を無害化したり」というのは、いわば「ターンオーバー」という細胞の生まれ変わりなのですね。

肝臓がきちんと働いて、ターンオーバーが進めば、体中の血行が良くなるので、結果、むくみが改善されるというわけです。

それに代謝もよくなりますので、脂肪燃焼しやすい体=ダイエットしやすい体を作ることができますよ♪


つまり、12時間プチ断食は、健康と美容に効果がある体メンテ法だといえます。


意外なほど簡単♪ 12時間プチ断食のやり方



出典:www.pinterest.jp


12時間プチ断食は、夜から朝にかけて実施するのがおすすめです。

つまり夕飯から、翌日の朝食の間の12時間は、何も口にしないというわけですね。


ただし、普通の断食と同様に、断食中でも、水か酵素ジュースなら飲んでもOKです。

食べ物や、炭酸・アルコールなどの刺激が強い飲み物は避けましょう。

もし何かを口にしたくなったら、歯磨きをするか、少し外を散歩するだけでも食慾をおさえることができますよ。

身体を動かすことで、一時的ですが血糖値が上がるので、食欲が自然に低下していきます。

とくに散歩などの適度な運動は、気分をリラックスさせてくれる効果もあるので、心身の健康のためにもとてもおすすめです。


なお、12時間経った後の食事は、いつもの食事よりもやや少な目にして、柔らかいものや温かいものなど、内臓にやさしいものを食べるようにしましょう。



いかがでしたか?

今回は、食べ過ぎた夜にぜひためしてほしい、12時間プチ断食についてご紹介しました!

「断食」というなにやら過酷そうなイメージとは違い、お手軽で、簡単な体メンテ法でしたね♪

夏は開放的な季節なので、お酒を飲んだり、BBQでお肉をおなかいっぱい食べたりする日も増えるハズ!

そんなときはぜひこの方法を日常生活に取り入れて、内臓にやさしいライフスタイルを目指しましょう。

Writer : balloon さん
東北の美容好き主婦です(^^) 特にヘアケアにこだわっています。

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

--