正しく使って美白肌をキープ!日焼け止めの基礎・応用知識のQA集

毎日使う日焼け止め、皆さんはどんな風に使っているでしょうか?何となく、の知識で使っている方も多いですよね。 今回は日焼け止めのQA集として、日焼け止めの数値に関する基本的な情報や選び方、応用知識まで詳しくご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

日焼け止めの基礎的知識:数値の見方について




Q.「SPF」と「PA」とは、どういった意味の数値なのでしょうか?


A.どちらも紫外線をどれだけ「防止」できるかの数値ですが、意味合いが違います。

「SPF」は「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」の略で、日本語にすると「紫外線防御指数」となります。

主にUVB波の防止を表現し、紫外線を浴びた時、炎症が出るまでの時間をどのぐらい延ばせるか、というのを数値化したものです。

「PA」は「Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略で、こちらも日本語にするとUVA防御指数、となります。

SPFは肌の炎症を防ぐ数値なのに対し、PAはメラニンの分泌で皮膚が黒くなっていくのを防いでくれます。こちらは「+」の多さで段階が分けられていて、もちろん数が多いほど有効です。



Q.SPFは数値が高ければ高いほど日焼けしないのでしょうか?


A.これは違います。

上記で記述したように、あくまで炎症が出るまでの「時間を延ばす」という数値ですので、SPFが高ければ高いほど日焼けを「しない」訳ではありません。

数値の基準は、紫外線を浴びて炎症が15分程度で現れる人がSPF50の日焼け止めを塗った場合、その効果を50倍に伸ばす事ができる、という考え方です。

15×50=750分で、大体12時間程度の日焼け止め効果が期待できるという事です。

ただし、日焼け止めを塗る厚さや汗で落ちた時の事は計算に入っていませんので、こまめな塗り直しやケアが必要です。



Q.PAの「+」の数値が高いものを使うと、肌がかゆくなってしまいます・・・


A.SPFやPAの高い日焼け止めは、確かに紫外線に対する効果は大きいものの、肌への負担が高くなるのも現状です。

SPF50、PA++++の日焼け止めを日常生活で使う必要性はまずないでしょう。

毎日の生活で日焼け止めを使う場合は、SPFやPAの数値が低いものを使って肌への負担を軽減化し、マリンスポーツや1日屋外にいるときには最大数値のものを一時的に使う等の工夫が必要です。


日焼け止めの応用知識:テクスチャーの違いについて




Q.クリームやジェル、ローションなど、様々なタイプがあり過ぎて迷ってしまいます。


A.それぞれのタイプにメリットとデメリットがあります。

定番のクリームは保湿力が高く、落ちにくいのがメリットですが、油分が多いので肌トラブルやニキビの原因ともなります。

さっぱりしたローションタイプだと、化粧水のように使いやすいのですが、テクスチャーの関係上SPFやPAの数値をそれほど上げる事ができず、しかも落ちやすいというデメリットが。

それぞれに必ずメリット・デメリットがありますので、よく調べながら自分に合った日焼け止めを探していくのが重要ですね。



Q.スプレータイプやパウダータイプの使い方がよくわかりません


A.スプレータイプの最も大きな特徴は「塗りにくい場所に塗れる」という事です。

手が届かない背中にも簡単に塗れるので利便性が高く、背中を出すようなファッションには欠かせません。

一方のパウダーはメイクの仕上げに使うのが有効です。

現在はメイク直しとしてパウダータイプの日焼け止めも販売されています。

肌に優しく、落としやすいので敏感肌の人に向いています。

ただし、どうしても落ちやすいので、他のタイプよりもこまめに塗り直さないと効果が消えてしまいます。


日焼け止めの応用知識:効果を最大限引き出すには?





Q.日焼け止めの効果を持続させるためには、どうするのがいいのでしょうか?


A.最も重要なのは「塗り直し」です。

日焼け止めの最大の問題点は汗等の水分で落ちて効果がなくなってしまうこと。

それを防ぐためにも、できるだけこまめに塗り直しましょう。

朝に塗ったらお昼休みに1回、休憩時間に1回、日没直前も紫外線が強くなりますのでもう1回・・・といった風に、タイミングを見ながら塗り直していくと効果的に使い続けられます。



Q.去年の日焼け止めがまだ残っています。使っても効果はありますか?


A.効果がない訳ではありませんが、メイクやスキンケア用品と同様、一度開封して空気(酸素)に触れる事で徐々に酸化し、劣化してしまいます。

元々日焼け止めの成分自体が肌にいいものではありませんので、やはり酸化したり劣化したものを使い続ける事は止めておいた方が無難です。

できるだけ1年で買い換え、新しいものに変えていきましょう。

日焼け止めは日進月歩で改良されています。

夏は日焼け止めを使う回数も時間も増えますので、この季節には買い換えを検討しておきましょう。



いかがでしたでしょうか?

日焼け止めのぼんやりした知識はあっても、正確、確実な知識は言われてみると持っていない、という事が多いですよね。

是非参考にしていただき、これからの日焼け止めを選ぶ参考にしてみて下さいね。

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking