疲れた時には漢方が効く?風邪薬より漢方を選んでほしい理由

よく漢方が良いと聞きますが、どうして漢方が良いとされているかご存知でしょうか。 漢方は西洋薬に比べて副作用のリスクが少ないなどのメリットがあるんです。 今回は、漢方とは何か、から西洋薬との違いや漢方の服用方法などについてまとめてみました。 漢方が気になる場合や、疲れている時などにぜひ参考にしてみてくださいね。

漢方とは?



出典:pixabay.com


漢方とは、もともとは中国から伝統医学が日本に伝わり、その医学が日本人の体質などに合わせて日本独自のものへと発展したものです。


漢方の原料となるものは、自然界に存在する植物や鉱物などを複数組み合わせたものとなっています。

また、漢方は薬効のある植物や鉱物を使用した症状改善のための東洋の薬、という以外にも独自の考え方などを持っています。


例えば、末病という考え方です。

未病とは、病気とは言えないもの、病気になる寸前のところや、病気が芽生え始めている状態のことを指します。

疲れやすい、身体が重い場合などは未病と考えられています。

漢方では、この未病の改善も得意としていますので、疲れを感じた時などに漢方は最適です。

つまり、漢方は病気に対するアプローチだけでなく、体質改善や、本来持っている身体の治癒力を高めていってくれるものなのです。


西洋薬とどう違う?



出典:pixabay.com


では、漢方は西洋薬とどう違うのでしょうか。

まず、漢方は上記でお話した未病に対するアプローチができるのに対して、西洋薬は病気にかかってから症状に対してピンポイントで抑えることができます。


次に、西洋薬は症状への効き目が早く、その効果も強いとされています。

効果が強い反面、副作用のリスクは上昇します。


一方で、漢方は多彩な症状にマイルドな作用をもたらすので、比較的副作用のリスクが少ないとされています。

マイルドな作用とされていますが、葛根湯などの風邪薬に対しては即効性があるとされていますので、副作用などのリスクが低い漢方が風邪薬よりも良いとされているのです。


さらに、西洋薬は例えば風邪の場合、鼻水に対する薬、喉の痛みに対する薬、咳を止める薬などと、症状ごとに処方されます。

一方で漢方の場合には、症状すべてを配慮して処方されるので、薬をいくつも服用する必要がありません。


漢方の服用方法



出典:weheartit.com


漢方の服用方法は、食前の空腹時が推奨されています。

これは、漢方の吸収を良くするために空腹時が良いとされているためです。

また、漢方を服用する際には白湯で、という話もよく耳にしますが、これも一度沸騰させ不純物を取り除いているから漢方が吸収されやすいと言われているためです。


ただ、漢方は独特の風味があるものが多いので、白湯では飲みづらい場合には水でも大丈夫だそうです。

お茶やジュース、牛乳などは漢方の成分と反応してしまうことがあるので、要注意です。

ただ、どうしても漢方の風味が苦手、という方には最近ドラッグストアでも流通している漢方服用ゼリーなどを活用してみても良いかもしれません。



いかがでしたか?

疲れなどの未病の際には、風邪薬ではなく漢方に挑戦してみるのも良いかもしれません。

なるべく副作用のリスクがない方がうれしいですよね。

漢方専門店や、漢方を取り入れている病院などに相談をしてみるのも良いでしょう。

ぜひ、漢方を生活に取り入れてみてくださいね。

Writer : hawaii62 さん
元エステティシャンの主婦です

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking