使いこなせてる?メリハリ顔を作る、ハイライト!

皆さんはメイクをするときハイライトをしていますか?ハイライトを入れることで顔にメリハリが生まれ美肌を演出してくれるんです。そうは分かっていても、忙しい朝などは特に省いてしまいがちな工程ではないでしょうか。今回は、ハイライトの役割とより効果的な使い方をご紹介していきたいと思います。

ハイライトがもたらす嬉しい効果とは?



出典:jp.pinterest.com


ハイライトを取り入れることで、


・顔に立体感が生まれる

・シミやたるみを目立たせなくしてくれる

・顔全体を明るく見せてくれる

・ツヤ感のある美肌を演出してくれる


などの嬉しい効果を実感することができます。


そうは分かっていても、今までなんとなくで使っていたという方や、そもそも使ってこなかったという方も少なくはないかと思います。


ハイライトを上手に活用して、トレンドでもある「ツヤ肌」やメリハリのある顔を演出していきましょう♪


ハイライトの選び方



出典:jp.pinterest.com


初心者の方にオススメなのが、「ベージュ」や「ピンク」などの肌馴染みのよい色のもの選ぶことです。

ラメやパールが入っているものもありますが、控えめのものを選ぶと普段使いもしやすいですね。


また、ひとくちにハイライトといっても種類がありそれぞれ特徴が違うので、自分の肌やなりたいイメージに合わせて選んでいきましょう。


◎ハイライトの種類


・パウダータイプ


おでこや頬などの広い部分に入れるのに向いているのがパウダータイプです。

ふんわりと乗せたり重ねて強調させたりと、分量の調整もしやすく、初心者の方にも使いこなしやすいのも特徴ですね。

ふんわりナチュラルな美肌を作り上げることができます。


・クリームタイプ

肌との密着度が高く、パウダータイプに比べてツヤ感を与えてくれる効果があるクリームタイプ。

広げやすく馴染ませやすいのですが、つけすぎてしまったりムラになってしまうこともあるので注意が必要です。

小さい範囲のポイント使いにオススメ。


・リキッドタイプ

リキッドタイプは液体状になっているため、メイクの仕上げに使うのはもちろん、下地と一緒に使う事もできます。

しっとりとした仕上がりで、内側からにじみ出るようなツヤ感を表現してくれますよ。


ハイライトを入れる位置



出典:jp.pinterest.com


ハイライトの基本の入れ方は、Tゾーン、両頬骨の高い位置、顎先の4点に乗せることです。

ポイントを見ていきましょう。


◎Tゾーン

鼻根~鼻筋にかけてのTゾーンにハイライトを入れることで立体感が生まれ、メリハリのある顔を作りだしてくれます。

おでこの中央はふんわりと丸くハイライトを乗せると外国人のような丸みのあるおでこに♡


◎目元・頬骨の高い位置

眉尻の下~目尻~下まぶたの黒目までの位置を「Cゾーン」といい、この位置にハイライトを入れると目元に透明感をプラスしてくれます。

リフトアップ効果も期待することができますよ。


このとき、こめかみよりも外側までハイライトを広げてしまうと色が膨張し、顔が大きく見えてしまうので注意してください。

頬骨の高い位置に重ねるとより立体的に見せてくれます。


◎顎

顎先にハイライトを入れることで顔全体を華奢な印象に仕上げてくれます。

ここでも範囲を広げてしまうと膨張してしまうので、狭い範囲に入れていくようにしましょう。


 プラスαでより魅力的に♡



出典:jp.pinterest.com


基本の位置にハイライトを仕込んだら、気になる部分をハイライトでカバー&魅力的に仕上げちゃいましょう!


◎ほうれい線

ほうれい線が気になりだした時は、ハイライトをサっとひと塗り。

光のマジックで目立たせなくしてくれます。


◎口元

上下の唇の中央部分にハイライトを仕込み、指で馴染ませてからリップを塗っていくと、立体感のあるぷっくりとボリューミーな唇を作りだしてくれます。



いかがでしたでしょうか?

ハイライトを丁寧に入れていくと、いつものメイクをワンランク上の仕上がりにしてくれますよ。

今まで使った事がないという方や、なんとなくで使っていたという方も、ぜひ取り入れてみてください♡

Writer : yoyo さん
元ネイリストの主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking