元カレと復縁する方法って?

今回は「元カレと復縁する方法」について見ていきたいと思います。 彼がさほど復縁を望んでいないときは、どうすれば復縁できるのでしょうか?

今回は「元カレと復縁する方法」について見ていきたいと思います。

言うまでもないことですが、彼もあなたもともに復縁したいと思っていれば、いとも簡単に復縁できます。

が、おそらく彼があまり復縁を望んでいないから「どうすれば復縁できるのでしょうか」という恋愛相談が生まれるのでしょう。

彼がさほど復縁を望んでいないときは、どうすれば復縁できるのでしょうか?



■ ■淋しいから復縁してもいいかも


彼女のこういったところが絶対に許せないとか、彼はほかの女子と結婚したがっているとか、なんらかの具体的な「決定的な理由」があれば、復縁はほぼ絶望的だろうと思います。

あなたはさほど彼と結婚したくないけど、彼は「今すぐ結婚したい」と思っていたら、ちょっと復縁って無理ですよね。

あなたが「半年後に結婚しましょう」と言えば話は変わってきますが、そうでもないと復縁は無理でしょう。


でも、そういう「決定的ななんらかの理由」なく別れたふたりは、「淋しい」という理由だけで復縁できたりもします。

若い人の恋愛を見ていて多いのが、この「淋しさを理由とした復縁」です。

彼とあなたはなんらか別れるべき理由があって別れたものの、別れたあとお互いにシングルで淋しくて、「復縁しよっかな」というパターンです。


■ ■「別れてはじめて君の存在の大切さに気付いた」の背景


淋しさを理由とした復縁って、復縁のパターンでもっとも多い、と言い切ってもいいくらい、ホントに淋しさゆえの復縁ってメジャーです。

人は誰だって孤独です。

孤独ゆえ淋しくなると、下半身を満たしたいと思います。

人肌のぬくもりが欲しくなります。

そのとき元カレ以外にエッチできそうな相手はいません。

彼にも元カノ以外にエッチできそうな相手がいません……こういう条件が揃えば、人はいとも簡単に復縁します。


***

なので、淋しさに敏感な元カレで、別れたあと彼女ができていない人であれば、復縁するなんて簡単なはずです。

彼にどんな諸事情があれ、それが決定的でない限り、復縁は可能です。

決定的な諸事情ゆえ別れた彼は、きっと次の目標に向かって決意がカタいので、復縁は無理でしょう。

別れたあとすぐに彼女ができた彼も、復縁したがらないでしょう。


復縁に関する美談に「別れてはじめて君の存在の大切さに気付いた」というものがあります。

別れてひとりになったときに、いやというほど淋しさを味わったとか、その淋しさゆえろくでもない相手と恋愛もどきのようなことをしてしまって後悔したとか、そういう、あれやこれやの、ちょっと人に言えないような経験を経て、「別れてはじめて君の存在の大切さに気付いた」という美談が誕生します。



■ ■復縁という発想を持たない人々


さらに言えば、彼女と別れたあと、なんらかの目標に向かって一直線に走っている彼、というのは、人口比率からしてすごく少ないです。

みなさん、なんらかの不埒な気持ちと、人生を迷う気持ちを抱えつつ生きているので、すごく少ないです。

ということは、元カノは元カレに対して、色仕掛けで復縁を迫るといいということです。


あなたがひとり身の淋しさをヘンに隠してかっこつけるから、元カレもかっこつけて「淋しくないよ。復縁? べつに考えてないし」なんて言うわけです。

「淋しくて淋しくて、身も心もおかしくなりそうだから、お願いだから復縁してください」と言えば、復縁してくれます。


つまり多くの人の恋愛って、淋しさと下半身の欲求という2つの要素を抜きに語ることはできません。

だからつきあって別れてまたつきあって、という感じでフラフラしている人がたくさんいるのです。

逆説的に言えば、人生の目標を持ち、心を1本にしている人は、そもそも復縁なんて発想を持たないのです。


(ひとみしょう/ライター)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・後で復縁の確率が高くなる別れ方とは?

・新しい彼女がいる元カレと復縁するには?

・彼と復縁できたとき、すぐ別れないように気をつけたいこと

・ヨリを戻したいけれど……復縁できる可能性はどのくらい?

・男性が元カノとヨリを戻したくなるタイミングって?

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking