紫外線対策は「今から!」すぐ始めたい紫外線対策とオススメの日焼け止めアイテム

関東地方でも25度以上を突破する日があり、いわゆる「夏日」と呼ばれる日にちも多くなってきましたね。 美肌・美白女子がこれからの季節気になるのはやはり「日焼け」。紫外線による肌ダメージを防止するために多くの対策が必要になってくる季節でもあります。 そこで、今回は紫外線の基礎知識からオススメのプチプラ日焼け止めアイテムまで幅広くご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

再確認!女子なら予防したい「紫外線」のアレコレ



1.紫外線は5月~7月が一番強い!


出典:jp.pinterest.com


日差しが強ければ紫外線も強いと感じがちですが、実は紫外線の量が一番強いのは5月~7月の間。

いわゆる「うっかり日焼け」が多いのはこの5月に紫外線対策をしていないのが大きな原因と考えられています。


もう一つ、近年の傾向として「オゾン層の薄さ」が問題視されていますね。

このオゾン層は年間を通して量が変化します。

その年間で薄くなり始めると言われているのが5月。

オゾン層が薄くなれば当然紫外線が降り注ぐ量も増え、肌に負担がかかってきます。


ゴールデンウィークが終わった頃からこそ、紫外線対策に重点を置いていく必要が出てくるようですね。



2.日焼けは肌だけじゃなく、髪や目にも悪影響!


出典:jp.pinterest.com


日焼け止めというとやはり肌に使うのが一般的。

ただし、それ「だけ」では完全な対策とは言えません。

全身で露出している部分全てが紫外線による影響を受けてくるのです!


例えば「目」。

目からも紫外線は入り、肌のメラニン生成の原因に。

これを「目肌焼け」と呼び、注意喚起が行われてきています。


もちろん髪や頭皮にも悪影響です。

頭皮の紫外線ケアを行わない事は、抜け毛や薄毛に繋がるため、こちらも注意が必要ですね。

紫外線は長く浴びれば浴びる程影響が強くなってくるため、抜かりなく行っていく事が大切です。


もう一度自分の「紫外線対策」を見直してみましょう。



3.SPFとPAが高くても「完全に防げる」訳じゃない!


出典:jp.pinterest.com


紫外線を防ぐ基準であるSPFとPA。

SPFは「サンプロテクションファクター」の略で、数字が大きい程効果があります。

ただし、ただ高い数値のアイテムを使っておけばいい訳ではない事も覚えておいて下さい。


このSPF数値の意味は、15なら15時間、50なら50時間効果がある、という訳ではありません。

あくまでも、紫外線による日焼けを遅らせる事ができる、という意味になります。


個人差はあるものの、紫外線が当たりだして肌が赤くなってしまうまで(肌が炎症を起こしてしまうまで)は大体15分~20分程度。

その速度を遅くして、紫外線ダメージを軽減できる目安がSPF数値、となります。


もう一つのPAは「プロテクショングレイドオブUVA」の略。

UV-Aと呼ばれる紫外線A波を防止する効果を示しています。


肌の奥深くに届き、DNAを傷つけたり、コラーゲンを破壊してシワ等の肌老化を引き起こします。

窓ガラスや雲も突き抜ける強力な紫外線を防止する効果の高さは「+」で表現され、現在では4段階まで表示されています。

もちろん、+の数が多ければ多いほど効果的。


両方の数値や表示を上手く使い分けながら選択していく事が大切となってきます。


今からでも遅くない☆紫外線をしっかり予防しよう



1.6月には真夏と同じ紫外線量!今から対策しておく


出典:jp.pinterest.com


紫外線は5月から増加し、なんと6月には真夏とほぼ同量になると言われています。

春から日焼け止めアイテムや紫外線対策の話題が出るのは、春先にはもう紫外線によるダメージが始まってくるからなのです。


5月上旬~中旬から日焼け止めアイテムを購入し、使い始める事はとても重要なポイントとなります。

何故なら、紫外線は肌に「蓄積」されていく物質です。


紫外線が一番多い時期だけの対策では不十分となってしまいます。

いかに肌に紫外線を蓄積させないか、ダメージを軽減させ、日頃のケアで肌をキレイに維持していけるかが、夏に向けて肌ケアの第一歩となります。



2.できるだけこまめに塗り直しておく


出典:jp.pinterest.com


SPFとPAに頼りきり、あまり塗り直しをしないという女子も多いと思いますが、できるだけこまめに塗り直す事が最も効果的だと言われています。


具体的には、3~4時間に1回程度。

数値が高いものを1回塗って放置してしまうより、数値が低くても何度も塗り直して使った方が効果的です。


数値が低いものは、成分が強くない分だけ肌に優しかったり、テクスチャーが柔らかく、使いやすいものが多いですよね。

その利点を最大限に生かして、午前に1回、午後に1回、夕方に1回といったタイミングで塗り直しておきましょう。


プチプラで優秀♡オススメ日焼け止めアイテム



【ビオレ】アクアリッチ ウォータリージェル


SPF・PA共に高い数値を維持しながら、ジェルタイプの軽いテクスチャーと伸びの良さ、さらにはウォータープルーフ機能もあって、今年に入ってから高い評価を受けています。


ベタつかずさらさらと肌に馴染み、しっかりと紫外線から肌を守ってくれる優秀日焼け止めアイテム。

1000円以下で買えるというのも高コスパで嬉しいですね♪

外出先でも持っておきたい逸品です。


 

【オルビス】サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティ


日焼け止めなのに、美容液成分を80%以上配合した顔用日焼け止め。

うっすらとファンデーションのカラーでちょっとしたお出かけ時にササッと塗れる手軽さが好評のアイテムです。


化粧下地としても優秀。

これを使ってからファンデーションを使うと肌のトーンが明るくなり、ポイントメイクもいつもより色鮮やかな発色を見せてくれます。


肌への美容効果も、紫外線防止にもバッチリ。

これからの季節に大活躍してくれそうですね。



いかがでしたでしょうか?

もう5月も中旬近くになろうとしています。

紫外線対策はこれからが肝心!

是非参考にしていただき、夏の紫外線に負けない美肌を維持していって下さいね。

関連記事

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking