一度使うとやみつきに♡話題のボディケアアイテム5選

皆さん、毎日のボディケアってどうしてますか? 「何もやってない……」なんて人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、一度使うとやみつきになる、話題のボディケアアイテムをご紹介します。基本的なアイテムを網羅してみましたので、ボディケア初心者の方も、ぜひぜひ参考にしてみてください♪

ボディローション(ビクトリアシークレット)



出典:up.myreco.me

Miho @mhpitty


ボディケアの基本といえば、こちら。ボディローションです。


お風呂あがり、体にローションをつけたときの、肌が水分をぐんぐんと吸いこむ感じがたまりませんよね!

ボディミルク、ボディオイルなど、肌に何をつけるにしてもまずはボディローションで水分補給をする必要があるので、持っていない方はぜひ用意してみましょう。


おすすめは、アメリカ土産の定番♡ビクトリアシークレットのボディローション。

存在感のある香りが特徴です。

まるでアロマのように、その香りに包まれたまま眠ることができますよ。


欲しい方は、通販などで探してみてくださいね。


ボディミルク(ジルスチュアート)



出典:up.myreco.me

Kanon @cosmeholic___


ボディミルクは、ボディローションで補給した水分を逃がさないようにするために塗るものです。

ひじやかかとなど、ガサガサしがちなところを重点的に塗るといいでしょう。


特に冬場などは、ローションだけだと潤いが物足りず、肌がすぐ乾いてしまうような気がするのですが、ボディミルクを塗ると肌がもちもちっとします。

しっかり潤いが持続するのに、塗った直後はさらっとしている使用感のものが人気ですよ。


おすすめは、ジルスチュアートのボディミルク。

パッケージが大人心をくすぐりますよね♡

ボディミルクはこのように可愛いデザインのものが多いので、そんなところもぜひ楽しんで選んでみてください。


ボディオイル(ディオール)



出典:up.myreco.me

たかはしまい @maipochocho


こだわり派の方は、ボディオイルもあるといいですね。

特に夏場は、ボディミルクだとちょっと重いかな、というときにボディオイルは重宝します。


使い方としては、入浴前に乾燥が気になる部分に塗るのがおすすめですよ。


お風呂で体を洗うとき、肌の水分が足りないと角質がボロボロに剥がれ落ちてしまうのですが、ボディオイルにはそんな肌の水分と油分のバランスを整えるはたらきがあります。


おすすめは、ディオールのボディオイル。

ディオールは香水をつくっているだけあって、やっぱり香りが優秀です♡

ボディオイルは、ローションやミルクと違って少量ずつ使っていくものでもあるので、ちょっと奮発してみるのもいいかもしれませんね♪


ボディスクラブ(LUSH)



出典:up.myreco.me

shoko @shoko_chocolat0923


「ここぞ!」というときのボディスクラブも要チェックですよ。


ボディスクラブには、古い角質を落として肌をリセットしてくれる効果があります。

なので、しばらくスクラブをしていなかったりすると、肌がワントーン明るくなることも♪


また、程よくザラザラとした触感で肌をやさしくこすると、それだけでマッサージ効果もあります◎

あまり頻繁すぎると肌を傷めてしまうので、頻度などは説明書を参考にしてくださいね。


おすすめは、LUSHのボディスクラブです。

種類が豊富なので、色や香りでお好みのものを選べるのがいいですね。

友人へのプレゼントにもおすすめですよ♡


バストケア(VOLCENTA)



出典:up.myreco.me

tyanfumi @tyanfumi


女性にとって大切なボディケアといえば、そう。バストですよね。

美しいバストを保つためには、バストケアは欠かせません。


もちろんボディローションやミルクでも大丈夫ですが、ほかの部位と区別して、大切にケアしたい!という人もいるでしょう。


そんな人におすすめなのは、VOLCENTAのバストクリームです。

フランスで特許を取得している成分が配合されていて、バストにハリが生まれます。

弾力のあるバストを手に入れたい方は、ぜひためしてみてくださいね。



いかがでしたか?

ボディケアアイテムの特集でした。

フェイスと違って、ボディは「まったく何もしていない派」と「こだわり派」が分かれる部分でもあります。

ぜひいろいろ試して、やみつきのアイテムを見つけ、周りにどんどん差をつけちゃってくださいね♡

Writer : balloon さん
東北の美容好き主婦です(^^) 特にヘアケアにこだわっています。

おすすめ記事

Ranking