買い換え時を見逃さない!下着を定期的に買い換えるべきというその理由は?

女子にとって楽しみであると共に、悩みのタネであり続けるのが「下着」。いつまで使い続ければいいのかはもちろん、買い換えるタイミングやお財布事情から何年も前の下着をそのまま着けている・・・という方も多いのではないでしょうか。 しかし、下着はボディに最も近く、体型や健康にも影響する大切な部分。しっかりした知識を持っておかないと、美ボディからはほど遠くなっていってしまいます。 そこで、今回は合わない下着を使い続けるデメリットから、買い換えのサインまで詳しくご紹介していきます! 最後まで是非ご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

こんなに怖い!合わない下着を使い続けるデメリット3



1.バストの形が悪くなる(下垂する)


出典:jp.pinterest.com


ダイエットをしている女性に多く見られる現象のようです。

カップの大きいものを無理矢理着けていると、カップの中でバストが揺れ続け「クーパー靱帯(じんたい)」と呼ばれる靱帯が伸びてしまいます。

これはバストそのものが下がってしまう大きな要因。


このクーパー靱帯自体には多少の伸縮性はあっても、伸び縮みするものではありません。

ジョギングや日常生活でもバストを揺らし続けているとクーパー靱帯が伸びきってしまい、バストが下がる原因になってしまいます。

伸びてしまったクーパー靱帯はちょっとやそっとでは元に戻らず、最悪切れてしまう事もあります。

切れてしまったら二度と修復する事はできず、バストは下がったまま・・・。


普段からしっかりと合った下着を使い続ける事が必要になってきます。



2.ワイヤー部分が痛んだり、傷跡になる、体調不良の原因にも


出典:jp.pinterest.com


アンダーバストの部分にあたるワイヤー部分。多少キツくてもそのまま頑張って使ってしまう方も多いのではないでしょうか。


これも実は良くありません。強く締め付けている部分が痛くなったり、擦れて赤くなってしまうのはもちろんですが、そのまま着け続けると血流やリンパの流れにも影響し、貧血やめまい、肩こり等の体調不良の原因になってしまいます。


バストアップを考えている場合も、ワイヤー部分を締め付けるのはNG。

血流やリンパの流れが悪くなるということは胸に栄養が行きにくくなってしまい、バストアップの妨げにもなります。

ここ数ヶ月、特にフラフラしたり、肩こりが酷いと感じるなら、もしかしたら下着のせいもしれません。



3.全身のボディラインが崩れてしまう


出典:jp.pinterest.com


カップが大きすぎるのも、小さすぎるのも問題が出てきます。

小さいとバストの脇にある脂肪部分(副乳)が収まらず、行き場を失って背中に移動してしまいます。

「でも古いブラジャーの方が着け心地が楽」と感じている方もいます。

しかし、それは身体がブラジャーの緩みに合わせて緩んでしまっているのかもしれません!


ブラジャーは使えば使うほど、確実に緩くなっていきます。

ほとんどの下着に使われている化学繊維「ポリウレタン」は時間と共に劣化し、ストレッチ性が無くなるもの。

合わない下着を使い続ける事は、自分からボディラインを崩している事にも繋がっていくのです。


買い換え時はいつ?下着を変えるベストタイミング



1.見た目が悪く、タグの表記が薄くなってきている


出典:jp.pinterest.com


まずは下着についているタグの文字をチェックしてみましょう。

うっすら消えかかっていたらもう替え時です。毛玉ができていたり、布やゴムの伸縮性がなく、使っていて苦しい時も買い換え時。

見た目が悪くなっているのも、ワイヤーが曲がっていたり着心地が変わってくる原因となりますので、もったいぶらずに買い換えておきましょう。



2.バスト部分が食い込んでいたり、逆に隙間がある


出典:jp.pinterest.com


食い込んでいるなら小さすぎ、隙間があるなら大きすぎ、という事になります。

しっかりブラジャーを着用したら、必ず上からのぞいてみましょう。

脇の肉までスッキリ収まっていますか?バストとブラジャーの間に隙間ができていませんか?


どちらにしてもバストには悪影響。

体型が変化したのだと考えて買い換えるのが妥当です。



3.どんなに調整してもストラップが緩い


出典:jp.pinterest.com


ブラジャーのストラップ部分が何度調整してもずれ落ちてしまう、緩くなってしまって直らない・・・これも買い換え時と心得ましょう。

ストラップは肩からバストを支える重要な役割を果たしています。

緩いままだとバストの重みに耐えきれず下垂の原因に。


繊細な作りかつ重要な部分ですので、洗濯をして干す際には必ずアンダーバスト部分(ワイヤー部分)を洗濯ばさみで留めて固定しましょう。

それでも緩くなったら、それは間違いなくブラジャーの「寿命」です。


目安は「季節ごと」。賢く買い換えて美ボディを維持しよう☆



出典:jp.pinterest.com


下着を捨てるタイミングや買い換え時は誰もが見失いがち。できれば何かの「基準」を設けておくといいですね。


例えば偶数月、春夏秋冬の4回。それぞれお財布事情に寄り添いながら定期的にサイズを測り、買い換えていくのがオススメです。

特にシーズンごとに買い換えていくのはそれぞれ「季節の色」や「流行のデザイン」も楽しめてモチベーションにも繋がります。

気分のリセットにもなり、新しい季節が訪れれば下着を買い換える、という覚え方もとても簡単です☆


最も重要なのは、とにかく「定期的に買い換える」事。

何年も同じ下着を使い回す事は美容にも健康にも、体型にも悪影響を及ぼします。

そして、買い換えたら必ず古い下着を捨てる。こ

れを徹底するだけでしっかりと下着のサイクルを守る事ができますよ。

無理のない購入パターンを探しながら、その時々に合った下着を身につける事を習慣にして下さい。



いかがでしたでしょうか?

たかが下着、されど下着。

自分のボディに最も近いアイテムだからこそ、無理のない範囲で新しいものを使っていきたいですね。

是非参考にしていただき、下着についてもう一度見直す機会を作ってみて下さいね。

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking