もしかしてこれも?誰にも聞けない更年期の症状

ひと昔前にはあまり知られていなかった更年期障害ですが、最近ではよく耳にするようになりました。ひとくちに更年期障害といっても症状はさまざま。今回は、女性の更年期障害における症状やチェック方法、治療方法をご紹介していきたいと思います。

更年期障害とは?



出典:jp.pinterest.com


女性の更年期は、卵巣の働きが衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経前後の10年間」を指します。

日本人の平均的な閉経期が50.5歳なので、45歳~55歳くらいが更年期にあたります。


更年期障害とは、身体的、精神的に不調が見られる、自律神経失調症の一つです。

女性ホルモンの分泌バランスの乱れが原因とされている更年期障害ですが、それだけが原因なのではなく、更年期の時期に多い子どもの独立や親の介護など、急激に生活リズムが変わることでの精神的ストレスなども加わって、更年期障害として表れるのです。


ひとくちに更年期障害といっても症状はさまざま。

具体的にどのような症状が現れるのか見ていきましょう。


更年期障害の症状チェック



出典:jp.pinterest.com


◎のぼせ・ほてり

突然顔や上半身が熱くなったり汗が止まらなくなる「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状が現れます。


◎イライラ・怒りっぽい

気持ちを安定させる作用のあるエストロゲンの分泌量が低下するために、感情のコントロールが難しくなりささいなことでイライラしたり怒りっぽくなるなど、感情を抑える事が難しくなりがちです。


◎物忘れ・記憶力の低下

加齢による記憶力の低下に加えて、エストロゲンの減少によって脳の働きが低下するため、物忘れや記憶力の低下が著しく現れる事があります。


◎めまい・耳鳴り

めまいや耳鳴りも更年期に起こりうることがありますが、時がくれば自然に収まることが多いようです。


◎不眠

エストロゲンの減少によって自律神経が乱れ、寝つきが悪くなったり睡眠が浅くなったりといいう症状が見られます。


更年期は誰にでも訪れる期間なのですが、このような不調を感じるかどうかは個人差があり、ほとんど気にならないくらいの人もいれば、日常生活に支障が出るほどの重い症状に悩む人もいます。


更年期障害の治療方法



出典:jp.pinterest.com


症状が軽度の場合は日常生活の見直しで乗り切れることもあります。

和食中心の食事に変えたり、適度な運動を取り入れたり、ストレスを溜めないようリフレッシュをしたりと、セルフケアで様子を見てみましょう。


日常生活に支障がでるほどの重い症状でお悩みの方は、病院を受診し検査をした方が安心です。


更年期障害の治療方法は、薬物医療と精神医療の大きく分けて2つあります。

医師と相談をしながら自分にあった治療方法を探していきましょう。



いかがでしたでしょうか?

更年期障害には様々な症状がありますが、これらの症状が全て更年期障害によるものだとは限りません。

違う病気が隠れているという可能性もありますので、気になる症状が現れた場合は専門医を受診するようにしましょう。

Writer : yoyo さん
元ネイリストの主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking